FC2ブログ

私が海外生活で気を付けていること

2018.01.08.14:02

今日はブロブの日ではないのですが、書きたいことがありますので緊急アップします。

日本でもニュースになっているのでご存知でしょうが、昨日の朝、アイルランドのダンダーク(Dundalk)という、北アイルランドとの国境の街の路上で、24歳の日本人男性が後ろから刃物で襲われ、死亡しました。彼は当時、イヤフォンをして音楽を聴いていたそうで、後ろから来られたことに気が付かなかったとのことです。

詳しくはこちらの記事からどうぞ。こちらでは被害者の男性の顔写真や名前が公表になりました。https://www.thesun.ie/news/2004333/first-picture-of-man-stabbed-to-death-in-suspected-dundalk-terror-attack-as-cops-find-extreme-religious-material-at-suspects-bolthole/

うちの兄嫁Uさんが心配してテキスト送ってくれたんですよ、今朝。心配してくれる人がいるって嬉しいこと。彼女に感謝です。


この事件は、昨日の昼過ぎにうちの同僚が教えてくれたんです。びっくりしました。日本人が財布やカバン、携帯を盗まれた話は聞くことがありますが、殺人事件はほとんどないのからびっくりしたんです。

しかも無差別殺人のよう。(アイルランド人二人も彼が被害に遭った後、ナイフで切り付けられているが、命に別状はなし)犯人(エジプト人男性18歳)は、ナイフを2本持っていたらしいですから、殺人するつもりだったわけです。これはかなり罪が重くなりますよね。

犯人は逮捕されていますけど、動機はまだ発表になっておりません。テロという考えを警察は捨ててはいないそうです。犯人はUKで亡命を希望していたらしいですが、断られ、ベルファストに来て、そこから南に入ったらしいです。北と南、パスポートコントロールはありませんからね。こちらで市民権を獲得しようとしてたということも聞きましたが、本当のところはよくわかりません。とにかくとんでもない奴が入ってきて、人殺ししたのは事実です。

海外に住んで、楽しいはずの海外生活が、ある日突然こういった形で奪われるのって、悲しすぎる。ご家族の方、本当にやるせない気持ちだと思います。

そんな私だって同じ状況。日本人の友達が言ってたけど、他人事じゃないんですよ。(特に彼女はダンダークに住んでいたことがあるから余計だと言っていました)ダブリンにいますけど、ダブリンは他国民。わけわからんやつがいっぱいいるはず。向こうも私のことをわけのわからんやつと思ってると思うし。

大使館から気を付けるように、メールが来ていましたけど、悪いタイミングでその場にいたら、避けられない事ってあると思う。私がそうだったから。

このブログにも書きましたけど、2010年、会社帰りにScumbagsに至近距離から卵を投げ付けられ、目に当たって失明するかと思った事件。(実際失明しますよ。卵の殻って、すごく固いんです)ハードコンタクトだったら絶対失明してた。ソフトだったから吹っ飛んだだけで済んだんですよ。数日目が見えにくかったけど、今じゃ、ちゃんと見える。老眼やけど。しかも卵だけで済んだ。鞄ごと取られなかったし、レイプもされなかった。殴られもしなかったし、刺されもしなかった。不幸中の幸い。むっちゃラッキーやったんです。

その後、私が自分で気を付けていることがあるんです。神経質になりすぎと、日本から遊びに来た日本人に言われたことがありますが。。。

1)人気が少ない道を一人で歩いているとき(昼間でも)後ろを振り返る。ランニング中もしかり。

2)最終バスが去った後や、酔っぱらっているときは必ずタクシーで帰宅する。

3)パブで友達と飲んでいて、同じ方向に帰る人がいなかったら、早めに自分だけパブを出て、タクシーで帰宅する。(一人で午前3時過ぎにタクシーをつかまえるために、街をうろうろしたくないから)

4)帰宅するのにお金をケチらない。(タクシー代をセーブしようなんて考えないということ)

5)鞄はファスナーがあるものに財布やスマホを入れる。(知らない人の手が入って盗まれないようにするため)

6)椅子に座ったとき、鞄は自分の後ろに置かず、足元に置く。変な奴が入ってきたら、鞄は手元に持つ。(背もたれにおいても取られることがあるから)

7)バスや電車のチケットを買うとき、お財布を見せびらかさないようにする。(札束持ってたら狙われるから。実際持ってないけど!)

