FC2ブログ

ピーターさんの意見、賛成?反対?

昨日の続きネタですが。。。

先日テレビで大統領候補者のディベートがありました。選挙日が近いとディベートを各局が行うんです。Floating votersが(ほぼ決めてる人ももちろん!)ディベートを見て誰に投票するか決めるわけです。ディベート次第でどっちにも転がる。実は大変重要なんですよ。なので、Aちゃんもちゃんと見てます。ちなみに彼女はこの日を境に、誰に投票するか、かえって迷ってしまっています。

そんな中、ピーターさんがトラベラーズについて語りました。それが差別だと問題になっているんです。中には、よくぞ言った!という人達もいます。



その後、ラジオでもその後こんな話をしたピーターさん。




アイルランドにはトラベラーズと呼ばれている人たちがいます。

(ちなみに、ここからは超簡単に私なりの理解と独断と偏見で書かせていただきます。反対意見の方も多く見えるでしょうが、一人の意見として受け取っていただけるとありがたいです)

トラベラーズ=Travellers。旅するわけですけど、アイルランドでトラベラーズと呼ばれている人たちは、旅行に行きまくる人たちという意味合いではなく、定住しない人達という意味合い。例えば空き地にキャラバンをどんと止めて、そこで生活するんです。そこの場所に住めなくなると、違うところに移動する。私の会社の近くにもいましたよ、昔。

ちなみにトラベラーズにはSettled(住居あり)とUnsettled(キャラバンで移動)の人たちがいます。彼らは独特の生活様式を取っており、現在もそれを受け継いでいます。ほかの人たちとは交わらないので、トラベラーズ同士で結婚することが一般的。かなり若いうちに結婚することが多いです。それもでっかい派手なやつをやることが多い。なので、TV番組にも一時なってました。Youtubeで検索すると見れますよ。

ちなみに昔はTinker(ティンカー)と呼ばれていました。昔は手作りで鍋とか作ってたからです。今でも作ってる年配の人がいるんじゃないかと思いますけど、どうでしょう。下のビデオで彼らの生活の様子がわかると思います。



彼らの歴史は500年以上続いてると言われており、興味深いと私は思います。ちなみに彼らは少数派のエスニックグループとも呼ばれてもいます。

しかし、こちらではトラベラーズというだけで、パブに出入り禁止になることもあるし、仕事が取れないことも多いんです。教育も十分に受けれないという問題もあります。キャラバンに住んでいる人たちの生活レベルが低いことも多いのです。去年でしたか、子どもたちが火事に巻き込まれて亡くなりました。

そんなこともあり、彼らは政府から援助を受けております。ピータさんもおっしゃってましたけど、新築の家を政府から無料で提供されても入らなかったりもしますが、実は入っても家を燃やしてしまう人たちもいるんです。税金も免除されていると私は聞いています。だからでしょうか、実はお金をかなり持っていて、現金で家を買うこともよくあります。

だから実際は彼らのことが好きでない人たちが多いんです。せっかく援助していても、恩を仇で返すところがある。ありがたいことだ、と感謝をする気持ちが見えないからだと私は思っています。税金を払っている側から考えたら、がっかりじゃないですか?

自分たちは特別だという意識が本当に強いし。確かに特別ではあるとは思いますけどね。それを逆手に取って、やりたい放題にする人も多いんですよ。ゴミもそこら中にするし、人の家にゴミを投げ込むこともある。人のことは気にしてないと思わざるを得ない行為が多いんです。トラベラーズの仲間内でも揉め事があり、殴り合いの喧嘩をすることもある。もちろん全員ではないですよ、いつでも言いますけど。彼らはほぼアンタッチャブルなんですよ。(と、私は思っている)警察も関わるのを嫌がりますしね。

関わると集団で仕返しに来たりすることも多々あるんで、関わりたくないからと言うのが本音。テレビで取り上げて問題視なんてしないんですよ、普通。

しかし!ピーターさんが今回おかしいと思う点をテレビで発言したため、差別発言だだということで問題になったわけですが、私は彼の言っていることは間違ってないと思うし、(20年近く住んでますから、ある程度は事情が分かりますので)、よくテレビで言ったなあ!と思いました。ピーターさん、度胸あるなと思いました。ちなみにこの人は普段からちょっとトンチンカンな発言をするらしくて、ちょっとトランプ大統領みたいなところがあるんだそうな。

他の候補者が差別発言だと言っていましたけど、私はそうは思いませんでした。同じアイルランド人のことを言っているのに、なぜ差別発言になるんだ?と彼が言っていましたが、同感です。特別扱いがかえって差別を生むと思うんですよ。(毎回ではありませんけど)

他の候補者がトラベラーズをサポートしていますが、別にそれが間違いでもないし、ピーターさんの言うことが間違いでもないと思います。一人の人としての意見だし。それを受け入れられるかどうかだけだと個人的に思います。

とにかく、今回のピーターさんの発言で、一気にピーターさんサポーターに回った人たちもいるようです。投票結果、どうなりますやら!もし彼が当選しても、5年任期にするらしいです。7年は長すぎるからだと。私もそう思うわ。

週末でしかも月曜日はバンクホリデーでブログはお休みなのですが、結果が分かり次第ブログをアップする予定でいます。よろしくお願いいたします。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.