ダブリン・ドーナツ戦争真っ只中!

皆さん、週末はいかがでしたか?

雨が降ったり止んだりの天気が続いております。少し寒くなってきましたしね。昨日はとうとうヒーター入れましたよ。Winter is coming!ですよ。

そんなダブリンですが、街がだんだん変わってきましたよ。カフェが増えたことは、このブログで口が酸っぱくなるほど書いておりますが、もう一つ増えたお店があるんです。

ドーナツ屋さん。

赤字にするほどすごいことではありませんけど!とにかく、あれ?こんなところに?なんてことが多いんですよ。

このブログで前にご紹介したThe Rolling Donutと、ここが経営している、キオスクドーナツは私のお気に入り。スーパーで買えるドーナツも実は好きです。

このブログでもご紹介した、Aungier Dangerから、ダブリン・ドーナツ戦争が始まった気がします。私はここのドーナツは好きではありませんが。その後、Offbeat Donuts.Coも出来たし、https://www.offbeatdonuts.com/ Krust Bakeryはパンが主だとは思いますが、ドーナツもたくさん売っています。https://www.krustbakery.com/ Dublin Doughnut.Coはお店を持っているわけではないけれど、カフェなどにドーナツを下ろしてますしね。ここのは少し小さいけど、中のクリームがたっぷりで変わっていて面白いです。ここがグルメドーナツの初めかな?https://www.facebook.com/DublinDoughnutCo/Boston Donutsもあるしねえ。https://www.facebook.com/Bostondonutsireland/ ほかにも名前を憶えてませんけど、小さいドーナツ屋さんがあります。

そしてここに出来たのを見て、実はものすごいことになっているのでは?と思いました。ドーナツ流行り過ぎっちゃうの?と。

IMG_2083.jpg

ウェストモーランドストリート(Westmoreland Street)、オコンネルブリッジを南に渡ったところにあるストリートなんですが、ここのコンビニに入ったんですよ、ドーナツ屋さんが!

IMG_2082.jpg

Boomerang Doughnutsという名前です。フィングラスという町があるんですが、そこで毎朝焼いているそうです。お店はグラフトンストリートのコンビニにも入っています。

ここを通るたびにドーナツが目に飛び込んでくるんですよ。隣にはChopped(サラダ屋)があるところが何とも言えないわ。健康志向なんか、そうじゃないのか?みたいなね。健康なものを毎日食べてたら飽きるから、たまにはドーナツでもどうぞ?という感じかしら?

IMG_2080.jpg

IMG_2079.jpg

IMG_2078.jpg

ということで、ダイエットとか健康志向という言葉を忘れて、買ってみました。

IMG_2087.jpg

一つ3ユーロ。ノームですね、ドーナツの値段の。こちらはちゃんと箱に入れてくれました。これ嬉しいです!お持ち帰りできるしね。ということで、お持ち帰りしました。

ストロベリークリームを購入。

IMG_2090.jpg

ああ、ストロベリークリームが!

IMG_2091.jpg

すごく甘いのがだめなんですよね。舌がかったるくなるような甘さのは。ここのはそうではありませんでした。私的には適度に甘いので、ペロッと一つ食べれました。もう一つ欲しいくらい。美味しかったです。

コーヒーとドーナツで5ユーロは悪くはない。4ユーロだったらもっといいのにと思うけど。

IMG_2085.jpg

これからもっとドーナツ屋さんが増えるかも。ダブリン・ドーナツ戦争はまだまだ続きそうな気がします。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.