FC2ブログ

終わった!Rose of Tralee (ローズ・オブ・トラリー)2018

昨日、優勝者が決まった、Rose of Tralee (ローズ・オブ・トラリー)2018。

見ていた方、多かったんじゃないでしょうか?私は用事があってほとんど見ることができませんでしたが、優勝の瞬間は見ることができました。

優勝したのは。。。ウォーターフォード・ローズ、Kirsten Mate Maher。21歳の学生さん。



一昨日出演しました。その時、こんな歌を歌いました。


ドレスが素敵なのがものすごく印象に残っております。ドレス、すごく可愛いですもん!私が着たら、脱げ!と言われて殴られると思いますけど!

ミックス・レイス(Mix Race)なので、そのことでも印象に残っている人が多かったかも。でもだから優勝したってネットで書いている人が結構いるみたいで(実際に見ました)。。。もし優勝しなかったら、そっちのほうが「差別!」と言って問題になるからとかね。

ありえる話だけど、だからって優勝したのかは私にはわかりません。審査員と違いますからね。でも変にアメリカから来たローズに優勝してもらうより、実際にこの国に住んでる人が優勝したほうが、私は個人的に嬉しいです。

アメリカといえば。。。余談ですが、アメリカ人の観光客がアイルランドに来ると、

We are Irish!

と言って、さも自分はアイルランド人だとクレームすることがあるんです。あれ、日本人の私から言うのも変ですけど、イラっとくるんですよ。どうせ曾祖父さんとかがアイルランド人だったと信じているだけの人が大半で、ちゃんと調べてないひとがこれまた大半だと思うから。Aちゃんも、アメリカ人のこのクレームは嫌らしい。


来年はどの州のローズが優勝するかしら!楽しみです。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.