「生きてるだけで丸儲け」なんよね、やっぱり

すみません。忙しくて、週末にもう一本ブログをアップすることができませんでした。

ということで、今日アップして、10月いっぱいお休みをいただきます。日本に帰る為と、出発前に、仕事をすべて片付けないといけないので、今日から毎日残業。毎日。週末も出勤なので。。。

さて、本題に入りましょう。

明石家さんまが、「生きてるだけで丸儲け」と、昔よく言っていましたよね。

まさにそうやな、と、思うようなことがあったんです。

FB友達で、アイリッシュのGE君。かなり昔に何度か会ったことがある程度の友達。そんなに親しくはありません。私が何かFBにアップすると、いいね!を押してくれる人です。

先週木曜日の夜、FBを見たら、奥さん(インドネシア人)とのツーショット写真を載せてたんです。プロフィール写真を変えたんです。素敵な写真だったので、いいね!を押したんですよ。で、ほかの人の写真なんかも見て、いいね!を押して。。。

その後、Aちゃんが、犬のプーカちゃんを連れて帰宅。(週末はお世話することになったんですよ)すると、

「G君の奥さん、亡くなったね。知らずにFBの写真に、いいね!押しちゃったわ。」

???

Aちゃんが何を言っているのか、全く飲み込めませんでした。どう見ても奥さんは30代後半(実際はどうも40歳か41歳らしい)。きれいな人ですよ。二人の間には、2歳の可愛らしい女の子がいるんです。

彼女、亡くなったん???病気やったん???

だから、彼がその写真をアップしたんだそうだ。後で見たら、コメントだけで120以上入っていたんです。コメント、見てなかったわ。

子供を産んでから、高血圧になり、薬を飲んでいたそうです。しかし、最近頭痛がし、気分が悪いので、先週GPに行ったのですが、様子を見るということになったそうです。しかし、水曜の夜、GE君は会社の飲み会へ。その間、気分が悪いという彼女にテキストを送っていたそうです。「気分が悪いからもう寝るわ。」と最後に彼女は言い残し、この世を去ったそうです。GE君が帰宅すると、ベッドの上で冷たくなっていたそうです。

お葬式は今日、月曜日です。

その話を同僚にしていたら、同僚のLちゃんの友達が喘息からの心臓発作で亡くなったんです。39歳。まだ若い。ティーンエージャーの子供が二人いるそうです。

突然、あの世に行ってしまうことって、やっぱりあるよな。

次の日、あることで、アイリッシュのTちゃんの件でAちゃんと言い合いになったのですが、そんなことなんて、ゴミくずと一緒。大したことない。9月は結構嫌なことがあって、かなり落ち込んでいた私。人前では空元気。家に帰ると悩みが頭をもたげ、何とか自分の足で立っている状態が実は続いていたのですが、

私の悩みみたい、あってないようなもん。


と思いました。G君と比べたら、悩みの内容がくだらなさ過ぎる。まあ、友達は私の悩み話を聞いて、くだらなすぎると前から思ってたとは思うけど。(本人は真剣なのよ)

そう。生きてるから悩みもあるわけ。でもこれは人生のレッスンだと思って、自分で乗り切るしかない。死んでしまったら、悩みは消えるかもしれないけど、解決はしないし、そのまま時世まで持ち越す気がして嫌だし。

聞かされる友達は、たまったもんじゃないのかもしれないけど、私が相談した人の大半は真剣に聞いてくれたし、アドバイスもくれて、しかもえらく励ましてくれた。いつでも相談してとまで言ってくれた。死んだら、そんなこともないわけだし、やっぱり生きててなんぼなんやと思うのです。そして、そんな友達を持った私は幸せだ、とも思いました。

そして、人生は短いということを改めた思わされました。

私より若い年齢で亡くなるということはもちろんあるわけ。でも、実際友達にそれが起こるとなると、ショックです。生きてるだけで、ラッキーなんやと思わざるを得ないのです。

そう、生きてるから、何でもやろうと思えば出来るわけですよね?

ブログでは何も言っておりませんでしたが、実はヨガも去年12月からずっとやってますけど、ランニング(私の場合、ジョギング)も続けてるんですよ、こっそり。

左膝が治ったと思ったら、右膝までおかしくなった4月下旬。その後、あほみたいにフィジオに週1で通い、55ユーロも毎回払わされ、えらい出費。行くたびに、エクササイズをさせられる。やっと針をしてくれて良くなるって感じでした。

しかしある日、予約していたことをすっかり忘れて行きそびれてから、もう行かなくなりました。自分でエクササイズしたらええやん!と思ったので。カイロで少しほぐしてもらえるし。

なので、何か月か全く走っていなかったのですが、7月に、Aちゃんと走り方を習得する、2時間クラッシュコース(25ユーロくらいだったかな?)を取ったんです。これがすごかった!いままで間違った走り方をしていたので、疲れやすかったし、腰にきてたし、膝にもきていたということが分かったんです。すんごい実りのある2時間でした。

その後、地道にジョギングしてたんです。嫌なことがあると、走りたくなったというのもあったんですよ。走ると頭がすっきりするんです。悩んでる自分があほに思えてくる。やったるで~と言う気分になる。そして、ポジティブになれたんるんですよ。メンタルにいいんです。例えば、

カイリー・ミノーグのような、綺麗な40後半女(アラフィフ女)になる!と言いながら走ったりね。

kylie1.jpg
(www.officialcharts.comより抜粋)

まあ、土台がないので、まず無理やけど。それくらいの意気込みを持つってことですよ。こちらは脳をポジティブにする練習ですが、走る方としては、ただダラダラ走るのではなく、走るたびに目標をセッティングして、達成するようにしていたんですよ。今日は10分を3本走るとか。できるだけ週3回走ってたんです。その間にヨガに二日通う生活をしておりました。

先日の木曜日、休憩なしで25分間走れたので、土曜日、生まれて初のパーク・ラン(Park Run)に参加。毎週土曜日の朝、無料で参加できるんですよ。5K走るんです。初ってことで、みんなの前で名前まで呼ばれて、ちょっとこっぱずかしかったですけど。その代り、ボランティアで沿道でコースの監視をしてくれている人たちに名前を覚えてもらい、

Tiffany、Well done! You are doing great!

