Stepped up their game! ―Scan as you Shop in Tesco(テスコ)

皆さん、週末はいかがでしたでしょうか?

木曜日。去年、ひょんなきっかけで友達から紹介してもらい、その後メル友となった、アイルランドに住む日本人女性とダブリンで初対面!私よりもずっと長くアイルランドに住んでいらっしゃる方です。会う時間が1時間ほどで、お互いに話し足りず。聞きたいことの、3分の1も聞けませんでした。とても素敵な、興味深い方で、話が弾みました。またダブリンにいらしてくださいね!今度はゆっくりお話ししましょう。

金曜日。天気が良かったんで、帰宅した後は走りにいこうと思ってたんです。しかし仕事が忙しくて、結局この日は午前7時45分から仕事をし、お昼休みの1時間を挟んで午後7時まで仕事をしておりました。それでも終われなかったんですよ。

会社のシステムが新しくなったおかげで、使い方がわからず戸惑い、いちいち人に聞かないといけない始末。教えてもらっても、いまいち波に乗り切れてないので、えらい時間がかかる。情報をシステムから取っても、すべて欲しい情報が出てこず、しかも抜けてる。イライラ。爆発しておりました。(気が短いから、ついつい)帰宅したらもう午後8時半過ぎ。走る気力なんて全くありませんでした。

土曜日。朝ヨガへ。ヨガのインストラクターさんがすごく若い女性で、20代半ばくらい。なせダブリンに来たのか聞かれ、U2が好きだからダブリンを選んで来たといったら(もちろん英語習得が最大の目的)、珍しく笑われなかったんです。大概「嘘やろ?」といって笑われるんですよ。その上ボノの悪口を聞かされるのが常。しかし、彼女は違いました。

「私、ボノの生家(若いころ。北に住んでいた。https://www.irishtimes.com/news/ireland/irish-news/bono-brings-it-all-back-home-to-cedarwood-road-1.1933452)がある道路と同じ道路に住んでるのよ!」

と言うではないか!しかも彼女の家が、ボノ生家の斜め前らしいんですよ。あまりにランダムで笑ってしまいました。Such a small worldですねえ。

Such a small worldなダブリンに住む私ですが、今まで見たことも聞いたこともないことに出くわして、「あら!!!」なんて思うことがよくあります。18年住んでてもこれですわ。毎日発見&学びの日々なのです。そんな中、イースターサタデーに、あることに出くわし、びっくりしました。


この日、Bさんがテスコで買い物をするというので、私も付いて行くことに。もちろんAちゃんも一緒。北にある、大きいテスコへ行くことに。

テスコはアイルランドにたくさんのお店を持っています。小さいExpressから大きなところまでいろいろ。私が一番お世話になっているスーパーでもあります。猫餌はテスコで毎週末大量に買っていますし、野菜もテスコがほとんど。ダンズストアーもかなりお世話にはなっておりますけど、金額的にはテスコで一番使ってます。

そんなテスコのイギリスでは普通のように導入されているシステムのようですが、私はダブリンでは見たこともありませんでした。そんなNorthsideのテスコで、「あら!!!」なシステムが導入されていたんです!

イギリスに住んでいる人から見たら、「今更何言ってるん?そんなん数年前から導入されてるわよ。」と言われるでしょう。アイルランドは所詮田舎なので、イギリスから波が来て、到着することが多いですが、その際、時間がかかることがあるんです。これなんですよ、そのシステムって!

IMG_2887.jpg

Scan as you shop。


お店に入ったときに、入口でスキャナーを借ります。

IMG_2883.jpg

買いたい商品を手にして、スキャナーで自分でスキャン。

IMG_2885.jpg
Aちゃん、ヌテッラをスキャン中。

その後はカートに入れる、または買い物袋に入れてしまってもOKなのだ。

IMG_2886.jpg
ライバル会社、ダンズストアーの袋にテスコで買った商品を詰めるBさん。

上のスキャナーの写真をもう一度見ていただくとわかりますけど、ちゃんといくら商品を買っているのか、いくらお金をセーブできてるか、そして商品の数が一目瞭然。間違ってスキャンしてもちゃんと取り消しができるので安心。

スキャン後、商品をすぐ袋に入れてもいいので、レジで並んで、商品をスキャンしてもらうのに、テーブルにおいて、スキャン後商品をカートに入れる、または持ってきた袋に詰めなおすという行為が省けるのである。そのうえ、並ぶ時間も節約できる。店員さんがスキャンする時間も省ける。一石二鳥なシステムなのです。

支払いは指定されたレジへ行き(どのレジでもいいわけではない)、レジの人にスキャナーを返却。すると、レジの人がスキャナーで、カートや袋に詰められた商品をランダムにもう一度スキャン。そしてOKなら即支払いし、さようなら~なのです。

Bさんは、かえってスキャンして、袋に詰めるのに時間がかかると言っていましたけど。。。ちょっとそうかな、と私も思った。結局最終的にはレジに並ぶしさ。まあ、並ぶ時間はかなり短縮できてるけれども。

でもこのシステム、「お客さんを信用」して初めて成り立つシステムですよね?

大量買いすれば、ズルできちゃうよね?スキャンしないで商品をカートの下のほうにいれたら、たぶんランダムスキャンのときにスキャンされない確率高いしさ。Aちゃん曰く、若い子がお酒買うのに、この手を使うだろうというのである。ああ、わかる!お金ないけど、お酒飲みたいという気持ちからやりそうやわ。とにかく、テスコは結構チャレンジャーだと思います。

このシステムを導入した、チャレンジャーなテスコに大喝采!他社に差を付けてるわ。最近のテスコ、頑張ってるなあ。

しかし、Aちゃんがこんな一言を私に言い残しました。

「あと数か月で、このシステムは消えると思う。」

多分数か月後に、大量に商品をスキャンされず持ってかれてしまい、大量のロスが出たことに気が付くのではと、Aちゃんは予想しています。さて、どうなりますやら。数か月後に行って、確認してみようと思っています。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

スーパーバリューもこのサービスありますよね。利用したことないですけど、、ルアスも電車もキセル乗車しようと思えば簡単だったり。。信用で成り立つシステムは抜け穴が多い!笑

Munchkinさんへ

スーパーバリューもこのサービスがあるんですか!うちの近くにないので、全く知りませんでした。教えてくれてありがとう!キー沿いのスーパーバリューにはないんですよね。まあ、あそこは店舗的に小さいし、大量に買う人は少ないだろうから、ないのはわかるけれども。このサービスは、郊外の大きな店舗だけかもしれませんね。

ルアスのキセルはしょっちゅうでしょうし、バスもありますよね。ガラの悪いガキがよくやってます。先週土曜日5人のガラの悪そうなガキが一度にやってました。ドライバーさん、注意せず。怖いんでしょうね。わからんでもないです。ガキの一人が、じろ~っと見ていた客に文句言ってましたからね。お前が言うか、その口で!と思ったけど。注意してるドライバーさんも中にはいるんですけどね。

おっしゃる通り!信用で成り立つシステムは本当、抜け穴が多いですね。スカスカやん~みたいな。笑!

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.