FC2ブログ

ロンドン旅行2018-Ceremony of the Keysへ行ってきたで!

皆さん、週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

アイルランドはだんだん寒くなってきていますよ。今日はじめて黒の冬用タイツを履きました。バスも朝は先週からヒーターが入ってます。アイルランドは去年のように冬は雪がたくさん降るという予想がています。さて、どうなるでしょうか?去年の大雪のようになるんでしょうかね。そんなことにならないことを願います。

さて、今日もロンドン旅行の続きです。

今回のロンドン旅行の本当の目的はTower of LondonのCeremony of the Keysを見ることでした。ビデオをご覧ください。



Sトラベルさんに教えてもらったんですよ。しかもチケットまで予約してもらったんです。ありがたいこと!

皆さんのほうがお詳しいでしょうが、一応説明を。。。こちらは無料で見ることができるんです。毎晩行われるので、毎晩見れます。

しかし!

超人気のため、現在2019年の11月までSold out! 昨日の時点では2019年の12月が二日分だけ買える状態!


2019年って何???

1年先までチケットが売り切れってすごいですよね!そんなイベントはアイルランドにはないわ~と思っていましたが、似たようなレアなのがあります。ニューグレンジの冬至のチケット!朝、チェンバーに行って見れるんです。今年は28,525人が応募したそうです。抽選で当選した人50人しかチェンバーに入って見れないんです。しかも12月18日から23日まで。このブログでも前にご紹介しましたけど。

話を戻して。。。Ceremony of the Keysは一度に約25人ほどしか入れないのですよ。(40人は入れると書いてあるサイトもありましたのでどうでしょう?私が参加したときは、私達約25人+特別ツアーの方20人ほどがいました)そんなチケットが運よく取れたんです。(勿論Sトラベルさんに取ってもらったんですけどね)本当、ラッキーやったですよ、私達。ちなみにSトラベルさんは前にも見たことがあるそうです。さすが、ロンドンに詳しいだけのことはある!

Ceremony of the Keysは長い時間やるわけではありません。儀式自体はすぐ終わるんですが、その前後に説明があるので、トータル約30分ほどで終わります。

人がほとんどいない、夜のロンドン塔って、いいですよ~。一味違います。私達が訪れた日(23日日曜日)はほぼ満月、中秋の迷月が翌日だったんですよ。だからお月様がいつもより、数段綺麗だったんですよ。その上、衛兵の皆さんがまだあの赤い服を着ていたのですよ。ちょうど上のビデオのようにグレーのコートを着る前だったんです!まあ、なんてついていたのかしら、私達!

衛兵さんたちの家族も合わせて訳130人ほどが住んでいるロンドン塔。このCeremony of the Keysは700年以上も行われており、タワーの安全を確保しているのである。しかし週に1度は誰かよそ者が侵入しようとしたりするらしい。酔っ払いとかね。そのたびに警察を呼ぶんだそうな!

それにしても夜のロンドン塔は素敵やわ~。ロンドン塔だけじゃない、周りの景色も本当に素敵なんですよ。近代的な建物+昔の建物がうまい具合に融合していて、全く違和感がない!その上夜はとてもロマンチックでございました。来年は彼氏と来てね、とSトラベルさん。もちろん!!!Ceremony of the Keys、お勧めです。 https://www.hrp.org.uk/tower-of-london/explore/ceremony-of-the-keys/#gs.dOQ883Q

IMG_4334.jpg

IMG_4331.jpg

IMG_4332.jpg


明日、明後日、ブログをお休みさせていただきます。木曜日&金曜日にアップする予定です。よろしくお願いいたします。

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.