FC2ブログ

日本から付けて帰ってきた来た!?ボール2つ

仕事がえらいこっちゃ!なのです。

今週から本社の監査が入っているので、「この請求書を出してください。」という要望がバンバン仕事中に来ており、自分の仕事と同時進行しなくてはいけないのである。

明日までに終わらないといけないレポートもあるため、2週間休んでいた分の仕事が全くやれず、そのまま。新しい請求書がドンドン来ており、私の机の上は現在、

ペーパーだらけ。


ペー・パーさんがピンクの服を来て、私の机の上で漫談してくれたら楽しいですけどね。
paper.jpg
(www.amazon.co.jpより抜粋)

私が日本に帰国する前から、とある会社の請求書が問題に。

この問題は同僚Dくんが関わった仕事の請求書だったため、彼にお願いして請求書をパスしてもらうことに。この請求書の金額を、問題を起こした超本人(会社)へ請求することとなったのだ。その会社は金額を受け入れた。Dくんがその会社へ請求書を作ることになったのである。

私が日本に帰国している間にやってあるものだと思っていた私。しかし、帰国後もDくんは全くやっておらず。数回お願いしたのですが、

I'll do it later.

とむっちゃ嫌な顔をして私に言うのである。実は彼、新しくシステムが変わってからの請求書の作り方を知らなかったらしい。だから、ず~っとほおって置かれていたのだった。

しかし、私があまりにも何度も言うので、他の同僚にお願いして請求書を作ってもらっていたDくん。私はこれでとある会社に請求書が払える!

ありがとうとDくんにお礼を言うと、こんな返事が帰ってきた。

「なんか知らないけど、日本に帰ってきてから請求書作れって何度も僕に言って、しつこいよね。日本で金◯2つ付けて帰ってきたのか?


これを聞いていた周りの同僚は大爆笑!私も思わず笑ってしまいました。

でも、はっきり言ってこの発言はセクシャル・ハラスメントやろ~。下手したら訴えられるで、Dくん!


「このオフィスの人たちはいつも無茶苦茶言うわよね~。でも、ティファニーは気を悪くしたりしてないでしょ?」

という同僚Aさん。そうなんですよ。でもこれでむっちゃ気分を悪くする人もいるんです。Dくんも面白半分で言いながらも、誰に言っていいのか、ちゃんとわかって言っています。(安心してね)

私はこの会社では「言ってもいい人」カテゴリーに入っているのである。

日本帰国前には社長ですら私に、「ティファニーがいないと静かでいい。」戻ってきたら、「なんか今日はうるさいと思ったら、ティファニーが戻ってきていた。」という。「コンテナに入れて日本に送ろうか?もう戻って来なくていいよ。」とも言われたし。こんな感じで毎日誰かが誰かに無茶苦茶言ったり、冗談をかましているのである。


もちろん私はボール2つを日本から付けてきたわけではない。そこで、セクシャル・ハラスメント発言をしたDくんに向かい、仁王立ちし、こう言い返しました。

「金◯が2つ付いてるか、調べてみる?」

「いや、調べないよ~。」と言って、苦笑いして自分のオフィスに戻っていったDくん。

気分を悪くしてないかどうか気にしてくれた同僚Aさんに私はこう言いました。

「気分なんて悪くしてないわよ。だっていつも言い返すから。」

と言った私に同僚Aさん、

You're worse!!!

かもしれません。私の言い返した発言のほうが、もっとセクシャル・ハラスメントやもんね。

さあ、今日も楽しいオフィスで働くか!


それでは皆さん、今週のブログは今日でお終いです。来週月曜日にお会いしましょう。皆さん、楽しい週末を!私は明日も残業です。土曜日も仕事をしに来なくてはいけないかも。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.