FC2ブログ

Airfield Estate - Food Festival (エアフィールド・エステート・フード・フェスティバル)ー後編

それでは水曜日のブログの続きといきましょう。

住宅街に存在するエアフィールド・エステート。少し遠くを見ると山。近くを見るとアパートという、ちょっと不思議な感じがするところ。よくぞ存続しましたね~と言いたくなる。普通なら、潰されてアパートになってるんじゃないかしら?

都会の中にポツン、といった感じですが、そんなポツンとした土地には動物や畑、ガーデンがあってなかなか素敵でした。そんなに大きくはありませんけどね。

IMG_4235.jpg
左は山、右はアパート、そして真ん中はフィールドが広がる。

サラダが美味しそう!このまま取ってちょっと洗って食べたら美味しいだろうな~。
IMG_4247.jpg

おお、ヴィンヤードまで!
IMG_4239_2018091307293200c.jpg

うわ~、ちゃんとぶどうが育ってるわ!(取らないでください、って注意書きがあったのが印象的でした。取るやつおるんや!)
IMG_4240_201809130729340c4.jpg

こちらはなんだと思います?実はキヌア!こんなふうに実るなんて知りませんでした。恥ずかしい限り!
IMG_4244_20180913072935d08.jpg

もちろん鶏もおります。Bさんの大好きな動物の一つです。
IMG_4259.jpg

ロバ(雄)が二頭いました。リスも駆け回っていましたよ。幸せそうな顔にホッ。
IMG_4260.jpg


ここには一軒のお屋敷があります。

IMG_4261.jpg

Trevor TL Overend (トレバー・ティー・エル・オーバランド、とここでは読むことにします)という、ダブリンの弁護士が1894年に購入したお家です。ここに最後に住んだのは、Letitia(レティシア、とここでは読むことにします)とNaomi (ナオミ、とここでは読むことにします)のお二人の姉妹。
IMG_4267_201809130736557bd.jpg

お屋敷の横。ガーデンが広がっているんです。小さいけど、素敵ですよ。
IMG_4264.jpg

きれいなお花が咲いていました。
IMG_4263.jpg

お屋敷の前。たくさんの木が植わっていました。ピクニックにもってこいの空間!ここで外ヨガやったら、絶対気持ちいい!
IMG_4262.jpg

こちらはたしかナオミさんの所有の高級車だったはず。
IMG_4250.jpg

ご自分で運転してらしたそうで。
IMG_4255.jpg

こちらはロールスロイス20。当時女性でこの車を乗り回すなんて、かっこよすぎるやん!お屋敷には昔のスキー板もありました。結構アクティブなお二人だったようです。
IMG_4248.jpg

こちらのエステートは38エーカー。1974年にレティシアさんが、1993年にナオミさんが亡くなってからは、慈善団体により経営されて、一般に公開されています。2013年に11ミリオンユーロかけて改良されて、カフェができ、施設がより良くなったのです。この日は無理でしたが、普段はお屋敷のセルフガイドツアーができますし、もっとたくさんの動物達も見れます。

ルアスでダブリンのシティーセンターから簡単に行けてしまう距離にあるエアフィールド・エステート。小さい子供さんを連れた家族連れにはもってこいだと思いました。この日はカフェで食べませんでしたが、カフェのご飯がなかなか美味しそうでした。ここで出される肉類や卵などはここで育った動物たち・収穫されたものだそうです。

クリスマス前の11月後半からクリスマス用の子供向けのイベントもあるし、他にも家族で参加できるイベントをいくつか行っています。子供さんがいなくてももちろんOK! お時間があったらぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?私もまた行こうと思っています。

それでは皆さん、良い週末を!月曜日にお会いしましょう。








ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.