FC2ブログ

「やっぱりノースサイド(Northside)は最高だ!」と気がついた件

皆さん、週末はいかがでしたか?

ダブリンは雨が降ったり止んだりで、面倒くさい天気でございました。雨が微妙に降ることもあって、傘が要るのか要らないのか、微妙なこともありましたしね。


先日、通っていたヨガ教室が突然閉鎖になった話を書きました。覚えていらっしゃる方も多いでしょう。

私が通っていた教室は北、Nnorthside(ノースサイド)にありました。ここのオーナーは南、Southside(サウスサイド)に2か所教室を持っているんです。こちらの方が圧倒的に生徒が多いんですけど。サウスサイドの教室には同僚のスペイン人Mちゃんが通っています。

教室が突然閉鎖になり、ちょっとパニクっていたノースサイドの生徒たち。(私も含む)

しかし、閉鎖に伴い仕事を無くした先生たちが集まり、近くにスタジオを借りて来年1月から新たにヨガ教室を開くことになりました。

やった!!!

生徒はみんな大喜び!

ノースサイドにはヨガ教室があんまりないんです。あっても私が住んでいるところからはかなり離れた北側だったり、教室があっても高かったり、クラスが少なかったり、微妙に遠かったり。。。通っていたところは立地条件が抜群だったんですよ。だから、先生たちで開く新しい教室はみなが待ち望んでいたことだったのです。


私は取りあえず今月18日まで、同僚スペイン人Mちゃんが通うサウスサイドの教室の方にお世話になることにしたんです。会社帰りに通える距離なんで。その代り、路面電車Luasにお世話にならないと無理な場所にあるので、通えば通うほど余分にお金がかかってしまう。そのため、今までのように週5回通うのは無理となりました。

Mちゃんが通っているサウスサイドの教室は最近新しく改装したんです。(ノースサイドの教室を閉めたから、お金がすべてこちらの教室に注ぎ込まれているらしい)これからここへ少しの間通うことにしたので、土曜日、ちょっくら行ってみることに。いくつかの違いを発見しました。


1)ドアが常にロックされてる
私が通っていたノースサイドの教室は教室自体は2階にあるため、ドアがいつも開けっ放し。その上、貴重品は教室に持っていくので、取られる心配なしだったのだ。おかげで早く着いても入れましたが、サウスサイドの教室は一階と2階に教室があり、常にカギが掛かっており入れず。

雨の日はきっつい。この日、10分前に教室に着いたのですが、クラスをやっている最中だったこともあり、入れてもらえず。寒空の中、待つこと10分。

教室にはレセプションもあるんですが、あるだけで人はいないので、開けてもらえないのですよ。中で行われているレッスンが終わって、誰かが出てこない限りは入れないのである。クラスが始まる10分前には来るように言われていますが、行っても無駄なのだ。


2)ちゃんとした待合室がない
サウスサイドの教室にはちゃんとした待合室がないんです。レセプションのところに椅子が3つあるんですが、前のクラスの人がコートなどを置いているため使えず。結局丸めた自分のマットの上に座って、前のクラスが終わるのを待ちました。

ノースサイドの教室は何人かが座れる長椅子が置かれた待合室があったので、座って本を読んだり、ネットしてました。しかも教室の下がとあるスーパーだったので、スーパーの顧客用インターネットが無料で使えるという特典まで付いていたのである!


3)トイレが一つだけ
サウスサイドの教室は生徒が多いんです。その割にはトイレが一つしかない。レッスンが終わった後に行こうものなら。。。順番待ちです。しかし、ノースサイドの教室にはトイレが二つ!生徒も少ないので、順番待ちなどしたことはありませんでした。

そして最大の違いがこちら。。。

4)生徒が冷たい

何なんでしょうか?クラスが終わるのを待っている間、同じクラスで練習する生徒が到着。しかし、Helloもなしで無言で建物に入ってくるではないか!知ら~ん顔なのだ。Hello!とこちらから言おうとしたけど、目も合わせてくれませんでした。

クラスに入っていったら入っていったで、前のクラスの人たちが二人おり、引き続き私が予約したクラスも取っていたようだった。そのため、彼女たちにHelloと言おうとして顔を見たけど、逸らされた。彼女たちも知ら~ん顔だったのである!

なに?あんたら、サウスサイダーだからって、Posh なつもりなん?

ノースサイドの教室は大概の人はお互いにHello!と言って、声を掛け合っていました。顔見知りになって、待合室でちょっと話が弾んで、プライベートな話をすることもあったんです。待合室からみんな和気藹々で楽しかったのだ。

練習中もしかり。先生がちょっと間違えたり、冗談をいうと、生徒はクスクス笑ってた。というか、私はいつも笑ってたんです。でも、へらへらしながら練習をしていたわけではありませんけど。

クラスが始まる前には先生や生徒が週末の予定を聞いたり、ホリデーの話をしたり。。。クラスはいつも和気藹々としていたんです。良いポジティブ・エナジーがいつも漂っていたのである。だからクラスに行くのが楽しみで仕方がなかったのだ。

しかし、サウスサイドは違った!


ノースサイドのつもりで行ったら、鼻をくじかれました。それに、「私の方が長年やってて上手なのよ。」というオーラを出してくることに気が付いたのです。そう、

私はYOGI

と言っている感じである。

超威圧感あり。

重いバイブレーションが漂っているのだ。おかげで、全然楽しめないままクラスが終了。ノースサイドではやってなかった、ちょっとハードなクラスで、とても良かったのですが。。。


実は仕事を失った先生の一人から、オーナーはまたノースサイドの教室を開ける用意があると聞かされたんです。しかし、次回開けるときは、メンバーシップを値上げするつもりなんだとか。値上げしたいから、教室を閉めたようです。

彼女に、このままサウスサイドの教室で練習して、ノースサイドの教室が開いたときに戻ったほうがいいと言われたんです。多分仕事をなくした先生たちが開く教室はメンバーシップが、私が現在払っている金額よりずいぶん高くなるからだと思う。しかし、私はもうオーナーさんに12月18日で辞めることを告げてあるんです。今更もとに戻して~なんて言えないわ。それにいつノースサイドの教室が再開するのかもわからないやん。

しかし、土曜日にサウスサイドの教室へ行って思いました。

辞めて正解。

やっぱり練習するにしても、「楽しい!」という気分でやらなければ、上達なんてしないと思うのです。おもろない教室でおもろない人たちと無言でやるのは自分には向いてない。

ノースサイド生活が長いから、サウスサイドに交われないだけかもしれませんが、交わらんでもええわ、と思いました。

そして帰り道、こう思いました。

ノースサイドって最高やん!

ノースサイドの人って、フレンドリーやわ、絶対。Down to earthな人たちと言えるでしょう。(もちろん全員ではない)

Aちゃんに言うと、Of course!と自慢げに言われてしまいましたが、本当にそうだと思いました。(私の周りがそうなだけかもですが)

日本人の皆さんの中にはノースサイドなんて住むところとちゃうという人がいるらしいけど、そんなことないわよ。(もちろん場所にもよるけど)ノースサイドっていいところよ。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.