FC2ブログ

とうとう来てしもた!パスポート&ビザの更新

皆さん、週末はいかがでしたでしょうか?

相変わらず天気が悪いダブリンです。寒いわ~と思っていたら、昨日は12度あって、暖かい!こんなんだから、風邪ひいてしまうんですよね。とは言え、今朝は雨でしたが、すっかりやんで、現在晴れております。ちょっと春らしい晴れ方になってきました。

話は変わりますが、先週は、Aちゃんにいろいろあって、大変だったんですよ。その話は後日書きますけど。私も相変わらずバタバタでございます。そんな中、クリスマス前に、ちょっとやばない?ということを思い出したんですよ。それは、

パスポート。


有効期限に問題あり。

私は日本のパスポートをまだ持っています。こちらのには変えておりません。その日本のパスポートの期限が10月初めに切れるんです。そんな中、4月中旬にクルーズ旅行、5月中旬に日本帰国をする予定を入れている。日本のパスポートの場合、アイルランドに入国する際は、6か月の有効期限が残ってないと入国できないんです。どう数えても、クルーズ旅行から戻り、アイルランドに入国する際、6か月の有効期限が切れてしまっているのだ。

一応大使館に聞いてみましたが、やはりパスポートの更新をした方がいいとアドバイスを頂いたので、先週パスポートの更新をしたんです。3日間でできるんですね。3日目にはもうすでに新しいパスポートがもらえるんですよ。素晴らしい手際の良さ!同僚のアイルランド人も驚いておりました。

パスポート用の写真は、大使館がある横のショッピングモールの中にある富士フィルムの写真屋でできると言われたので、お願いしたけど、10ユーロも取られた。普通のPhoto-meという、その辺のショッピングモールに設置されている機械でやると多分8ユーロだったはず。薬局でもやってくれるんですよ。そうすると、もう少し安くやってくれるところもあるんだそうな。(と、たまたま近所のショッピングセンターで会った日本人の友達が言っておりました)

道路が混み混みで、予定より遅くに大使館に着いたうえに、髪の毛ぼさぼさ。化粧を直す時間もなく撮ってもらった写真は恐ろしいものになっていた。顔の土台も恐ろしいから、もうどうしようもない写真になったわけです。もう時間もないので(手続きの後、仕事に行かなあかんしさ)、もうなんでもええわ!と言う気分でOKをだし、この恐ろしい写真を使用することにしました。この顔の写真と10年間お付き合いと思うと、ぞっとしたが仕方がない。自分が悪いんです。

パスポートは無事に更新し、問題クリアー。これで4月に入国する際は問題なし!と思ったけど、実は問題がもう一つ残っていました。それは、

ビザ。

現在私はStamp 5というビザを持っているんです。正式名は、Without Conditions As To Time (WCATT)。パスポートの期限まで、ビザが有効。その分だけ滞在が許されます。その間、仕事を持っていようが、持ってなかろうが関係なんです。

このビザはあんまり持っている人がいないそうなんですよ。そのため、パスポートコントロールの人に珍しがられることもあるそうな。

普通長期滞在者は市民権を取りますし、外国人の人がアイルランド人と結婚した場合、Stamp 4。日本のように、一か国のパスポートの所持しか許されない国の人が、自国のパスポートを捨てたくない人が持つのがStamp 5なんですよね。多くの国は2か国パスポートを許可しているから、Stamp 5はいらないんですよ。だから珍しいということになるんだそうな。

このビザの期限が、前のパスポートの期限、10月上旬までになっているのです。それはいいんですよ。でも、新しいパスポートにはStamp 5の有効期限入りスタンプは押されていない。そのため、Without Conditions As To Time (WCATT)に連絡を取って、どうしたらいいか聞きたかったんです。

しかし!

ネットには電話番号も載ってなけりゃ、メールアドレスもなし。ネットから、自分で名前やメール、聞きたい項目などを登録して、連絡を待つ形しかないんです。(私の知る限り)聞きたくてもすぐ聞けないのです。

なんでや!!!

と叫びたくなりましたわ。Aちゃんもそんなのおかしいって言ってた。でも、彼ら的には、いちいち電話やメールで答えてるのがめんどくさいとか、働いてる人が少ないから手が回らないから、重要なものだけに回答したいとかいうのがあるのかもしれませんわ。

とにかく連絡がすぐ取れないので、(待っていたところで、いつ電話やメールで返答が返ってくるかわからんもの!)うちの会社の名前と住所入りの正式レター(Header letter。しかも透かしが入った、いい紙のやつ)付きで送付してStamp 5の更新をお願いしたほうが早いと思ったので、そうしました。

Stamp 5の更新は6か月以上の有効期限が残っているものは受け付けないとネットに出ていたのですが、会社の正式レターで送れば、特別にやってもらえるかもという狙いで送ったわけです。(もちろん社長やマネージャには使わせてもらうことを言っておきました)

会社の正式レター(Header Letter)の効果、抜群でしたね。Swift Post(郵便が早く到着する)で23日に送ったら、24日の日付入りのレターがが25日に到着でしたもん!

やはり、有効期限が6か月以上残っているビザの更新はしないという返事でしたが、現在10月まである有効期限のビザのスタンプを、新しいパスポートに押しなおしてくれるそうな!トランスファーしてくれるんですって。

イミグレ行かんでもええんや~。やった~。

その代わり、レジスターポストで送付する際の切手を払えときた。まあそれくらいするわ。クリスマスカードを送る際に、買いすぎて余った切手があるから、それ使えばいいし。イミグレにスタンプをもらいに行かなくとも、押してくれて、郵便で戻してくれるんなら、やらせていただきます~。ということで、今日早速、新旧のパスポートを送りました。

これで4月のクルーズ旅行時のパスポート&ビザ問題は解決でございます。もちろんStamp 5の更新は4月中旬にしなくてはいけませんけどね。

ビザとか、めんどくさいんですよね。市民権を取って、アイリッシュパスポートを持ったほうがいいんですけど。。。まあ、うちの父との約束で、日本のパスポートを捨てられないのですよ。まあ、中にはこっそり2か国のパスポートを持っている人もいっぱいいるって聞くけど。私は違法なことはせず、このままで行こうかと思っています。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.