ツーリスト・ティファニー、オープン!-後編

ライアンエアーがまた大量にフライトをキャンセルしていて、問題になっていますが、昨日の続きを書きます。

日曜日がダブリン観光最終日だった4人のゲストさんたち。

月曜に飛行機でドイツへ向かうんですが、朝一番の飛行機。ということで、宿泊先を空港近くにしていたんです。そのため、泊まっていたアパートを出なくてはならず。さて、スーツケースはどうするや???

オコンネルストリート周辺には、荷物を預かってくれるところがあるんです。無料ではないですけど。ちなみに、こちらには日本のようにコインロッカーはありません。そんなん設置したら、何入れるかわかりませんからね。危ないですよ。(と、個人的に思います)もちろん自販機もない。そんなん置いたら、根こそぎ自販機ごと持ってくよ。(と、個人的に思います)

他の地域はわかりませんが、北、オコンネルストリートには、荷物を預けることができるところが、3か所あるんです。2か所は、ツーリスト・インフォメーション・オフィス。

しかし。

オフィスが営業している時間帯しか、荷物の出し入れができない。日曜日なんて午後6時とかに閉まってしまうわけですよ。となると、観光していたら、時間に間に合わない可能性大。24時間とうたっているんですが、オーバーナイトで預かることもできますよ、という意味。24時間、出し入れ自由と違います。

しかし、一か所だけ、24時間出し入れできるところがあるんですよ。ここ、Nedkelly's Sportsclub。
IMG_2314.jpg

オコンネルストリート、北側の端にある、24時間営業のカジノ。ここで預かってくれます。荷物一つにつき、5ユーロ。値段、いいと思いますよ。ということで、ゲストさん4人には、ここをご紹介して、荷物を預けていただきました。これで、何時までに荷物を取に行かなあかん!なんて、心配しなくてよいですからね。ちなみに、カジノなんで、子供が入ろうとすると止められますが、荷物を預けに来たといえば、受付までなら入れてくれます。

そして、観光バスに乗り込むことに。4社あるんですが、一社は途中で降りられない。他の3社ですが、私の知る限り、日本語ガイドがあるのはたったの一社。Citysightseeing Dublinという、赤いバス。海外の、大きな街には必ずあるやつです。

IMG_2320.jpg

IMG_2263.jpg
乗ってしばらくしたら、雨が降って来ました。

しかし、このバスって、ライブガイドするのも走ってるんですよ。全部テープなんやと思っておりましたが、大間違いでございました。これに乗って、目的地、ダブリン動物園へ!こちらも友達のMちゃんのリクエストです。

ダブリン動物園に着くころには、雨がすっかり上がりました!Mちゃんが晴れ女だそうで。彼女のおかげね。

ダブリン動物園って結構広いのよ。だから結構歩く。前日もかなり歩かせてしまったのですが、また歩いてもらう羽目になりました。でも皆さん元気やったわ~。ちなみにMちゃん、先生と私は同い年です。皆さん、年齢に見えやんほど若い。今は子供がおっても、みんな若く見えるわ~。

やっぱりオラウータンは見たいですよね。ちょうどごはん時でした。

IMG_2264.jpg

むっちゃこちらを向いて食べてくれたんですよ。すごいサービス精神旺盛!ありがたいことです。

IMG_2267.jpg

2匹は、ちょっと喧嘩してました。

IMG_2270.jpg

象さんもちょうどごはん時。飼育員さんによる説明も聞けました。すごく運が良かった!説明中に、大人の像が、小象(下の写真よりは大きい)を後ろから押して、水溜りの中に入れていたんで、私達観客はびっくりして「わ~~~~!!!」と言ってしまいました。像でもそんなことするんや~みたいなね。まあ、するわな。人と同じく、感情ってもんがあるもの。とにかく、象さんいいですよね~。小象が本当にかわゆい!

IMG_2276.jpg

見てお分かりの通り、ペンギンさんです。えらい近寄ってきたんですよ。

IMG_2274.jpg

ペンギンさんがえらく私に近づいてくるんで、ゲストさんたちは笑っておりました。そんなに鳥を惹きつけてどうする?人間の男性を惹きつけなあかんのに!その後、ちょっと見て回ってから、外のベンチでお昼。みんな、バーガーを食べてたんですよ。そしたら、後ろにえらい大きな鳥が来て、私はなぜかず~っと見つめられておりました。羽根も広げてたしね。それ見て、みんな笑うし。

プロポーズなのか???

あなたが人間の男性なら、ありがたく受けるのですが、私は人間なのでちょっと無理です。その後、私が座っていたテーブルの下に鳩が来るし。

えらい鳥に好かれている。

まあ、これにはちょっと理由があるかも。。。心当たりがあるのですが、それについてはまたの機会に。。。


ダブリン動物園をすべて観覧し、動物園を後にし、また観光バスに乗って、オコンネルストリートへ。そのバスをいったん下りて(ここでツアーが終了だから)、違うのに乗り換えて(こちらのバスがライブガイドだったんです)、アイルランド国立美術館へ。

フェルメールの展示が最終日だったんですよ、この日。

IMG_2321.jpg

IMG_2322.jpg

でも皆さん興味ないかな?と思ったのと、週末はチケットがアッという間に売り切れてしまうので、どちらにしても無理だというのもあったので、ゲストさんに言わなかったんですよ。しかし、先生が特に見たかったそうで。。。すごく失礼なことをしました。所詮は似非ガイドやなと自分で思いました。反省!

この美術館が無料ということに、皆さん驚いておりました。だよな~。私も思ったもん、こんなん1500円とか、取れるよと。日本なら絶対有料やもんな。意外と絵の数が多いしさ。楽しいんですよ、ここ。結構暇になると、ここに来るんです。それくらい好きなんです。ちなみに、ここのカフェは好きではないです。私的には、ここはちょっとぼったくりかなと。。。人が多すぎるしね。落ち着けない。

ここに着いた時点で、閉館1時間前を切っていたので、さら~っと見て、終わり。その後、ちょっと早い夕食に。このブログでも前にご紹介した、シーハンズへ。アイリッシュシチューが食べたいという、Mちゃんのリクエストで。

IMG_0102_2017092807181955b.jpg

メニューは変わってないのですが、味や量が前に私が来た時とは同じではなかったんですよ。シチューは薄すぎ。私のコンビーフとキャベツは量が少し少なかった。ギネシーフードチャウダーは、魚より野菜が多めになっているようにしか見えなかったし、でもギネスシチューは同じでしたけどね。値段も同じでした。ちょっと私的には残念でございました。

しかし、アイリッシュパブに行って、ご飯を食べてもらえたことは、似非ガイドとしては本望。この後、またGino'sに行って、アイスを食べ、The Rolling Donutsででドーナツを買っていただき(本当に気に入ってくださったんですよ!感無量!)Nedkelly's Sports Clubへ行って、荷物を受け取りに行き、タクシーで空港近くのホテルへ向かっていただいて、私の似非ガイド&ツーリスト・ティファニーは閉店となりました。

皆さんと一緒にダブリン観光をしたわけですが、結構気づかされたことがあったんですよ。それについては明日に書き、その後、ブログを10月30日までお休みさせていただきます。日本へ帰るので、書けない+全部仕事を終わらせないといけないので、来週から毎日残業だからです。週末も仕事ですわよ!!!

ということで、明日お会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.