などと応援してもらい、おかげで、見事完走!

一度も休憩を取らず。どこかのランニングクラブに入っている、私と同年代の女性よりも早く走れたんです。タイムは32:59.いや~びっくりした、自分でも!最後の100Mくらいは半分死んでたけどね。初めてにしてはよくやったと、ボランティアの人に褒められたし、Aちゃんにも褒められて、

ティファニー、有頂天。

調子こいていたら、すっかり風邪引いてしまいました。でも、気合で治しますよ、気合で!アニマル浜口氏と違いますけど。まあそういう意気込みってことです。

ランニング(ジョギング)も、生きてるからやれること。そして、充実感を得れたのも生きてるから。やっぱり生きてないとあかん。生きててなんぼやわ。辛いことがあるのは当たり前。それを乗り越えるだけのものを持っているから、天から与えられている。だから乗り越えられるはずだと、最近思うようになりました。

明石家さんまが言っていたことはやっぱり正しかったな。。。毎日頑張って生きやな、罰当たるわ。


それでは皆さん、11月1日にお会いしましょう!日本、楽しんできます。まだ日本、暑いのかな?


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

good jobですね。

1kmを6分半以内で走れていますね。
お若いのでまだまだタイムも距離も伸ばせますよ。
楽しんでください。

日本は朝晩は涼しくなりましたが、日中は30度近いですよ。
風邪が良くなることをお祈りしています。
では、お元気で。

No title

なんというか、もちろんティファニーさんのお知り合いのGEくんにもちろん共感するのですが、そのインドネシア人の奥さんがお気の毒すぎです・・・一人で心細い思いをして亡くなったのかな、と思うとやりきれないです。多分それ以上に罪の意識を強くGEくん持っているのではないでしょうか。

ティファニーさんが書かれている状況から(高血圧になり頭痛が続く、薬を飲んでいる、GPに様子を見ようと言われた)、奥さんの死、もっと前に防げたのではないでしょうか。私の家系は高血圧持ちで、私も仕事の影響で高血圧に突然なり、それから薬の服用しています。それまで頭痛が続いていて薬も飲んでいたので、GP言うように様子を見ようとしていたのですが、同僚に似た症状で急死した親族がいて、彼に強く病院行きを勧められました。病院に行き、もうすぐ私の血管破裂寸前だったとしりました。

急死が逃れられないケースはもちろんありますが(事故など)、インドネシア人の奥さんなどアイルランドの医療ミス、というか甘さでそれを見抜けず亡くなられる方も多く、それが原因の一つで私はアイルランドから去ったのでした。

ティファニーさんもアイルランドにいらっしゃる間は健康を過信されず、日本滞在の間に健康診断などしっかり受けられて(もしそうされているのなら、私の杞憂ですね)、ご自愛ください!

KKioさんへ

ありがとうございます!読者様からも褒めてもらうなんて、うれしいし、励みになります。

初5k,完走しただけでもうれしかったです。今週末も走る予定でいます。次回も完走をめざじ、数秒でも早く走れるようにしたいと思っています。

日中は暑いですね。何を履いていこうか迷います。こっちは寒いので、ブーツなんですよ。

それではまた、11月に!いつも読んでくださって、ありがとうございます。




先駆者さんへ

GE君は奥さんが突然亡くなって、All over the shop状態だったそうです。親友がAちゃんにそういっていたそうです。奥さんが死ぬほど嫌いな場合を除き、だれでもそうなりますよね。親友が遺体を運んだりしたそうです。素敵な友人がいるだけでも救いだとはおもいますが。。。おっしゃる通り、奥さんは無念だったと思いますよ。子供を残して亡くなるんですから。

高血圧、本当に気を付けないといけませんね。私も高血圧なんですが (うちも高血圧家系)、薬はまだ飲んでいないんです。でも日本では直ちに出るくらい高い。最近運動しているので、少しはましになってるという気はしますが、自分で測ってないので、何とも言えません。それにしても、先駆者さん、早く病院へ行って大正解でしたね。その一言がなかったら。。。と考えると恐ろしいです。GE君の奥さんも、すぐに行けば助かってたかも知れないですね。

結構多いんですよ。GPへ行っても、様子を見ようと言われ帰され、翌日亡くなるというケース。アイルランドは健康なら住んでいて楽しい国だけど、病気になったら入院もままならない国ですからね。でも、お金持ってたら何とかなることはあるんですよ。(プライベートで診てもらうとか)ここはアメリカ?みたいな気にもなります。

おっしゃる通り。健康を過信してはいかんです。肝に銘じております。日本では、歯と乳がん、子宮がん検査はしていますよ。家族や友達に会うのもは最大の目的ですが、検査で帰っているようなところも実はあります。

それでは11月にお会いましょう!先駆者さんもお体に気を付けて。


Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.