FC2ブログ

Behind closed doors - 閉ざされた扉の向こう

Behind closed doors。

こちらの人と話していたり、新聞や雑誌の記事なんかにもこの言い方が出てきます。

例えば、ビジネス・ディールの話し合いが、こっそり知らないところで決められるときとか、話し合いが裏でこっそりとされるときなど。普段の生活ならこんなふうに使われることもよくあります。私はこちらの意味でよく使いますけど。

They seemed like the perfect couple, but you never know what goes on behind closed doors.

例えば。。。一昨年のクリスマス後の26日、突然アイリッシュの友達MAちゃんが旦那と別居するとWhatsappにみんなメッセージを送ったんです。

かなり衝撃的でした。

だって、子供二人いて、なんの問題もなく、いつも幸せそうだったのですよ。私に、「より好みしないで男性と付き合いなさい!」と言ってたくらい!ちょっと大きなお世話やなとは思ってましたけど!!!自分が幸せな人って、たまに幸せの押しつけをしてくる人がいるんですよ。「誰でもいいから結婚して、子供生んで~。」なんて言う人も過去にいたしね。誰でもええわけないやん!彼女もちょっとそんなところがあったのは確か。でもサバサバしていて、私は彼女のことがお友達として好きです。

同じ年の夏には、旦那さんと二人だけでシェルボーンホテルに泊まり、旦那さんがでっかい花束をあげてたくらい!むっちゃ羨ましかったのを覚えてます。旦那さんはお金持ちなので、彼女は働かなくても贅沢な生活ができていたんですよ。旦那を持つならこんな旦那!と思ってましたしね!!!(こんなんだから誰も見つからないと言われたらおしまいやわ!)

しかし、結局別居。現在、離婚調停中なんですよ。泥沼になってるらしい。そんな中、彼女はすでに新しいボーイフレンドがいるんです!(さすが!単に「より好みしないで男性と付き合いなさい!」と私には言ってなかったわけです) あんなに幸せそうやったのに~とは傍から見た意見。閉ざされた扉の向こう側はわからないものだと思いました。

そして昨日。

こちらやイギリスでは有名なセレブシェフ、レイチェル・アレン(Rachel Allen)。このブログでも数回ご紹介したことがあります。彼女の18歳の息子が昨日コークで捕まったんです。30,000ユーロの価値(1.5KG)があるカナビス(大麻)を持ってたんです。これを人に売る目的で。(ネットや新聞に写真が載りまくっているので、このブログでも載せることにしましたので、ご了承ください。写真はextra.ieより抜粋しました)

RACHEL 1
(extra.ieより抜粋)

写真だけ見てたら、幸せそうな母と子にしか見えませんよ。そんな事する息子にも見えないしね。レイチェル側が昨日ステートメントを出したんですが、過去に問題を起こしたことがなかったそうですよ。でも、裏で実際とんでもないことをやっていたわけです。

大量のカナビスを持っていたあたり、かなりギャングから信用されていたのでは、と私は勝手に思っておりますが、どうでしょうか。有名人の子ともあれば、やっぱり違う待遇なのかもしれません。

いつも思うんですよね。。。幸せそうに傍から見えてるだけで、実際は違うことが多いという事実。


このブログでも前に一度記事にした、同僚のブラジル人Dちゃん。出戻りの人ですけど、ニコニコしていて、嫌なことなんてなさそうなんんですよ。でも話を聞いてたら、10歳年上の彼氏から、金目的で付き合ってるんだろ!と言われ、数ヶ月前に結局さよならしたんですよ。3年も一緒に住んでたのに。

現在とても寂しいみたいで、一人で教会へよく行くらしいし、私に週末食べに行こう!と誘ってくるし。(先月、スペイン人の同僚Mちゃんと3人で行きました)見た目だけではわからん、裏に寂しいものを持っているんだということがわかりました。

みんな、自分には不利なことは言わないじゃないですか?だからついつい表面だけ見てしまって、幸せな人なんだと勝手に判断してしまう。蓋を開けたら、全然ちがってたなんてことはよくあるパターンですもんね。特に自慢シイの人なんて、このパターンは多いと思う。Insecureなんよね、要は。

Behind closed doors

閉ざされた扉の向こうは、本当にわからないもんです。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.