FC2ブログ

ダブリンに住む、素敵な70代の奥様方とIl Caffe di Napoli

皆さん、週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

最近天気が悪いんですよ。雨ばっかり!週末もしかり。走ろうと思って予定をしていても、雨のおかげで走れない日が多くて、ちょっとでも雨が止んだら走りに行くようにするしかないんですよ。寒いし、ヒーター入れてても、家の中が暖かく感じない日もあるんですよね。早く冬が終わらないかなと思います。

そんな中、前にイタリア語の試験で一緒に勉強させていただいた、スコットランド人のPさんと、彼女のお友達で日本人のSさんと、久々一緒にランチをしました。お二人は70代なんですよ。うちの母の年とさほど変わりません。

今回ランチにお邪魔したのは、こちらです。

napoli 1
(www.tripadvisor.ie/Restaurant_Review-g186605-d2508247-Reviews-Il_Caffe_di_Napoli-Dublin_County_Dublin.htmlより抜粋)

41 Westland Row, Dublin 2にある、イタリアンレストラン。ピアース・ステーションと同じ並びにあります。駅からは歩いて1分ほどです。

ここはSさんのお勧めでした。ここには来たことが一度もなかったので、凄く楽しみしていきました。午後1時から予約をいれてもらっていたので、ちょうど1時に行ったら、お二人はすでにご到着!ワインを飲んでいらっしゃいました。焦りました。

お店は一階がカフェで、地下がレストランになっているんです。一階でパニーニやケーキを食べ、下ではパスタやピザを食べるようになっていました。素敵でしたよ、地下のレストランのレイアウト。

奥が厨房で、誰が働いているのか丸見え!私はこういう丸見え厨房のレストラン、好きです。裏でヤバいコトしてるところって多いらしいけど(実際に働いてた人が何人も言っていました)、丸見えのところって、それができないですもんね。

食べに行けば、食べ物の写真を撮るのが私の習慣ですが(100%ではないですが)、今回の場で、食べ物の写真を撮るのはどうかと思い、今回は一切取りませんでしたので、写真はありませんが、Tripadvisorで一部見れますので、ご参考にまでどうぞ。https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g186605-d2508247-Reviews-Il_Caffe_di_Napoli-Dublin_County_Dublin.html

3人が席に着くと、こちらが出てきました。こちらは値段には入っていません。写真はwww.yelp.ieより抜粋です。

napoli 2

ガーリック味のフォカッチャ。これがおいしかったんですよ。奥様方があまり食べなかったので、私が平らげました。真ん中にオリーブが見えますが、これがすごくおいしかったんですよ。私、オリーブはあんまり好きじゃないのですけど、ここのは問題なくいくつも頂くことができました。

食べ物の前に今回頼んだワインをご紹介します。実はPさんはワインのエキスパートなんです。彼女が選んだのが、LUGANA ZENATOというイタリアの白ワイン。これが美味しくて、しかも重たくなくて飲みやすい!私はレッド派なのですが、これは自分で買ってでも飲みたいと思いました。久々美味しいと思った白ワイン。さすが、Sさん!
napoli 3
(www.vinisoave.itより抜粋)

スターターは頼まず、メインとデザートを頼むことにしました。メインはこちらをオーダー。

TAGLIATELLE CONTADINA (Pさん)
Noodles of egg pasta with mushrooms, garden peas, julienne of roast & smoked ham in a light creamy sauce

LINGUINE ALLO SCOGLIO (Sさん)
Mussels, clams, calamari & prawns cooked in a sweet cherry tomato, white wine & fresh dill sauce on a bed of linguine pasta

RIGATONI CON POLPETTE DI CARNE (私)
Pasta & meatballs in a lightly spiced tomato sauce with pecorino cheese

写真で食べ物を見た方は気が付かれたと思うのですが、ここのパスタの量が多いんですよ。かなりGenerousでびっくり。値段は14~15ユーロほどするので、お値打ちなわけではありません。しかし、大概レストランでパスタを頼むと、値段は同じくらいなのに、量は半分。もう一皿!と叫びたくなるくらいなことが多いのですよ。これにはびっくり。案の定(!?)、私はぺろりと平らげましたが、奥様方は残しておりました。因みに美味しかったですよ、パスタ。

そしてデザートはPさんはチョコレートケーキ、Sさんはカンノーロ、私はパンナコッタをオーダー。

Pさんが、チョコレートケーキの量が多いから、半分食べて!というので、半分いただき、その上にパンナコッタをいただくという、超太り技を披露せねばならず。パスタの量が多かったせいもあり、パンナコッタを少し残してしまいました。私としたことが!!!こちらのパンナコッタは、ちょっと柔らかめ。私はちょっと固めが好きなので、ちょっと残念ではありましたが、味は申し分ありませんでした。3人ともデザートを楽しみました。

しかし。

一つ残念な点が。

サービスが悪いんです、ここ。ウェイターが二人、イタリア人男性なんですけどね。私がレストランについても、声もかけてこない。コートを預かってくれたはいいけど、帰りは自分でコートを取って着る羽目に。呼んでもこない。笑顔がない。

働くの、嫌なん?

と思ってしまった。こんなサービスに10%もサービスチャージを置きたくないとPさんは言ったのですが、ご飯は美味しかったので置くことに。シェフにあげたと思えばいいわよね、と言ったのですけど、たぶんウェイターたちに持ってかれるかも。。。

Sさんが、疲れてるの?とウェイターの一人に聞いたら、疲れていると返事をしていたので、きっとそのせいで笑顔がなかったのであろう。でも、お客さんの前に出たら、疲れていようが、家で嫌なことがあろうが、プロとして笑顔で働くのが当たり前だと思う。そうしてお給料をもらっているわけだしね。

まあまあごちゃごちゃ言っても仕方がないので、もう言いませんが、こちらに行かれる際はサービスを求めて行ってはいけないと思いました。ごはんは美味しかったし、どこかの店のように、食べたらすぐ出てって!ということもなかったので、その点は良かったです。ゆっくり落ち着いてCatch upができて、すごくいい時間を過ごせました。こちらにはご飯を食べに行くという目的だけで、またお邪魔したいと思います。

光輝いていらっしゃったお二人。やっぱりいくつになっても、外に出て、趣味を楽しみ、いろんな人と会って、楽しく過ごす。そしてポジティブ。これを実践しているからこそ、彼女たちは若々しく、輝いていると思いました。私もそういう年の取り方をしたいと改めて思いました。心が若ければ、年なんて関係ないです!そんな奥様方は本当に素晴らしい!そんなお二人のお仲間に入れてもらえて、私は本当にラッキーです。

次回は4月、Sさん家で餃子パーティーの予定です。ちゃんと皮から手作りしますよ~。今からすでに、ワクワクしてしまっています。

ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.