FC2ブログ

Pope, フランシスコ (ローマ教皇)がいらっしゃいました-その2

ポープ到着時。

私は家にいましたが、その後すぐにヨガ教室へ行ったため、ポープがうちの近くの道を通ってダブリンの街に行ったことを全く知らず。帰宅後Aちゃんに教えられました。

Aちゃんもテレビを見ながら、な~んとも思わなかったらしく、後に後悔!このルートは取らないだろうと思っていたルートから街に行ったのですよ。なので、沿道に人がほとんどいなかったらしい!ちょっと車で運転すれば間に合ったかもしれなかったんです。ポープを間近で見るという、せっかくのチャンスを台無しにしたわけです!

そんなAちゃんですが。。。

彼女はもちろん(?)カトリック。しかし、ポープがいらっしゃることで、ワクワクなんて全くしてませんでした。別に毎週教会に行くこともないですしね。クリスマス時期に1度行くくらいですもん。私のほうが教会に行く回数が多いのよ、実は!(ちなみに私は仏教徒ですが、月に1度ほど通っている教会が一箇所だけあるんです。でもミサには行きませんが)

私がヨガ教室の後、オコンネルストリートにポープを見に行くと言ったんです。前日まで行かないと言っていたAちゃんですが、当日になって「やっぱり行く。」という!こんな機会ってないわよね?とか言って!

前回は79年。かなりの年月が経ってるわけです。次回にはもうフランシスコ (ローマ教皇)は生きていらっしゃらないだろうし、私達自身も生きてない可能性が大だわよ!

ということで、ポープがオコンネルストリートにいらっしゃる時間帯に合わせて、二人で家を出ました。

オコンネルストリートに着くや否や、入り口ではカバンチェックが!身体チェックまではしませんでしたけど。ちょっとびっくりだったけど、ポープですもんね。チェックは必要。ちなみにヘンリーストリートでもカバンチェックが行われていました。

テレビを見た時には、オコンネルストリートにはあまり人がいなかったのですが、到着したら結構いたんです。とはいえ、思ってたよりは少なかったです。

FIQV7434.jpg

KIGE3085.jpg

ちょっと時間があったので、ヘンリーストリートにあるバトラーズへコーヒーを買いに行ったんですが、サービスががえらい遅い!l機械はロイヤリティーカードを読まないし。(ポイント付かへんやん!)その上コーヒーがちょっと温めでがっかりでございました。でもギリギリセーフでポープを拝見できましたよ!

あっ、キタキタ!!!(左端)
ONLI4509.jpg

あっ、去ってった!!!(右端)
PHOTO-2018-08-26-22-00-58.jpg

ポープモビールの進む速さがやたらに早かったんですよ!沿道で何時間か待っていた人がっかりやったと思う。セキュリティーやスケジュールの都合があるんだろうけど、早すぎるわよ!

とりあえず、チャーチストリートの方へ行こうということになり、歩き出したのですが、ポープの頭上には1台のヘリコプターが。もう一台はちょっと離れたところで浮上。ヘリコプターの動きを見れば、ポープが今何処にいらっしゃるかわかるわけです。歩いてる間に、ヘリコプターが飛んで行き。。。絶対間に合わない!

諦めて、デームストリートへ。ダブリンキャッスル(デームストリートにある)の前でRTEが放送していたので、ちょっくら寄って見ることにしたんです。

いた!Miriam O'Callaghan!!!(ミリアム・オカラハン、とこのブログでは書きます)
QHGX0160.jpg

58歳だそうですが、むっちゃきれい!こういう年のとり方をしたいもんです。
SGCL4612.jpg

そのちかくではこんなプロテストが行われていました。

TSIY4501.jpg

EKPL8527.jpg

神父の子どもたちへの性的虐待など、本当に問題が多いカトリック。ポープがちゃんと謝罪してないやら、張本人の神父をかばったり、教会自体が隠蔽してましたから、怒るのも無理はないんですよね。こちらは静かにプロテストを行っており、その静かさがかえってパワフルでありました。

その近くのバーでも。。。

SGBP6674.jpg

見て思わず笑っちゃったけど、笑い事ではないんだよな。

オリジナルはこちら。。。


とりあえず、Bさん家に行かなければ!次に行く場所があるんです!早歩きで歩かないと、ちょっと間に合わないかも!

続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.