FC2ブログ

"Like Gold Dust"-ラグビー、6ネーションズのチケット

今日はバレンタインデーですが、無視して昨日の続きをちらりと書きます。

今回、チケットが手に入った理由は、Aちゃんが6ネーションズのチケットを何枚か手に入れたからです。

同僚の男性で、ベルファストに住む人が、何枚かあるけど、買わないかい?と言ってくれたからなんです。

なぜ彼が何枚もチケットを持っていたのか???

彼はベルファストのラグビークラブに登録してるんだそうな。そこを通じて毎年、6ネーションズのチケットが売られるそうなんです。大体売りに出たら、すぐに売り切れになるのが6ネーションズのチケット。

しかし。

そのラグビークラブが、その日の試合中、オープンバー(無料・飲み放題)を開くこととなり、わざわざダブリンまで行って、試合を見に行かなくてもいいやん~となったからだそうな。無料でお酒を飲みながらテレビで見ればいいや~ということ。だからチケットが余ってたそうな。そこでAちゃんにチケットが回ってきたというわけ。

確かに、ダブリンに行く交通費、スタジアムで飲むお金、その後パブで飲むお金を考えたら、ダブリンに行くほうがかなりコストがかかる。ベルファストにいれば交通費も浮くし、飲み代無料!!!ですからね。私でもそうするわ。

ラグビーのチケットやろ?そんなんネットで取ればええやん~。という方。私もそう思っておりました。

しかし。

アイルランドでは、6ネーションズのチケットは"Like Gold Dust"(または単にGold Dustとも言う)。

意味は、なかなか手に入らないチケットということ。U2のダブリンコンサートのチケットと同じ勢いやん!

アイルランドでは、ラグビークラブに入ってないと、なかなか6ネーションズのチケットが取れないらしいんです。一般人にはまず不可能だ、とCちゃんが言っていました。

へ~~~。知らなんだわ~。

Cちゃんはレンスターラグビー・クラブの会員。だから地域ごとの試合のときのチケットは手に入るらしいんですが、それでも会の中で行われるロトで当たらないと買えないらしいです。

アイルランドにおける、ラグビー人気って、やっぱりすんごいわ!(GAAやサッカーも人気ありますよ~)

因みに、Cちゃんは、先日の、ジョニー・セクストンがドロップゴールを決めた、パリでの試合をタグラグビーの友達と見に行っていたそうです。(Cちゃん、タグラグビーやってるんです。本当にラグビー好きなのよ)フランスではアイルランドより多分簡単にチケットが手に入るんじゃないかと言っていました。しかもアイルランドよりお値打ち。今回見た席より、もっといい席で40ユーロだったそう。私たちが手に入れた今回のチケットの値段は、

70ユーロ。

高いよな~。最近値上げしたとCちゃんが言っていました。しかも、Aviva Stadiumで食べると高いし(だから街で食べてから行ったほうが良いと言われました)、ギネスを買おうにも、大行列していて買えず。(コーポレート席ならそんなことないけど)売っていた、プラスチックのボトルのカールスバーグ(ビール)は一本6ユーロもしたし、何するにもアイルランドは高いわ~と改めて思いました。

とにかく、お友達や知り合いの人が6ネーションズのチケットが余っているなんて言っていたら、手に入れましょう!(高いので覚悟がいりますが)アイルランドでは、なかなか手に入らない品物です。

それでは皆さん、ちょっと早いですが、良い週末を!バレンタインデー、楽しんでくださいね。私は会社帰りにヨガに行って、ヨガを楽しんできます。先週、ちょっと調子こいたんで、右肩と肩甲骨辺りが痛いんですけど!月曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.