初めて見た!豪華寝台列車、ベルモンド・グランド・ハイバーニアン

先週の日曜日の朝、エニスコーシー(Ennithcorthy)へ行く列車に乗るため、ダブリン北にある、コノリー駅(Connolly Station)へ行ったんです。ここはかなり大きな駅で、東部に行く列車や、ベルファストに行く列車が出てますし、路面電車ルアスも出てます。

エニスコーシー行のプラットホームの横に、凄い列車が停まっていました。写真、左側の列車です。

DSCF2478.jpg

噂の豪華寝台車、ベルモンド・グランド・ハイバーニアン!!!

DSCF2479.jpg

Hibernian(ハイバーニアン)とはアイルランド(人)の、という意味があります。ラテン語読みがヒルべニアで、英語読みするとハイバーニアンということらしいです。

ベルモンド社7代目となる、アイルランド初の豪華寝台車。去年の夏から運行しているんですが、利益が上がってないんです。約€380,000のロスだったそうな。驚きませんでした。だって、高いもん。そんなに気軽に乗れやんわさ、私のような安月給の一般人は。

北とリパブリック(南)を回る、2日、4日、6日の寝台列車の旅。安いので約3000ユーロ。高いのだと9000ユーロ以上する。行先など、詳しくはこちらのサイトからどうぞ。https://www.belmond.com/grand-hibernian-train/

値段見てたら、なんか溜息でてくるわ。。。

最初の年に利益が出ないのは当たり前。数年かけて利益が上がってくのが普通ですし、大きな会社だから気にもしてないと思う。(個人的意見)それにチェックしてたら、8000ユーロ超える6日コースがけっこうソールドアウトしてるしね。これからやと思うわ。

コノリー駅停車中、車両を見ていたら、キッチンの車両発見。中でパスタ作ってましたよ。パスタを伸ばす機械で生地を伸ばしているのが見えたので。手作りパスタか。ええなあ~。美味しいやろうな~。

DSCF2480.jpg

そして列車は静かに去っていきました。(本当に静かでした)

DSCF2488.jpg

列車を去る様子を横のプラットホーム5で見ていた私。前に二人のおっちゃんがおり、私同様列車が去るのを見送っていました。この人たちはエニスコーシーへ行く特別列車を所有する団体で働いている人たち。(ユニホーム着てたからわかった)彼らの一人が、

「俺、今までにこの列車を一度も見たことがないんだよ。」

俺もだ、ともう一人のおっちゃん。おっちゃんたちでさえないのか。いや~、むっちゃ貴重やったんやな、この列車を見るのって。

一番後ろの車両には約10人ほどの乗客がいました。プラットホームで、列車を眺めている私たちのほうを見ていましたけど、彼らの顔が、「ドヤ顔」に見えたのは、私だけだっただろうか?


あと数年で50歳になる。

アイルランドでは、30歳、40歳など、大台に乗るときの誕生日には、大きな誕生会を開いたり、友達と旅行したり、思い出に残るような、特別なことをして、大勢で祝うのが普通だ。

先日、アイルランド人のいつものメンバーと話していて、私の50歳の誕生日はみんなで海外へ行こうという話になった。ラスベガスという意見もあったが、お酒が安くて、パーティーができて、近くて、気候もいいスペインならみんな来るといわれ、現在スペインが候補に挙がっている。とは言え、これじゃあ、普通の旅行と変わらない。超特別感がない。普段できないよな、特別なことがしたい。

ハイバー二アン、アイルランド列車の旅は???

高過ぎて、さすがに友達みんなにこの列車に乗れとは言えない。しかもアイルランドの旅である。アイリッシュにはおもろないだろう。それにこの列車を使わなくてもいけるところばかりだし、アイルランド人ならもうすでに訪れているであろう。でも、こういう豪華寝台列車の旅って、一生に一度はしてみたいもの。(個人的意見)

「一人で行くか。」

そんなことを考えながら、ハイバーニアンとは似ても似つかない、超レトロな、エニスコーシー行きの列車に一人乗り込んだのである。(レトロもかなりええよ)しかし、思い直した。

「いや、一人で行くか~なんてあかん!絶対それまでに旦那の確保をし、旦那と乗る!」

50歳の時にはどうなっているやら。なんとなく、今と全く何も変わってない気がしてならない。


それでは皆さん、早いですが、良い週末を!月曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おお、すごいですね!いいことがあるかもしれないですね!すごく高いですよね、わたしも興味があってチェックしたけど「Cargoでも無理やな」と思いました(笑)。まだ数年あるので、リッチで素敵な彼氏さんか旦那さんができるチャンスはあると思います!
50歳記念どこがいいんですかね、みんな近場のヨーロッパとか行ってるみたいですが(安くてさわげるとこ)、私の友達はスルーかアイルランド内でパーティしてるみたいです。

先駆者さんへ

「Cargoでも無理」には同感です!笑!

あほみたいに高いですよね。でも一度乗ってみたい。そしてドヤ顔してみたいです。(と、書いているこの文章からして、貧乏くさいわ!)

スペインよりイタリアが好きだけど、イタリアではパーティーできない!ので、スペインのがいいとAちゃんが言うんですよ。でも、友達なんか毎年スペインで、同じところに行ってるんですよ。特別感ゼロですよね?まあ私のパーティーなんで、好きなようにやればいいんですが。。。

じっくり考えます。いい案があればお願いします。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.