アイルランドのレオ様

皆さん、週末はいかがでしたか?

天気は不安定でした。突然の雨に見舞われたりしましたし。ちょっと肌寒かったり。

日曜日はバスツアーに一人で参加していたのです。しかし、目的地で雨に降られてしまって、がっかりでした。最近、こういう天気がなかったので、これが普通のアイルランドの天気だということを、思い出させてくれた日でもありました。暑い日がまた戻ってこないかしら。

さて、先週の金曜日のブログにちらりと書いた、友達(アイリッシュMちゃん)が、U2ノコンサート会場で、すごい人と写真を撮って、FBに載せていたという件。覚えていますか?誰だと思いましたか?この人ですよ、この人!

leo 1
時の人だねえ。最近TIME紙の表紙も飾りました。(time.com/magazine/より抜粋)

アイリッシュの友達Mちゃん、妹さん、そしてお友達の3人が、彼と一緒に写真撮ってたんです!しかもMちゃんは、自分の腕をティーショック・レオ氏に回していたんですよ。

「相手はティーショックやで。ええん?」

と思いましたけどね。日本に例えるなら、安倍首相に腕回して、笑顔で写真撮ってるようなもんですよ。まず日本じゃ無理。その前に、セキュリティーがガチガチで、近づくなんて無理でしょう。

ティーショック・レオ氏は、一般国民との距離がかなり近いと思う。今までも、ティーショックが自分のローカル(パブ)で、一般人と混ざって飲んでるとか、普通にあったけど。

しかも、ティーショックまで、ローカルバンド(!)のコンサートに来ていたとは!Pitch2まで降りて来て(たぶん特別席にいたと思う)見ていたようですわ。その写真はプライベート過ぎるので、このブログでは載せることは出来ません。ご了承ください。(ティファニーのプライべートなお友達には、会った時にお見せします)


ティーショック・レオ氏は、国の政治の舵を握る、重要な人。それなのに、一般人に交じって、コンサートって。。。セキュリティー大丈夫なん?とこっちがちょっと心配になってしまいます。まあ、これがこの国のいいところと言えば、いいところなんですけど。それにしても、ゆるゆるよね。まあ、芸能人が道歩いてても、アイルランド人は騒がないで、そ~っとしてあげるような国ですしね。

それにしても、ティーショック・レオ氏はU2ファンだったのかしら?ファンだったら、私の彼に対する高感度はうなぎ登りですわよ。結構好きやわ、ティーショック・レオ氏。これからはこのブログでアイルランドの(ティーショック)レオ様と呼ばせていただきたい!


ティーショックは、いろんな場面で、政治的な(そうでない場合もあり)コメントを求められる立場にもある。ティーショックに対し、容赦ない質問も飛ぶのが普通だ。そして答え方一つで、信頼度や支持率が左右されるし、今後の国の方向性にも関わる。

時事問題を扱う、TV3の番組、Tonight with Vincent Browne。ヴィンセントは昔、エンダがティーショックの時に、番組出演を依頼。しかし断られてしまい、ティーショック・エンダとのインタビューは実現することがありませんでした。

エンダが断っていた理由が、ヴィンセントが嫌いだからと、ネットの記事で見た記憶がありますが、実際は彼に質問されても答えられないからだとか、事前に質問事項をもらい、答えを用意しないとできないなど、いろんな噂が飛び交っておりました。ネットでは、要は勇気がないやつだからだと言われていたんです。しかし、ティーショック・レオ様は違いました。



ネットでは、彼が政治家であり、ティーショックであることの前に、ゲイであることを嫌がっている連中がたくさんいるのも事実。(上のビデオのコメントにもあるけど)宗教上許せない人も多いですしね。

でも、私は思う。ゲイでもなんでもいい。(犯罪者や殺人者は嫌よ)税金を納めている立場として、この国と、国民のことを真剣に考えて政治を行ってくれれば、私は言うことなはない。(それができない人が多いんだけど。言ってることと、やってることが違う人が多いしね。日本では政治家の不倫や、不適切発言で辞任したり、いろいろニュースになってるようですが)

ティーショック職は始まったばかり。これからどんな仕事をするのかしら?予算は10月だし、夏休み明けてからが正念場。でも、彼ならなんかちゃんとやってくれる気がしている。でも政治家は嘘つき多いからなあ。あんまり期待したらいかんのかしら?とにかく、アイルランドのティーショック・レオ様ニュースは、不定期でアップしていきたいと思います。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.