FC2ブログ

おめでとう!シヤーシャ・ローナン!ゴールデングローブ-2018

元同僚のTさんも大喜びでしょう。

元同僚のTさんは、シヤーシャ・ローナンさんのおじさんなんでねえ。でも自分のFBには何にも喜びに声を書いてませんでしたけど。書いたら書いたで、いろいろ嫌味を言うやつもいるからかしらね。

とにかく。失礼ながら、彼女が取るとは思ってもいなかったので、びっくりでした。Best performance by an actress in a motion picture, musical or comedy: Saoirse Ronan, “Lady Bird”!!!すごいです。まだ23歳ですし。Lady Bird自体も、Best motion picture, musical or comedy取りましたしね。とにかく、いつもの常連さんが取るより、若い人が取ったほうが新鮮味があっていいと私は思います。

golden 1
(www.thejournal.ieeより抜粋)

2015年からすっかりアメリカでポピュラーになっているとネットニュースに出ていましたけど、本当にそうですよね。あれよあれよという間に、えらい人気になった。もちろん実力が伴っているので、言うことなしですけどね。アメリカじゃ、ただ見た目が綺麗とか、胸がでかいとかそんなことでは生き残っていけませんもんね。(そんな人、腐るほどいるから)最終的に物を言うのは、良いエージェンシーが就いているかと、本人の実力だと思うわ。とにかくおめでとうございます!彼女はこれからがもっと楽しみな女優さんですね。リストはこちらからどうぞ。/www.independent.ie/style/celebrity/celebrity-news/75th-golden-globes-here-is-a-list-of-the-winners-on-the-night-36466652.html

これで日本でも配給も決まるんじゃないでしょうかね。



別件ですけど、イアン・マクレガーが、元奥さん(Eve)と現在の彼女(Mary Elizabeth Winstead)に感謝の言葉を述べてちょっと話題になっていますね。



ネットから抜粋しましたが、こんなこと言ってるんです。

"I want to take a moment to just say thank you to Eve, who always stood by me for 22 years, and my four children Clara, Esther, Jamyan and Anouk.

"And I've always loved being an actor and I love hanging out with actors and I got amazing actors to work with on this.

"There wouldn't have been Emmit Stussy without David Thewlis and Michael Stuhlbarg and Carrie Coon and there wouldn't have been a Ray without Mary Elizabeth Winstead."

どうなんでしょう。私が元奥さんやったら、わざとらしくて思って、かえってムカつくな。(私個人の意見です。ファンの方、ご了承ください)彼女やったら素直に嬉しいけど。

ゴールデン・グローブの放送はアイルランドではRTE2で、午後9時半から午後11時45分まで放送されます。見なきゃね。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

アイルランドにとって本当に良い日でしたね。
ローナンは素晴らしかったですけれど、もう一人のマクドナーも価値ある受賞ですね。
「レデイーバード」も「スリービルボード」もそれぞれ作品賞と主演女優賞も獲得していて、アカデミー賞でも幸運に恵まれれば何かを取れそうです。
昨今のアカデミー賞は、シリアスな作品が有力な傾向にあるので、スリービルボードの方が有利かも知れませんが。
こちらの主演女優のマクドーマントはカナダ人ですが、アイルランド系かスコットランド系かも知れないですね。
スリービルボードは2月、レデイーバードは6月日本公開が決まりました。楽しみですが、年寄りが青春映画の方に行くのはちょっと気が引けます。
キルケニーのNora Twomey さんは残念でした。
まだ46歳の若さなので、チャンスはいくらでもあるでしょう。

受賞式のことを記事にして下さって有難うございました。

でも授賞式は、オプラ・ウィンフリーさんのスピーチの迫力が
何よりも印象的でしたね。ローザ・パークスさんにも言及していました。Me tooと締めくくりましたね。

ついででですが、先日のブログにありました佐々木さんのことですが、ドンドークの方を中心に遺体の搬送費のdonationをして下さって2000ユーロの目標に対して既に1.8万ユーロ近く集まっているという記事を見ました。一部、日本人も含まれているようですが、大半はアイルランドの人のようで1000人以上
参加されているようです。
アイルランドの人の優しさを改めて感じました。

では、またいつか、と言うことで失礼します。

kkitさんへ

大事なイベント(アイルランドに関する)を覚えてないので、コメントで知らせていただけると本当に助かります!いつもありがとうございます。

スリービルボードは2月にもう公開になるのですね!こちらではもうなっているので、見に行きたいなと思っているところです。青春映画でも、年齢関係なく見に行くのがアイルランド流。日本は周りの目が気になるのがすごくわかりますが、ぜひ映画館へ見に行かれるといいなと思いますよ。DVDやネットで見るのとはやっぱり違いますものね。


オプラ・ウィンフリーさん、さすがにいいことを言ってらっしゃいましたね。アメリカに住んでいる人たちは、彼女が大好きなんだと思います。オプラが読んだ本は必ず読んだりするみたいですからね!

日本人方が亡くなった件ですが、今日の記事にします。アイルランド人、本当に暖かいんですよ。(もちろん全員がではありませんが!)

ではまた、いつでもお時間があるときにブログに遊びに来て下さい。お待ちしております。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.