Bさんは素手とお熱いのがお好き!

またクルーズ旅行の話に戻ってしまうのですが。。。

いや~、本当に面白かった。Bさんの膝と私の腰(プラス右足全体)の痛みを除けば、本当に楽しい旅行でした。

VENICE 3
クルーズ船から見たサンセットは最高やったな~。

自分の40歳の時にもクルーズ旅行にAちゃんと行きましたが、Bさんはもうなんだか。。。面白すぎるのです。桁外れ。

買い物で暴走した話も、親友のMさんに話たら、毎度のことらしい。笑ってもいませんでした。Bさんにとって、買い物はObsession なんですって。だからAちゃんが、Bさんを止められないと言ったわけ。MさんもBさんを止めるのは無理って言ってたしね。普段からそうだとは思っていましたが、旅行中は本当に凄かった。ここまで買い物にObsessionな人は生まれて初めて出会ったかも。

私も買い物に行くと、何軒か入っては、入り浸ってしまうし、ダブリンにいると、毎週末は買い物に出かける。ファーマーズマーケットなんて行ってしまったら、持ち合わせのお金のことを忘れ、少々高くとも買う。特に、猫の餌が少しでも減ると、気が気でないので、すぐ大量に買うんですよね。Aちゃんから言わせたら、猫餌Obsessionらしい。昨日もAちゃんがテスコに行くというので、卵と冷凍ピザ(最近出た、ベジタリアンの)を買ってきてと頼んだんです。

piza 1
意外と美味かったんでびっくり!(www.tesco.ieより抜粋)

そしたら、

「猫餌は買わないわよ!」

とダメ押しされてしまいました。頼もうと思ったのにな~。人のことは言えませんね。


さて、話がいつもながらにそれたので、戻しましょう。

旅行に出ると、普段やっている癖が出るのは当たり前。Bさんもしかり。

ディナー中、ウェイターのブラジル人の男の子がパンを配りに来ました。ステンレスの入れ物に5種類ほどのパンがいつも入ってるので、「これください。」といって、欲しいパンを指さし、彼にトングで取ってもらって、お皿に乗せてもらう。まあ、どこのレストランに行ってもそうですよね?

しかし!

Bさんは、どれがいいか聞かれて、「これがいいわ!」と言いながら、自分の手を入れ物に突っ込み、自分でパンを、しかも素手で取ってしまったのです!

それを見ていた、隣の席の女性がすごい嫌な顔をしたんですよ。私も嫌ですよ、だって、日本じゃないから、おしぼりがあるわけではないから、手はいろんなところを触っているんですもの。びっくり!慌てて注意したら、

「いいじゃない~。何が悪いの?」

とあっけらかん!笑うしかなかった私。そしてBさんは次の日も素手でパンを取ってしまっていました。もちろん注意しました。普段家でやってるから、どうしても出てしまうのよね。

ある日、エクスカーション後、お腹が空いたので、食べ放題のランチへ。普通にレストランで座って食べることもできるのですが、時間帯によるんです。食べ放題も時間によって閉まるんですが、ちょうどその日は開いていたので、3人で行くことに。

ハンバーガーやホットドック、ピザはまずかったんですが、見た目まずそうなサンボやラップ(Wrap)が意外と美味しかったんですよ。新鮮だったんです、中に挟んであったサラダが特に。下手したら、ダブリンのカフェの中に挟むサラダなんて翌日のとしか思えやんときありますよ。色が変わってるサラダ、平気で挟んでくるところあるんです。だから、これには3人ともびっくり!ラップを食べたBさんが、美味しいからもっと持ってくると言い、席を立ちました。

数分後、戻ってきたのはいいのですが、両手に一つずつラップを持っているではないですか!お、お皿は???乗せて持ってこやなんだん???

「はい、ティファニー。これ、美味しいから食べなさい。」

と手に持っていたラップを一つ、私のお皿に置くBさん。素直にありがとうと言い、それ以上何も言いませんでしたが、どう考えても手で取って持ってきたとしか思えない。この話をイタリア人G君に言ったら、大爆笑していました。

そして、Bさんは「熱いコーヒー」「熱い料理」がお好き。

これはBさんだからではなく、たぶんアイルランド人だから。寒い国にいるから、温かいというより、熱い食べ物が好き。ぬるくなると美味しくないと言う。だからLecce(レッチェ)でアイスコーヒーを飲んだけど、好きじゃなかったのは、味と量もあるあったけど、熱さに問題があったのではと思います。アイスコーヒーなんて飲まないというし。

最近ですよ、アイルランドでもアイスティーやらアイスコーヒーが売り出してるのは。1999年なんてありませんでしたからね。アイスコーヒー飲むと言ったら、そんなまずいもの!と、アイルランド人に言われた記憶がありますもん。飲んだことがあるのか聞いたら、ないけど冷たいものはまずいって言われたしね。飲んだことないのに言うな!と思ったけど。

残念ながら、クリーズ船のコーヒーがちょっとぬるめだったんです。特に食べ放題のところに置いてあるやつはだめでした。

「ぬるくてまずいわ、このコーヒー!」

といいながらも飲んでいましたけど!!!イングリッシュティーも美味しくなかったなあ。Barry's Teaを出せとはさすがに言えない。きっとBarry's Teaなんて使ったら高くついてしゃ~ないだろうから。今度クルーズ旅行に行くときは、Barry's Teaの箱を一箱スーツケースに忍ばせる予定でいます。

いや~それにしてもやっぱりクルーズ旅行はええわ~。大好き!今年、もう一度行きたいってAちゃんが言ってるんですよ。昨日、車のマフラーが外れて、200ユーロほどの修理代+犬のプーカのアレルギーと食道炎で病院通いが続き、大出費中。お金がないから、家を出て、Bさん家に戻り、部屋をほかの人に貸すって言いだしたんですよ。お金ないけど、旅行は別らしい。こちらの人って、金融機関からお金借り手まで、旅行に行くしね。あり得へんわ~と思うけど。

AちゃんとBさんには内緒でこの記事を書いています。。。書いたと言ったら、たぶんど叱られるので、(私は面白いと思って書いていますが)私のお友達は、お二人には間違っても言わないようにお願いします。

ベネツィア、素敵な街やけど、観光客だらけで(自分もやけど)、高いわ~。レストランで普通のお味のピザを食べたら、サービスチャージ12.5%の上に、チップまで払わんといかんかったしね。ダブリンのほうが良心的やん。大好きな街ではないな、やっぱり。

VENICE 1

綺麗な街やけどさ。。。
VENICE 2

今度は違う港から出発するクルーズ旅行に行くと思います。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.