ちょっとおまけ-U2 Agus An Arc -U2とザ・アーク

こちらはおまけですが、RTEで先週こちらの番組が放送になっていました。アイルランド以外の国にお住まいの方は見れないとおもいますが。。。

https://www.rte.ie/player/ie/show/u2-agus-an-arc-30004763/10753344/

U2の1970年代と、そのころのアイルランドの音楽シーンのお話。ドキュメンタリーです。タイトルからもお判りの通り、出演者は英語よりアイリッシュで話しています。

U2はよくコークに来てはライブしていたそうです。

それはコンサート会場でTシャツを買おうと並んでいたときに、横にいたコーク出身の女性も言っていました。彼女もしょっちゅう彼らのライブを見に行っていたそうです。その時に、ボノがステージから観客席に降り、ファンのTシャツにサインしてたらしい。彼女もしてもらったそうですが、その時のTシャツが行方不明だそうで。もったいない!

コークの人って、ダブリンの人があまり好きじゃないんですよ。その逆も言えるんですけど。コークは自分の街が首都だと思っているところがあるしね。だからダブリン出身のバンドが大好きだったというのが、ちょっと不思議なんです、個人的に。

U2の若い時の映像が見れるし、当時の音楽シーンもわかって面白いですよ。記事はこちらからどうぞ。https://www.rte.ie/entertainment/2017/0717/891004-superb-doc-reveals-the-true-arc-of-u2s-development/

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.