FC2ブログ

変わってしもた!Immigration permission (移民許可)スタンプ5更新-中編

もう、えらいこっちゃやん!

弁護士なんて使ったら、お金、むっちゃ高いやん!更新で弁護士を使いたくないと思った私。更新できるはずだという自信もあったので。

残るチョイスはCommissioner of oathsかPeace commissioner。

でも、一体誰なん、それ?どういう人?どこにおるん?

(こういう人たちらしい。http://www.citizensinformation.ie/en/justice/civil_law/commissioners_for_oaths.htmlhttp://www.citizensinformation.ie/en/justice/civil_law/peace_commissioners.html

全然わからなかったので、同僚Aさんに聞きました。この人達は地元にいるらしく、ネットで探すと出てくることもある。でも全員じゃないので、地元の警察署に行き、リストをもらったほうがいいと言われました。

その前にネットで調べたら、地元の政治家が実はPeace commissionerでもあったんです。なのでメールでお願いしたんですが、返事なし。これはやっぱりリストをもらうべきだという結論に達しました。

Aちゃんにも聞いたら、家のローンを組むときにPeace commissionerにドキュメントにサインをしてもらったことがあるらしい。ということで、Aちゃんについてきてもらって、近くの警察署へ。30分ほど待たされた後、リストをもらいました。

Aちゃんがお願いした人がまだリストに載っていたので、Aちゃんに連絡をしてもらったところ、パスポートを持ってすぐに来てくださいとのこと!Peace commissionerさんの家までAちゃんに車で連れて行ってもらい、サインとスタンプを押してもらい、Section 4は無事完了。

それにしても、なんかえらい厳しくなりましたよ。犯罪歴を書かないといけないし(ないけど)、この国に来てからのStampの種類や取得期間をすべて書かないといけない。(2ページに渡って書きました。いろんなStampを取得してましたから)もちろんこの国に滞在していた証拠を出さないといけない。例えば、年金もらってたとか、税金払ってたとか。(これは前もそうでしたけど)

余談ですが、アイルランドでは、新年度に前年度の税金の支払証明書が会社からもらえるんです。P45と言われるものは、仕事をやめたときにもらえるもの。P60は継続して働いている人がもらえるものです。


これを書きながら思ったんですよ。

もし働いてなかったら、国から追い出されるかもしれないと。

仕事があってよかったと思いました。それに、私はアイルランド人の友人や知り合いがいてありがたいと思ったんです。Commissioner of oathsかPeace commissionerなんて言われてもわからんですよ。やっぱりそのへんはアイルランド人に聞いたほうが早いしわかるしね。

とにかく面倒くっさいったらありゃしない申請書。

しかし書いて提出したらすぐ更新してもらえるわけではないんです。6ヶ月かかるとネットに書いてあった!!!

私が申請書を提出した日が6月27日。6ヶ月かかるって。。。12月になるん???

私のStamp 5,10月7日で切れるんですけど!!!


切れたらどうするん???その前に9月下旬にはロンドン行きも控えてる。日本にも帰りたい。。。

"早く来い来いお正月~"じゃないけど、"早く来い来いStamp 5~"


申請書を受け取ったという手紙がDepartment of Justiceから来た。そこにはやはり、更新には3ヶ月から6ヶ月かかると書いてあった。

なんで更新ごときでそんなにかかるんや!


ちゃんと税金払っとるで!!!と思ったけど、思ったところでどうにもならない。お役所仕事は遅いのが当たり前だし。ロンドン行きまでに更新してくれたら言うことないけど。。。

そしてロンドン行きが迫った9月初め。Department of Justiceから相変わらず全く音沙汰なし。おかげで日本行きのチケットも取れず。ビザが切れる日も間近である。

ティファニー、どうする???

続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.