FC2ブログ

「犬」を勉強せんとあかん!

皆さん、週末はいかがでしたか?

私の週末は。。。良くなかったんです。月曜からこんなこと言いたくないんですけど。できるだけポジティブなブログにしたいと思っているんですけど。。。人生ネガティブなことも起こる。。。。ある日目の前からすっと消えてしまうことがあります。

Bさんが飼っていた、ラブラドールレトリバーと、ボーダーコリーのミックスわんこ(兄妹、7か月)が、金曜日、突然亡くなりました。

詳しく書きたくないので、書きませんが。。。突然の死で、BさんもAちゃんも大泣きしました。

金曜日の夜は、同僚のスペイン人のMちゃんからの誘いで、イタリア対スウェーデンのワールドカップ・プレイオフを見に行く予定だったのですが、急遽断り、Bさん宅へ直行しました。

私もたくさん泣きました。妹のわんこは、車でこのわんこををもらいに行ったときに、私が膝の上に乗せて連れて帰ったので、私にとってはものすごく思い入れがあるわんこだったんです。だからものすごくショック。前日Aちゃんに、私の顔を見ると、目が輝いて、嬉しそうにじゃれ寄ってくるのがすごくかわいいと言う話をしていた矢先でした。

虫の知らせやったのかな。。。

そんな時にAちゃんを慰めていたのは、犬のプーカでした。

IMG_2370.jpg
私は彼をプーちゃんと呼び、日本語で話しかけています。(写真が使い回しになっており、申し訳ありません)

犬だけじゃないけど、でも犬ってすごい。Aちゃんの様子がおかしいのをすぐ感知してた。いつもなら、「Pat me baby!」ポーズをすぐさま取って催促するところですが、膝の上に乗ったまま動きませんでした。時折悲しそうにAちゃんの顔を見つめるプーカ。かなりプーカに慰めてもらったとAちゃん。

結局彼女は自宅へは戻らず、金曜日の夜から昨日の夜まで、Bさん家にプーカと泊っていました。Bさんも、悲しみを分かち合える人が欲しかったのでしょう、Aちゃんに「泊るのよね?」なんて聞いていましたし。

私なんて大してなんもできませんでしたが、犬以外の馬鹿話をして、笑ってもらうことはできる。結局3日続けてBさん宅に伺いました。

犬もそうだけど、猫もすごいですよね。私がえらい落ち込んで、庭で一人で泣いてたら、黒猫ベティーが寄ってきたし。なでさせてくれたんですよ。そして長い間、私のそばから離れなかったんです。普段外にいると、あまりなでなでさせてくれないんですけど、この日は別でした。

ベティーは私が落ち込んでる日に家に上がり込み、私の部屋へ。ベッドに上がり、なでさせてくれたことが多々あるんです。ああ、なんか感知してるんやな、と思いました。私の部屋へ来ると、一点を見つめて、動かないことも多々あるんですよ。「誰かおるん?」と聞いてももちろん答えず。猫には見える誰か(守護霊様とか、ガーディアン・エンジェル様とか)がいるのでしょう。とにかく、

犬や猫って、ありがたい存在やわ。

そう思いました。しかし、今回、Bさんのワンちゃんたちが亡くなったことで、「犬」の勉強をせなあかんな、と思ったんです。プーカもそうだけど、落ち込んでいる感じのときがあるのが気になるし、あまり餌を食べないこともある。(ドライフードが嫌いなだけみたいですが)犬を飼うのが初めてではないけど、知らないこととかわからないこととかたくさんある。知ってたら犬を守ってあげることができると思うんですよ。

Dog behaviouristになるのはどうか?

そう思ったんです。でも、なるのにはやはりトレーナーの資格を持ってからでないと無理らしい。しかもアイルランドでは勉強できないらしいんですよね。UKにはあるけれど。しかも法律で守られてるわけでもないので、「自称」らしい。

ドッグトレーナーはになるのはどうか?

これ、至難の業らしいのですよ。実は日本人の友達が現在勉強中。10モジュールのうち、二つ落としたらアウトとか言っていました。しかもテストが多いし、研修もコークまで行き、着いたらすぐテスト。その後一般の人たちの前で講義。しかも内容は当日割り当てられ、30分で覚えて話すという、すごいハードなもの。仕事の合間にやろうか~なんて気楽に考えてたら絶対あかんらしい。これを仕事にするためにやってるんです!という覚悟がいるらしいです。(彼女はその覚悟ありだけど、9時5時の仕事もこなしているすごい人なのだ)

月―金で、朝9時前から5時まで仕事をし、残業も多々あり、週末出勤までたまにあるような私の仕事では、まずやれない。仕事のせいにして言い訳かましてますけど、そこまでの覚悟は私にはまだないだけである。

ということで、ドッグケアーの勉強ならどうかな?と思っているところです。勉強は来年後半からしようかと思っています。まずはイタリア語をどうにかせなあかんので。(試験、落ちたんですよ。どあほやから)

人生って学びやな、と改めて思う今日この頃です。。。今日は話題が暗くて、ごめんなさいです。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.