FC2ブログ

Pope, フランシスコ (ローマ教皇)がいらっしゃいました-その3

土曜日の夕方、行かなければ行けなかった場所は、

Croke Park! (クローク・パーク)

QUNM6049.jpg


実はコンサートのチケットが前日手に入ったんです!たまたま金曜日の夜はBさん宅にて、ホームステイしていたイタリア人の50代のおっちゃん二人のお別れディナーを行っていたのです。このおっちゃんたちが素晴らしい人たちで、料理はうまいわ、礼儀正しいわ、面白いわで。。。もう私の理想の旦那像そのまま!彼らは一週間しか滞在してませんでしたけど、みんなのお気に入りの人たちとなりました。

そのテーブルで、ポープが来る話が出たんです。(お二人ともカソリックで、一人は神父!もう一人は教会で歌ってる)そこで、Bさんが、近所のお友達からチケットを譲ってもらったのでコンサートに行くと言ってたんです。私もミサにはよう行かんけど(仏教徒なんで)、コンサートなら行きたいわ~なんて言ってたんですよ。

そしたら!

その後、昔Bさん宅に滞在し、神父になるレッスンを受けていた(結局やめた)J君が、チケットが何枚かあるとBさんに連絡!おかげで私、AちゃんのおじさんDさん(お別れディナーに来ていた)、行くのを嫌がっていたAちゃんの3人が行くことに!いや~、口に出して言ってみるもんね~。最近いいことあるんよ、私。ちなみにイタリア人G君も行くようにBさんに言われましたが、むっちゃ嫌がり、断っていました!

クローク・パークのコンサート開始が6時半。5時45分には席に着くように言われておりました。Bさんによると、早くから人々がクローク・パークに続々と集まってたらしいです。

GZEF5259.jpg
午後5時過ぎには行列している入り口も!

続々と皆さん集まって来ましたよ~。
EZLO3963.jpg

ちょっと空席が目立ちましたけど、結構たくさんの人がいたほうじゃないですかね。

時間きっかりにコンサートが始まりました。主なところだけご紹介しましょう。

The Priests。Deus Meus Adiuva Me (12世紀のアイルランドの賛美歌)を歌いました。途中、二人のアイリッシュシンガーが登場。一緒に歌っておりました。
CSCD1094.jpg

歌と詩の間にFamily Testimony(家族の証言)が何人か入りました。選ばれた人たちが舞台に上がり、自分のファミリーやら境遇の話をしました。このコンサートはWorld Meeting of Families - Festival of Familiesですからね。席がかなり上の、舞台からかなり遠くだったためもあり、お話の内容が聞きづらい。特に外国人の人で、アクセントがきつい人のは分かりづらかった。クローク・パーク自体、音声はいまいちなんで、それも助けにはなってませんでした。

皆さんご存知!のエンヤのお姉さん、Moya Brennan。3人の女性シンガーとともに、Woman of Irelandという曲を歌いました。

XYVD8154.jpg

でも、エンヤのお姉さんともうひとりの人は普通の服で登場。もう二人はロングドレスで登場したのに。洋服くらい、みんなで事前に打ち合わせすればいいのにと思いました。まあポープが登場する前なので、ポープには見られてないのでどうでもよかったのかもですけど!

その後地元の学校の子どもたちのダンス&歌などがあり、なかなか良かったですよ。

LJUD8996.jpg

そしてもう一つ、ポープが登場する前のハイライトはやっぱりこの人!Nathan Carter(ネイサン・カーター)!!!

EOBQ9820.jpg

REMのEverybody Hurtsを他のコーラスグループと一緒に歌いました。もう、ネイサン、歌うまいし、男前!うっとりやったわ~。会場の女性たちがキャ~って言ってたし!ちなみに彼はリバプール出身。ご両親は北アイルランド人だそうな。カントリーミュージックを歌います。すごい人気なんですよ。チケットなんてすぐソールドアウトですからね。彼はこれで有名になったんですよ。(だと思っています。間違ってたらすみません!)うちの隣の家のおこちゃんが大好きな曲です。



そして、とうとうポープ登場の時間がやってきました!

続きは明日に。。。まだ続くんですよ。もうお腹いっぱい???すみません。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.