8)歩きスマホをしない。(ダブリンは道がガタガタで、躓くから危ないのもあるけど、これをしていてスマホを取られた人があるから)

9)イヤフォンをし、音楽を聴きながらランニングしたり歩かない。
(ランニングしている人はイヤフォンをしながら、音楽を聴いて走っている人が多いんですよ。Aちゃんに言わすと、音楽がないと走れないっていうんです。音楽でリズムを取りながら走るのが目的で聞いている人もあるんですが、どうも私はこれが苦手。走っていると、いきなり角からすごい勢いで走って出てくる奴がおるから危ないので、音が聞こえたほうが安心。後ろから自転車で歩道を突っ走ってくる無謀なやつもおるしね。そんなのに引かれたら引かれ損よ。)

10)帰宅したら、表玄関は二重ロック。わざと電気を付けて家を出ることもします。

11)人通りが少ないところには一人であまり行かないようにする。特に夜。夜はショートカットしない。


基本はこういったところです。

もう二度と殺人事件が起こらないことを願ってやみません。同じ日本人。やっぱり他人事じゃないです。この国では、そういう怖いことが起こることもあるのですが、いいこともたくさんあることも事実です。とにかく、今回の事件は悲しすぎます。ご冥福をお祈りいたします。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

アイルランドの日本食

2018.01.05.12:01

ティファニーさん、はじめまして。私はロンドン在住です。ひょんなことからアイルランドの日本食事情を検索していたところ、ティファニーさんのラーメンバーの記事にたどり着きました。ロンドンも日本食ブームが長く続いていますが、お寿司のカウンターがスーパーへ入りだした影響で、レストランでの寿司ブームが収束している感じです。ティファニーさんはアイルランドで日本食材をどうやって調達していますか? きっとロンドンよりもチョイスは少ないでしょうが。私はまだ一度もアイルランドへ行ったことがないので、今年はぜひ一度訪れてみたいと思っています。これからも拝読させて頂きますね。どうぞ、ご自愛ください。

Yukiさんへ

2018.01.05.14:26

初めまして。コメントありがとうございます。

ロンドンならたくさん日本食レストランもあるし、食材も日本と同じものが普通に手に入りますよね。(値段はともかく)恨ましい限りです!(ロンドン大好きです)

こちらはやはりロンドンに比べたら規模は小さいです。アジアンマーケットがあり、普通そちらで調達します。中国人経営のお店なら、日本食を置いてくれているので購入できますが、やはり値段は高いし、品数は少ないです。ダブリンだと、こちらのスーパーが有名で、たぶん日本人はこちらで買い物している人が多いと思います。https://www.facebook.com/AsiaMarket.ie/

補習校に子供を行かせている方だと、日本食販売の会社からグループ購入をして、一人のお宅のおうちの配達してもらい、それを後日皆さんが取りに行くということもしているようです。

田舎に住んでいると、そういうわけにもいかないので、ダブリンに買い物に来る人もいますよ。日本に帰国した際に、大量に買って帰るとか!そんなところだと思います。

ぜひ一度アイルランドに遊びに来てください。ダブリンはごちゃごちゃしてますけど、ちょっと離れると、緑一杯!すごくきれいですよ。

こちらこそ、これからもブログを読みに来てくださいね。ありがとうございます。

2018.01.06.14:35

新年早々信じられない事件が起こってしまいましたね。
被害者の方はまだ若くたくさんの希望に満ち溢れていたでしょうに。
ご遺族の気持ちを思うと無念でなりません。

私がアイルランドに来て2年が過ぎ、特に大きな事件もなく安全さを当然の如く感じていましたが、ティファニーさんが仰るとおり改めて気を付けようと思いました。
それでもこういった無差別殺人を防ぐのは極めて難しいとは思いますが…。
こういった悲しい事件が二度と起こることのないように。
ティファニーさんにとって素晴らしい一年になることをお祈りしております。

いおりさんへ

2018.01.07.19:42

明けましておめでとうございます。コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、悲しすぎる事件でした。祖国から離れた国で、一生懸命に生きているのに、おかしな奴に後ろから刺されて亡くなるなんて。。。犯人が裁判所に行く時に罵倒されていたそうですが、当たり前ですよね。後ろから刺す行為自体、こいつがどれだけ小心者で姑息な奴かわかりますね。(前からだったらいいというわけではありませんよ。もちろん)

避けられないこともありますけど、避けることもできることもあるので、やはり気を付けるにこしたことはないと思います。

いおりさんも、今年が素敵な一年でありますように。時間があれば、またブログに遊びに来てくださいね。今年もよろしくお願いします。

No title

2018.01.08.13:03

ティファニーさん、お返事ありがとうございました。ティファニーさんのアイルランド情報をこれからも楽しみにしていますね! 

Yukiさんへ

2018.01.08.13:24

とんでもございません!知りたい情報などあれば、ぜひリクエストしてくださいね。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.