FC2ブログ

ウィックロー(Wicklow)の旅―ウィックロー刑務所とブラック・キャッスル

先週末、イタリア人のお友達ANさんと二人でウィックローへ行ってきました。

ウィックローへ行ったことはあるんです。ナショナルパークには。でも街には行ったことがなかったのです。数か月前にAちゃん、BさんそしてTちゃん3人が行き、こちらに絶対行かないとだめよ!というので、行ったことがなかったANさんと一緒に行くことにしたんです。

Wicklow Gaol-ウィックロー刑務所。Gaolという単語は古い言い方。Jailというのが現在の言い方。AちゃんはGaolとは言わず、Jailと言います。私がGaolというと、今はそんな単語は使わない!と言うんですよ。ええやん~、意味一緒やし!



IMG_4372.jpg

IMG_4377.jpg

大人入場料は8ユーロ。自分でできるオーディオツアーもできますが(デポジット5ユーロ)、その前に、係りの人が20分ほど簡単に歴史を紹介してくれます。1798年の反乱の時から使われていたそうです。ジャガイモを盗んで7年入れられた女性とかもいましたし、逮捕されれば、食べ物はもらえるから、飢饉のときはわざと盗んで逮捕される人が多かったそうです。その後、オーストラリアやアメリカに渡ることになった人たちがたくさんいました。だからアメリカやオーストラリアには、アイルランド人を祖先に持つ人が多いんですよ。

牢屋に入ると、マネキンがおり、その人たちのお話が聴けます。
IMG_4348.jpg

ネズミズミもおる!ぎゃ~!
IMG_4349.jpg

地下には拷問をした時に使った器具や、マネキンがマネキンを拷問している展示もあります。もう、雰囲気悪いですよ。じと~っとしてましたしね。地下だから余計だけど。
IMG_4360.jpg

こちら。彼女が誰だかわかりますか?Anne Devlin(アン・デブリン)さん。横になっているのはお父様。
IMG_4352.jpg

彼女はロバート・エメットの家のハウスキーパーだったんですよ。ロバート・エメッとは反イギリス。彼も反乱を起こして捕まって、死刑になってるんですけど(遺体はいくつかに切断。どこにあるのかいまだに謎)そのため、刑務所に入れられたんですよ。拷問されたんですけど、一切口を割らなかったらしい。

刑務所から出た後、結婚して子供も産んだんですけど、それでもイギリス側にずっとマークされてたらしいです。リバティーズで貧困生活を送り、亡くなったんですよ。彼女のグラフティがリバティーズに現在もありますよ。

彼女のお父さんが入れられていた牢屋はHauntedらしいんですよ。お父さんを訪ねるアンさんが出るそうな。この部屋以外にも、ここの建物自体がHaunted で有名なんですよ。番組でも紹介されました。興味のある方はどうぞ。





お化け見た???と聞きたくなった方もいらっしゃるでしょう。全然見ませんでした。

小さい刑務所ですけど、なかなか歴史深いし、牢屋に入ると、捕まって牢屋に入れられた人の話が聞けて興味深いです。ビデオにも出てきますが、2階にはオーストラリア行きの船が再現されていて、こちらもなかなかのものでした。キルメイナム・ジェイルよりは規模が小さいし、ウィックローということもあり、観光客が少ないので、ゆっくり見て回れる点も良いと思いました。まだ訪れたことがない方はぜひ!

ウィックロー刑務所を見学した後は、ここにあるカフェには寄らず、こちらにぜひ足を運んでいただきたいのです。刑務所から歩いて7分くらいすると、海岸線に到着。ブラック・キャッスルが見れるんです!と言っても廃墟と化していますけど。1117年に建てられたそうです。すっかり風化しちゃって、残念!

IMG_4394.jpg

IMG_4393_2018100306565926f.jpg

少し降りると、小さいビーチがあるんですよ。Stoney Beachですけど!

IMG_4388_20181003065656210.jpg

水がむっちゃ綺麗でした。
IMG_4389_20181003065658ea1.jpg

さすがに寒くで、誰も泳いだり、水浴び&水遊びはしていませんでしたけど。ここから見る景色は、本当にきれい!

IMG_4396.jpg
ブラック・キャッスルから南を見ると、こんな景色が広がります。

IMG_4402.jpg
こちらは北側。

ここから見る景色が本当に素晴らしいのです。お勧めですよ。こちらも観光客がほとんどいないので、ゆっくり見れますしね。天気がいい日は、ここでピクニックもいいと思います。ウィックローの街、小さいけど、なかなかいいやん!

そしてこの後、ある場所を発見!続きは月曜日に。。。それでは皆さん、良い週末を!私は仕事が超忙しいので、残業です。昨日も残業したんですけどね。全然仕事が終わらない!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.