健康なのか不健康なのか?なうちの会社のスナック事情

昨日の続きのような記事になりますが。。。うちの会社では、フルーツを毎週月曜日に大量買いし、スナックとして提供しています。

バナナ、リンゴ、キウイ、洋ナシ、グレープ、イチゴ、ブルーベリーが、キッチンのテーブルに所狭しと置かれます。以前はパイナップルやメロンも買っていましたが、食べ残すことが多くなり、買わなくなりました。

フルーツは毎週月曜日に、テスコに配達してもらうんです。ネットでオーダーすると、会社のドアまでちゃんと配達してくれるんです。

なぜフルーツがスナックとして提供されるようになったのか。。。

うちの会社にはヴィーガン一人、ヴィーガンにほど近いベジタリアンが一人おります。肉をほとんど食べない人も何人かいるんです。その反対で、魚嫌いもいますよ。ヴィーガンやベジタリアンの人は、体重を気にしてというわけではなく、長生きしたいからと言います。

ヴィーガンとベジタリアンはブラジル人の女の子たち。そのうちの一人、ベジタリアンのMちゃんが、ビスケットやチョコレートしかスナックとして食べれないことに不満を感じ、健康にいいフルーツを代わりに提供してほしいと、当時のMDに直談判したんです。

すると、あっさりOK!

これにはびっくりしました。うちの会社ケチだから、無理だと思ってたんで!勝手に思いこんだらいかんということですわ。


ということで、早々フルーツをオーダーすることになったのはいいのですが、彼女はオーガニックの食品にこだわる人。オーダーしたフルーツは、とある会社が販売しているオーガニックもので、一箱いくらのもの。30ユーロとか50ユーロとか。配達は会社のドアまででなく、会社が入っているビルの受付まで。しかもフルーツが選べないんですよ。セットになってるんで。なぜかココナッツが入っていて、割るのに一苦労したこともありました。

しかも量(数)が少ないんで、全員に行き渡らない。早い者勝ちだったんですよ。もちろん私は卑しいので、仕事をほっぽりだして、一目散に駆け寄り、バナナ一本をゲットしておりました。動物園のサルと違うんやで。。。と思いながらもバナナを一本ゲットして食べていたわけです。

そして。。。1か月後には不満が爆発。

みんなに数が当たらないし、とにかく値段が高い。食べたいフルーツが入ってないという理由で、近くのスーパーで、同僚たちが毎週月曜日に買っていたのです。同じ値段で4倍くらい買えますから。(その代わりオーガニック物はなし)しかし、こちらは配達はしてくれないので、自分たちで運ぶしかない。しかし重くてこちらも不満が爆発。最終手段として、テスコのオンラインでオーダーすれば、ドアまで配達をしてくれるので、テスコになったわけです。

テスコが配達してくれるフルーツが、意外と日持ちがするんですよ。同僚曰く、倉庫から直で来るからだそうな。近くの店に行ったん配送して、そこから配達しているわけではないから。

これでフルーツの取り合いは無くなったし、運ぶのが重いということもない。不満は解消。

しかし!

フルーツばかり毎日食べたくない人もいるんですよ。そうすると、ビスケットやチョコレートを食べたい人が出てくる。いったん買うのをやめていたビスケットやチョコレートですが、なんでないんや!という不満が爆発。結局こちらもスナックとして提供されています。こちらもテスコのオンラインでオーダーして、配達してもらっています。

うちの会社のキッチンにはたくさんのフルーツの横に、毎日ビスケットやチョコレートが置かれているという状況になっております。

一体、健康なのか、不健康なのか、どっちになりたいん?

と、キッチンを見て、思わず思ってしまいます。と言っている私も、机には日本から持ってきたスナックが並んでいるので、人のことは言えませんけど。

ちなみにコーヒーですが、ネスプレッソの一番安いマシーンで、コーヒーポッドはドイツ系お値打ちスーパーのAldi(アルディ)で売られているものが提供されており、こちらも飲み放題なんですよ。一人で毎日3杯飲んでいる人なんてザラ。コーヒーも飲みすぎはどうかと思いますけどね。

いろんな人に聞くけど、フルーツを大量にスナックとして置いてくれる会社って少ないらしいですわ。でかい会社はともかく、うちのような小さな会社でですよ。給料安いけど、こういうところは意外に寛大で、うちの会社はそんなに悪くないな、と最近思っています。

会社でもやっぱりみんなビスケットやチョコレートが食べたいけど、健康も考えている人が多いのです。これは現在のアイルランドの風潮だと思います。ええことよね。

それでは皆さん、ちょっと早いですが、今週のブログはここまで。来週の月曜日にお会いしましょう!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.