FC2ブログ

8時の半分

皆さん、週末はいかがでしたか?

私はもうなんだかなあ。。。でしたよ。がっかりしたんです。ちょっとプライベート過ぎるんで、ここには書けないですけど。

でも、今朝、一ついいニュースがありました。

今年から給料がやっと上がったんです!今年も同じ給料か、と先週、同僚のD君とため息交じりに話していたところだったんです。微々たるものですが、1ユーロでも上がれば言うことなし!大感謝でございます。それにしても、給料上がるのって、何年ぶりなん?という感じでした。多分全員の給料が上がってるはず。みんな心なしか、笑顔な感じがするもの!景気も上がってきてるからでしょう。それに新しい社長(私の元マネージャー)が本社にちゃんと交渉してくれたおかげだと思います。(でないと、給料があげられない仕組み)とにかくこれでクレジットカードの決済が何とかなります。ありがたや~!(12月から調子こいて使いすぎ、そっちにしか頭が回っておりません)

さて、本題に戻りましょう。先週水曜日のブログの続きになりますけど、私でもわかった、面白いジョークをご紹介しましょう。

オーストラリア人のコメディアンが、時間の言い方(英語で)について話していたんです。

例えば、8時なら、

Eight O'Clock または、Eight.

これは普通ですわ。こちらでもそうですもん。しかしだ。これが8時30分ならどうでしょう?

オーストラリアでは、

Eight Thirty.

しかし、こちら(イギリスも)では、

Half Eight.

ついでに。

8時15分だったら?オーストラリアでは、

Eight Fifteen.

でもこちらでは、

Quarter passed Eight.

8時45分だったら、オーストラリアでは、

Eight Forty Five.

でもこちらでは、

Quarter to Nine.

9時10分前なら、こちらではTen to Nine、9時10分なら、Ten passed Nine。


そのオーストラリア人コメディアンは、8時30分は、Eight Thirtyであって、Half Eightではない!と言っていたんです。

Half Eight と言ったら、8の半分で、4、つまり4時ということになるんだ!と気張って言っていました。だったらEight Thirtyと言え!と言っていたんです。

わかるわ、それ!

Bさん家に英語を習いに来る生徒も、こちらの時間の言い方ができない人がいるから、オーストラリア風(アメリカもですよね?)に言うものね。だから言い直してあげるんだけど、私の言うことなんか聞いてない!ネイティブじゃないと聞いてももらえやんってことやわ~と悲しくなるのです。とにかくだ。このジョークを聞いていて、自分が語学学生の時を思い出しました。

こっちの時間の言い方って、結構むつかしいし。

こちらにいらした際は、こちら風に時間を言えるとよいと思います。(言われてわかることも必要です)



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

分かりやすいのはオーストラリアの言い方なのでしょうね、聞き間違いが少なそう。アイルランドは覚えてないですが、列車の時刻のアナウンスはオーストラリア(とアメリカ)風で聞くことあります。

オーストラリア人コメディアンがおっしゃていたHalf eightは、Half(After)EightとAfterが省略された表現と思います。というのも、ドイツ語で同じ表現があり、Halb acht(Half eight)というのですが、これは7時半で8時半ではありません。ドイツ語話者に言わせればHalf to eightという感覚なのですね。
イギリスやアイルランドがアメリカやオーストラリアと表現が違うのは、他ヨーロッパ言語が影響しているのかも。1階はアメリカだとThe ground floorだけどヨーロッパはアメリカの2階。
時間の言い方も他欧州言語(ドイツ語、フランス語など)はやはり、アイルランド・イギリス英語のように~Past eightや~To eightのような表現があります。

先駆者さんへ

空港でも、オーストラリアの言い方ですもんね。さもないとみんな混乱しちゃうから。

2010年に行った、クルーズ旅行先のギリシャで、ガイドさんの時間の言い方が、こちらで言う言い方だったんですよ。なので、同じツアーに参加していたアジア人カップルがわからなくて、横から私がオーストラリア風に言ったことがあります。慣れてないとむつかしいですよね。

ドイツもそういう言い方があるのですね。Half to eightですか。なるほど。こちらじゃいちいち8時半などの、30分を言う時に、After やらToやら入れませんもんね。Half Eight = 8:30ですもんね。

言葉って面白いですよね。地域や国によって、本当に言い方がいろいろですもの。語源が似てるヨーロッパだと、似た言い方があるのはわかります。先駆者さんのコメント、勉強になりました!ありがとうございます!

half past

はじめまして、ティファニーさん。
数年前にダブリン旅行に行った時の情報収集のために見はじめてそれから読者になりました。
初コメです。
5年程前にワーホリでスコットランドに住んでました。私も『half eight』等使ってましたが、最初覚えた時は間に『past』を入れてましたがいつの間にか『past』言わなくなりましたねぇ。フラットメイトのお母さんは最近の言い方だと言ってましたが。

この感じで英国人に『half past January』てなんで言わないの?って聞いたら爆笑してました。

しがーずさんへ

こちらこそ、初めまして。いつも読んでくださって、ありがとうございます!大感謝です!情報、少しはお役に立てたでしょうか?

そうです、Pastなんて入れないですよ。何時?と聞かれて、例えば5時半なら Half Fiveですもん!これを日本の英語の試験で書いたら、赤ペンで「間違い!」とされますよね。

Half past January!!!思いも付きませんでしたよ。しがーずさん、頭の回転早いですね!本当、なぜ言わないのでしょう?Mid Januaryですもんね、私がいつも使っている英語は。省略しまくりですね、よく考えたら!今、英語の試験を日本で受けても、絶対受からない自信があります。

またお時間があれば、ぜひ読んでくださいね。コメントもお待ちしております!

brother hubbard

ダブリン旅行中の食事はティファニーさんの情報を元に選んで(全部ではないですが)、その中でもbrother hubbardはホントに良かったです。
pulled porkがジューシーで、今まででbestです。連れてった英国人も気に入ってましたよ。

他の旅先でもそうですが、やっぱり住んでいる人の情報って信頼できるなって思います。
またアイルランド行きたいです。

しがーずさんへ

情報がお役に立てて光栄です!Brother Hubbardはすっかり有名になり、今では店舗が大きくなりましたし、南にも新しくお店ができましたしね。あそこは美味しいですよね。最近行っていないので、お邪魔しなくては!

そうですね、ガイドブックもいいですが、住んでいる人の情報の方が新しいことのが多いですし、ガイドブックに載ってないところも紹介されてて面白いと思います。

またぜひアイルランドに遊びにいらしてくださいね。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.