U2・余談とティファニー、新たな決意

コンサート後、パブで友達と会い、感想を聞かれました。

U2好きが高じて、英語の勉強先に選んだダブリン。そして、日本に帰るのを忘れているかのように、1999年から現在まで住み続けている人の感想を聞きたいというのはわかる。

私の感想。。。お気に入り&ベストのコンサートにはならなかった。

2001年のスレーンキャッスルのコンサートが、私が見たU2のコンサートではぴか一であり、それは現在も変わりません。今回はNot the bestと答えると、皆口をそろえて「ええ???」と言い、驚いていました。

30年前にザ・ジョシュア・ツリー・ツアーをクローク・パークで見た方なら、きっと感動していたであろう。(50代以上と思われる人が私の周りにはたくさんいました)しかも、アルバムに入っている順序で曲を演奏したし。こういったことはなかなかないので、私もうれしかった。でも、最後は新しい曲で、大半のファンが耳にしてない曲。しかもスロー。もっと盛り上がる、いい曲をいっぱい持っているのに、新しいアルバムの宣伝をして終わった形になったところがあまり好きではなかったのです。(宣伝するのは悪くないですよ)

Elevationとか、あのあたりの曲はあまり好きではないので、それも私的には残念だった。せっかくなら、最近あまり演奏してない、ジョシュア・ツリーアルバム以前の、昔の曲を代わりに演奏してもらいたかったのです。

今回は会場が大きかったというのもありますが、思ったほどIntimateにはならなかった。前回のInnocent + Experience のほうが3Arenaで会場も小さかったし、インドアだったのでIntimateで、「地元・ダブリン感」がすごかったもの。

そして。。。やっぱりPitch2チケットじゃなかったのは大きかった。この写真見てくださいよ。Pitch2にいた友達が撮ったんですけどね。(ズーム使って) もう、じぇらし~やったです、見せてもらった時には。ちなみに、写真の無断転載はお断りです。

ああ、ラリー様!
IMG_1872 (1)

ボノ、歌ってるねえ。
IMG_1874_20170728060447605.jpg

おお、いいショット!
IMG_1877.jpg

エッジが近い!
IMG_1878.jpg

先日、女の赤ちゃんが生まれたアダム。おめでとう。
IMG_1879.jpg

翌朝、もちろんFBに遠くから撮影した写真を数枚載せました。友達からコメントが入ったので、座席のチケットしか取れなかったから、ハッピーではなかったと書いたんです。すると、前日クローク・パークの入口で見た、ブラジル人Pちゃんからコメントが入り、あなたの席はまだいい方だ、という。写真まで載せてきた。

U2 10

スクリーン、全然見えてない!!!

私の座った席はまだまともでした。ありがたいと思わないと、罰が当たると思いました。

U2・イン・ダブリンですから、有名人も来ていました。と言っても、私は誰一人として見てませんけど。コリン・ファレルがいたそうですし、マイケル・D・ヒギンズ大統領も来ていました。グレン・ハンザード、ロビー・キーンやイメルダ・メイ、ブライアン・オドリスコルの嫁で女優のエイミーもいたそうです。ロビーとイメルダ、他に地元の有名人たちが、アフターパーティーに招待されたそうです。ええなあ~。

アフターパーティーの場所は、最近オープンしたばかりの新しいレストラン、Roberta’s。テンプルバーにあります。ちょうどボノとエッジのホテル、ザ・クラレンス(The Clarence)の裏側の道で、ホテルのすぐ近くです。今度食べに行ってみなくては!この間見た、ネットレビューはあんまりよくなかったけど。

そして、もう一人。ものすごい人がこのコンサートに来ており、アイリッシュの友達Mさんとお友達、Mさんの妹Dさんが、その人と一緒にPitchで写真を撮っていたんです!FBに載せててびっくり仰天した半面、じゃらし~を覚えました。そして、罰が当たるとはいえ、やっぱり腐るほど言っていますが、Pitchチケットが欲しかったです。その人のことは、来週にでも書きたいと思います。

そして本当にこちらは余談ですが、アイリッシュの友達Cちゃんのお父さんとラリーのお父さんのラリー(息子と父とは同じ名前)は、お友達だったんです。前にも言いましたかね?

ちなみにラリーのお父さんは神父になりたかったそうですよ。そのための学校に行っており、Cちゃんのお父さんのお父さんが、ラリーのお父さんの先生をしていたらしい!ラリーのお父さんは、去年お亡くなりになったそうですが。今度Cちゃんのお父さんに会った時には、もうちょっと詳しい話を聞き、ご報告したいと思います。(話してくれている最中に、邪魔が入って、会話が違う方向へ行ってしまって聞けずじまいだったんです!)

80,000人が集まった、U2, ザ・ジョシュア・ツリー30周年記念ツアーイン・クローク・パーク。

やっぱりホーム(ダブリン)は特別ですね。ラリー様のTシャツが素敵!
IMG_6900.jpg


IMG_1871.jpg
翌日のタブロイド紙より。

IMG_1870.jpg

I fecked up big timeでありましたが、ともあれ、2001年からずっとアイルランドでのコンサートは一度も見逃さずに行き、今回も行くことが出来ました。次回のツアーの時は(いつやって話)、大奮発して、プレミアムチケットを購入し、ステージ近くで一人で見る予定をしています。

Aちゃんに言われたんです。大ファンやったらそれくらいしたらどうや?と。もうU2も若くない。56~7歳ですよ。いつぽっくり行くかもわからん。そういう私も若くない。Aちゃんなんか、大好きなジョージ・マイケルが死んじゃって、もう二度と見れない立場にある。そう考えたら、次回は大奮発し、ステージ近くで見るしかないのである。後悔しないためにも。。。

U2ネタはこれで終わります。安心しました???それでは皆さん、良い週末を!U2のコンサートが先週土曜日だったなんて。。。時が経つのが早すぎるわ。年取るって嫌ね。

IMG_6865.jpg

IMG_6886.jpg

IMG_6871.jpg

IMG_6884.jpg

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.