週末、"お化け"さんがいらっしゃいました

皆さん、週末はいかがお過ごしてしたでしょうか。

ダブリンは天気が良かったですよ。ゲーリックフットボール、ダブリン対キルデアの試合が日曜日にありました。まさに試合日和。ダブリンが勝ちました。試合後は近くのパブにたくさんの人が集まり、パブの外に出て、たくさんの人が飲んでいました。天気のいい日は外で飲んだ方が美味しいもんねえ。

私はゲ―リックフットボールには全く興味がないので、ウィンブルドンを見ておりました。とうとう昨日で終わってしまって。。。毎年そうだけど、終わった翌日から何を見たらいいのかと考えてしまいます。フェデラー、素晴らしかったです。年齢なんて関係ない人は世の中にいっぱいいるというところを証明した気がしますわ。来年もトーナメントに参加してほしいです。

私の週末も相変わらず忙しかったです。金曜日は日本人のお友達2人とごはん。久々だったから、余計楽しかったわ~。

土曜日は午後8時から、アイリッシュの友達のRちゃんの婚約パーティーがアイリッシュの友達Cちゃんの家で行われたので行ってきました。プロセッコを出されたので、それを飲み続けました。(自分たちでワインは持って行ったけど、開けず)たぶんグラスで4杯は軽く飲んでいた。お蔭で家に帰ったらちょっと気分が悪かったです。Aちゃんは二日酔いしてました。

土曜日、実はこの婚約パーティーに行きたくないなあ~と言っていたんです。二人には心配事があったからです。土曜日のお昼から「お化け」さんが家にいらっしゃったからです。

こちらが「お化け」さん。

IMG_1815.jpg

名前はPúca(Pookaとも書く。プーカ)ちゃん。8歳のオスのマルチーズ(だと思う)なんです。このわんこちゃんはAちゃんの弟B君の彼女Jさんのおじいちゃんのわんこ。おじいちゃんがかなりお年で、彼女の名前も分からないほどにになり、先日施設に入ったんです。そのためわんこの面倒は無理。

おじいさんの息子や娘の家族の誰もが犬の面倒をみたがらない。そのため、Jさんのお母さんが現在仕方なく面倒をみているのです。

その時、ちょうどBさん(Aちゃんのお母さん)がもう一匹犬を飼いたがっていたのですが、探していたのは雌犬。トトちゃんと言う15歳の雄犬がおり、その犬はちょっと気性が激しい。そのため、もう一匹の雄犬は無理だということで断った経歴があります。

Jさんとお母さんは2週間スペインへ旅行に行くことになり、現在弟のB君が面倒をみているのです。しかし土曜日は自分の家でパーティーをするから、犬は置いておけないということになり、うちで週末だけお世話することになったのです。

プーカちゃんは田舎育ちで、都会に慣れてない。人や車が多いところが苦手。他の犬が近づいてくると怯える。家に知らない人が来ると怖くて吠えちゃう。かなり臆病なわんこちゃんなんですよ。そんな状態じゃあ、パーティー会場になっている家にいるわけにはいかなかったのです。

アイルランド語を習っている人なら意味は分かるでしょう。Púca(Pooka)とはアイルランド語でお化けという意味があるそうです。黒か白色のお化けだそうで、馬だったり、犬だったり、ウサギだったりするようです。わんこは真っ白だから付いた名前でしょう。

とにかくプーカちゃんは知らない人がだめらしいんですが、うちに来た時にプーカちゃんから私の方に寄ってきたのです。珍しいとBくん。犬や猫、子供には好かれるのよね。なぜ成人男性からは好かれないのだろう。

上の写真ではわかりませんが、プーカちゃん、顎にちょっと問題があるのですよ。

IMG_1825.jpg

下顎が出てるんですよ。怒ってるみたいでしょ?でもそんなことないんですよ。いつもこんなお口になっているのですが、そこが何とも愛嬌がある!

ということで、弟B君がこんな合成写真をネットで作りました。

IMG_1826.jpg
ギャングスターや!

一枚目の写真でもお分かりでしょうが、お顔がちょっと汚れております。彼と似てませんか?

IMG_1827.jpg

Ewok!!!


プーカちゃん、可愛すぎるのですよ。しかもほとんど吠えないし、無駄に足を上げておしっこをしない。膝の上に座って寝ているのが大好きなわんこなんですよ。Aちゃんも私もプーカちゃんが一気に好きになりました。

今日からプーカちゃんは少しの間弟B君と過ごすんですが、このままB君の家に住むのかどうかわからないらしい。なんせJさんがあまり飼いたがってないから。(B君とJ君は現在一緒に住んでいます)だからって、ドッグシェルターなどの施設に入れてしまったら、たぶんプーカは生きられない。

ということで。

もし、B君家で飼わないということになったら、私たちがお世話をすることになりました。

土曜の夜も4時間半ほどキッチンでお留守番してもらったんですが、おもらしもしてなかったし、何かが壊されているとか、家具がかじられているとか、そういったことは全くありませんでした。お行儀がとてもいいわんこ。手がかからない。その点ではうちの野良猫べティーと似ています。

しかしだ。

もしそうなったら、私の方が朝早いし、帰りも早い日がほとんど。Aちゃんは出張が多いから頼れない。散歩は私。ということはだ。

朝5時起き生活
が私に待っていることになります。

先日庭の掃除を業者さんにお願いしたら、彼らが2匹のカエルを発見!今、庭には石とお水が入ったバケツが業者さんにより置かれ、カエルちゃんたちが住めるようになっております。


野良猫3匹に犬一匹、そしてカエル2匹。たまにもう一匹野良猫(Intruderと呼んでいる、真っ黒なオス猫。餌を盗みに来る)も来る。蜘蛛なんて死ぬほどいるし。Aちゃん家はどうも、生き物を引き寄せる家のようである。

しかし、同じ生き物でも、成人男性を引き寄せる力がないところがちょっと悲しい。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.