FC2ブログ

ワールドカップの夢破れ。。。でも、ホッとしてる人たちもいる

Ah, Jaysus!!!

そう叫んでいた人が、どれだけいたことであろう。

昨日は、えらいことでした。

サッカー、ワールドカップのプレイオフだったんですよ。デンマークとの戦いでした。

しかし、1-5で思い切り負けた。最初にゴール決めたのは、アイルランドだったのに。。。

IRELAND 1
(www.bbc.com/sport/live/football/より抜粋)

昨日は友達と街で見る予定をしていたのですが、Aちゃんは一日中家にいない。となると、プーちゃん(犬のプーカ。Puca)のお散歩に行かないといけないのは私。ということで、会社を早く抜けて、家に帰り、散歩に連れて行き、また街に舞い戻って友達と合流し、試合を見る予定でいたんです。

しかし、早退が叶わず(むっちゃ忙しいのよ、まだ)、いつも通りに出てバスに乗ったのです。それでも間に合う計算だったのですよ。しかし、昨日の夕方は雨だったうえに、AVIVA Stadiumでの試合とあって、AVIVAに行く人のおかげで、道路がどこも大渋滞!5時に会社を出たのに、家に着いたのは、午後7時5分。

2時間5分もかかっとるやないかい!


ベルファスト行けるっちゅうの!渋滞など、まったく考えてなかった私が悪いのですけど、えらい渋滞にすっかりハマり、もうこれから街に出ても、試合時間には間に合わない。急いでるときに限って、プーちゃんはうんちをすぐにしてくれないだろうし。。。ということで、お友達には思い切り謝り、行けないことを告げ、家で見ることにしました。

散歩中に、思い切り雨に降られ、傘を持ってなかった私はずぶ濡れ。もちろんプーちゃんも。もう絶対街に出かけられない状態となった。渋滞に引っかかった時点で、「今日は試合を見に行くな。」と天の誰かから言われているのだと、自分に言い聞かせた。

蓋を開けたら、結果は散々。

アイルランドファンには申し訳ないけど、最終的には見に行かなんでよかったことになったのです。

でも、残念だったことに変わりはない。Humiliation だと、解説者でおなじみのEamon Dunphy(イーモン・ドンフィー。独断と偏見で、名前の読み方を日本語に訳しております)が言ってました。ちょっと昨日は声が震えてた気がしたけど。。。ちょっと感情的になってたのかな?

EAMON 1
(www.independent.ieより抜粋)そうやったと思う。残念やけど。

同僚のD君と、コークの同僚のG君は試合をAVIVAへ見に行っていたんです。D君曰く、もう2点入れられた時点であかんと思ったらしく、最後まで試合を見ないで、試合終了前20分前にはもうすでにスタジアムを後にしたらしい。因みにそんな人がたくさんいたらしい。テレビで見てても、4点入れられた時点で、すでにスタジオに空席が目立ってたもんね。

選手たちも悔しさいっぱいだったけど、もう仕方ないわ。力が足りなんだといういことでしょう。それに、ヨーロッパの国々は強豪が多いから。。。突破するのって、至難の業やもん。D君に、アジア予選とはレベルが違うんや!と言われたことがあったけど、それに対しては文句言えんもんな。。。

イタリアもCIAO~となり(60年ぶりやったのね)、こちらもHumiliation だった。アイルランドもしかり。北アイルランドもワールドカップに行くことができず。行けてたらすごい応援してたんやけどなあ~。なんか、今回のワールドカップはあんまりおもろないという気がしている。 わざわざパブへ行ってみることはないと思う。日本の試合は見るけどね。出場国のリストなど、こちらからどうぞ。https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20170911/636830.html

残念がっている人たちをよそに、ホッとしている人たちがいるのも事実。

国が大騒ぎしすぎるのを懸念する方々。

Aちゃんも、国が騒ぎすぎるのが嫌だと言っていました。なので、行かなくなってよかったと言っていました。


サッカー好きのパートナーを持った方々。

同僚の受付嬢Sちゃんは、婚約者がロシアに行くのを嫌がってたんです。彼が、アイルランドが勝ったらロシアに行くと宣言していたそうなんで。ロシアのサッカーファンって、暴力振るうやつ多いでしょ?前回も問題になってたし。フーリガン多いやん。(今でもとは思うけど、どうです?)だから不安だったので、行かないで!と言ったけど、行く!と言ってきかなんだらしい。しかし、負けてくれたことで、ロシアに行くことはなくなったので、ホッとしていました。

セールスディレクターS氏に、「アイルランドが負けて、悲しい?」と聞いたら、「全然!」と言われてしまいました。競馬で、自分が賭けた馬が負けるほうがよっぽど悲しいと言っていた。お金かかかってるからねえ。(彼はケチとして、会社では有名です)

そして、ロシアなんて行くもんちゃう!危ない!とか言ってたんですよ。仕事で行ったとき、KGBに後を付けられてたと思うと行っていました。妄想やと思うけどね。

ロシアの同僚にお土産をもらったんですが、家に帰るまで開けるな、と言われたらしい。それを手荷物にして持って帰ったらしいんですよ。しかし、経由先のオランダの空港の手荷物検査で引っかかったらしい。中身はなんだ?と言われて、

「友人からもらったお土産です。」

とは言ったものの、もちろんそれじゃ通じない。中身は知らないけど、ロシア人にもらったお土産で、開けるなと言われたと言ったため、えらいこと怪しまれたらしい。そりゃそうやろ。

結局開けさせられたそうな。中身はロシアの磁器人形で、(しかもかなり高級なやつと思われるものだったらしい)2体あるうちの一体が、刀を持ってたらしい。それが検査に引っかかったそうな。後ろで待たされている人たちに、

「チッ」

と散々言われ、嫌な思いをしたのが、ロシアの思い出でもあると言っていました。

何やそれ。

話が思い切りそれましたけど、ロシアに行くことがなくなり、喜んでいる人もいるよ、という話でした。

それではちょっと早いですが、今週のブログは今日でお終いです。来週月曜日、お会いしましょう!皆さん、今日も読んでくださってありがとうございました。大感謝しております。皆さん、楽しい週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

残念でしたね。ヨーロッパは競争率高すぎですね。
35年前、ダブリンの郊外はサッカーが出来るほどの広々した公園で少年達がサッカーしてたの思い出しますが、その頃の日本はサッカーは国際的にまだまだでしたし国民の興味もそれほどでもありませんでしたね。ワールドカップまで参加できるほど強くなるとは35年前は想像すらしませんでした。
ラグビーでは南アフリカ戦で、世界で一番日本を応援してくれたアイルランドと日本の試合がちょっと複雑ですが、気になります。

シャムロックさんへ

なるほど。今でも広々とした公園や、競技用の土地がたくさんありますよ。熱心に小さい子がサッカーの練習をしています。

たしかに。日本は昔、サッカーには興味がなかった感じでしたものね。すっかり熱をあげるほどのスポーツに変わりましたね。

ラグビー戦、確かに!もちろんアイルランドはほおっておいて、日本を応援します!笑!思い切り勝ってほしいです。アイルランドは現在世界3位ですからね。そんな国に勝ったらすごいことですもの!



Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.