新年初笑い!インターナショナル・コメディー・クラブ

会社や学校が始まってしまい、正月気分はすっかり抜けたことだと思います。

私は二日から働き、そのうえお見事先週の土曜日も仕事!マネージャに二日で請求書すべての登録をするように金曜日に言われたんです。でも本社が閉める日は木曜日。だから余裕をこいていたんですよ。しかし、年度末決算だから、早くレポートを本社にあげたいからと言われ、

「無理無理!二日でなんて終わらへん!土曜日に来いってことよね。来ないと絶対に終われないもん!」

とむっちゃすごい顔をして、嫌みを言ったわけです。でも、何を言おうが、すごい顔をしようが、マネージャーには関係なし。ということで、働いたんです。でも半日しか働きませんでした。本当は一日働く予定だったのですけどね。前日の夜にこちらに行って、その後飲みに行ったから、土曜日の朝、起きれず、遅く会社に行ってしまった結果なんです。

行った先は、

int bar 1
International bar。23 Wicklow Street, Dublin2。(www.tripadvisor.ieより抜粋)http://www.theinternationalcomedyclub.com/

写真で見ると大きいんですけど、そうでもありません。一階は昔ながらのバー。結構小さいですよ。ここは食事も出していますが、軽食程度しかありません。私は歴史クラブの人たちと来た時に、ハムチーズサンボしか食べませんでしたが、アイリッシュ・シチューがあるんです。これが結構おいしいらしいんですよ。余談ですが、ここのアイリッシュ・シチューは一昨年まで確か6ユーロ50セント(パン一切れ付き)だったのですが、去年値上げで、1ユーロほど高くなってしまってます。ちょっと残念。ここのギネス、悪くないですよ。

このパブには地下もあります。そして2階もあるんです。どちらも一階同様小さいですけどね。そして、このパブではアイリッシュミュージックが演奏されたり、ジャズだったりするんですが、もう一つ有名なのが、これ。

INT BAR 2
International Comedy Club!(/www.buzz.ieより抜粋)

コメディーがやっているんで有名なんです。こちらにお住まいの方なら行ったことが何度もあるでしょうね。実は私はここに来たこが一度もなかったんですよ。たまたまアイリッシュの友達が誘ってくれたんで、行ってみることにしたんです。

上の抜粋写真からもお分かりのように、小さいんですよ、舞台も客席も。椅子やテーブルが置いてあるんですけど、そんなに数が多くないのです。そのため、遅く行ってしまうと、下手するとお尻が痛くなるプラスチックの丸椅子か立ち見になるんです。

午後8時半からドアがオープン。9時15分からショーが始まります。ドアはパブ右手にあります。小さな狭い階段を上がると、入口で係りの人がおり、お金を払います。一人10ユーロです。

この日は6人にコメディアンたちが舞台にあがりました。週替わりです。3人終わった後に、20分ほどのインターバルが入り、10時前に終了しました。

このコメディークラブの進行役がこの人だったんです。

aidan 1 Aidan Biship(エイダン・ビショップ)(www.theinternationalcomedyclub.comより抜粋)

この人、あの有名なコメディアン、Des Biship(デス・ビショップ)の弟さんなんですよ!



ま~びっくりしました。そういえば喋り方も似てるし、目のあたりも似てるわ。彼、結構面白かったですよ。私は弟の方が顔は好みやわ。



出演者全員誰だかわかりませんでした。名前をメモらなかったので。そのうちの3人はこちらです。

int bar 3
PADRIAG WILLIAMS・ FABU D ・RONAN GRACE(www.theinternationalcomedyclub.comより抜粋)

右のロ―ナンさんのマテリアルはちょっと変で、あんまり笑えず。左端パドレイグさんはゲイだそうで、彼は面白かったです。しかしこの日一番面白かったのは、真ん中のファブ・ディーさん。ナイジェリアの人なんですよ。(最初はスライゴから来たといって笑いを取っていましたけど。ネタね、ネタ)彼が一番最後に登場したんで、絶対一番面白いんやろうと思ったら、やっぱりそうでした。

他の3人のうち一人はオーストラリアからで、訛りがきついし、早口過ぎて、ついていけませんでした。でも私でもわかるネタが一つありました。これ以上書くと長くなるので、続きは月曜日にします。

新年早々、初笑いしたのに、毎日残業やん!年始早々泣けてくるわ。

それでは皆さん、ちょっと早いですが、今週はここまで。月曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.