FC2ブログ

さようなら、Café en Seine (カフェ・アン・セーン)!

「さようなら~、さよな~ら~。好きになった人~」と言う、都はるみさんの歌をつい思い出しました。若い人は、知らんだろうな~この歌。



さようなら~なんですよ、Café en Seine (カフェ・アン・セーン)。因みに、日本語読みは勝手に私が付けてますので、ご了承ください。

ダブリンでは知らない人はいないくらい、有名なバーでした。数か月前から閉まっております。

IMG_3767.jpg
悲しい!現在の姿。。。

なんで有名だったか、というと。。。バーのデコレーション。フレンチ物ばかり!オーナーさんが、フランスに行って買ってきたものばかりで飾られていたのです。2年前に私が撮った写真です。シャンデリアとか綺麗でしょ?

IMG_6666.jpg

IMG_6661.jpg

IMG_6660.jpg

IMG_6659.jpg

ダブリンに来て、わざわざこんなフレンチバーに誰が行きたいと思っとる!というお声も聞こえてきますけど、実はここへ女性の外国人の子たちを連れてくると、大喜びしてました。ダブリンに来て、おっさんパブとか、いかにもアイルランドパブばかりは飽きるんですよ。そんなの田舎に行ったら腐るほどあるから。ダブリンに来たら、お洒落なところにも行きたくなるのが女性心なのです。

私も初めて入ったとき、すごく素敵だと思って、一気に好きになったのを覚えています。結構ここへ行きましたよ。土曜日の夜はナイトクラブみたいになるんで。一時お金を取っていたはずですけど、いつの間にかやめて無料になってたなあ。

でも無料になってから、客層が。。。悪くなったんです。

ここがオープンしhたときは、お金持ちの客ばかりだったそうですからね。前にもこのブログに書いたと思いますけど。しかし近年は、土曜日の夜はほぼ外国人。若年化し、ぶつかっても謝らない、失礼な奴が多くなった。女探しをいかにもしているような男もたくさんいて、雰囲気悪かったし。

なので、会社帰りや週末昼間以外には寄ることは無くなりましたし、私と同じことを言って、行かなくなったアイルランド人が周りにたくさんいました。ちょっと残念でした。

そしたら突然の閉鎖!リノベーションするんだそうな。

すべてのデコレーションやキッチン物、テレビ、オーディオなど、すべてオークションで売りにでることになったんです!

なんか記念に欲しい!!!

結構ここには思い出があるもん。たくさん踊ったよな~。友達の誕生日が開かれたりもした。日本人の人で、このブログでお知り合いになった方々を連れて行ったこともあったなあ。喜んでもらってすごく嬉しかったわ。それに。。。すんごい強烈キャラクターのアイルランド人とデートしたのもここやったし、ここで売春婦と間違えられたこともあった。

どうする!?もうCafé en Seine (カフェ・アン・セーン)物にお目にかかれないんよ!

続きは明日に。。。

IMG_6665.jpg


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.