FC2ブログ

猫力ってあるよね-ほしよりこさんの書いた猫とうちの野良猫ちゃん一家

2019.04.14.21:47

英語のサブタイトルが出ると教えてくれたお友達が、こちらも教えてくれました。(ありがとうね!)

ほしよりこさんとエド・シーランのコラボですって!



今更何言うてる???

とこれを読んで思っているそこのあなた!

ええ、私は情報に疎いんです。ごめんなさいです。

ほしよりこさん、アイルランドとロンドンへ行って、600枚もイラストを書いたそうですね。友達は、彼女はアラン諸島にも行って書いたと教えてくれました。エド・シーランはアイルランドにもルーツがありますからね。

私、エド・シーランは好きじゃないんですよ。ファンの方ごめんなさいです。でもこの曲はグッとくる。


エド・シーラン、来日していたんですね!東京公演は大成功だったようですね。23日は大阪公演だそうで。

え?二都市だけ?

また名古屋飛ばしやね。

それはともかく、ほしよりこさんのほんわかした絵が彼の楽曲にすごくぴったり。

エド・シーランは大の猫好き。

それに来日する!ほしよりこさんの絵が曲にぴったりくる!と思い、ほしよりこさんに話を持って行った方、凄いと思う。


とにかくほしよりこさんの猫が。。。すごくいい!

猫も楽曲にあってるわ。花を摘んでくれる優しい猫ちゃん。いいわ~。こんな猫欲しい!


それに引き換えうちの野良猫ちゃん一家。

雄猫Tupacは縄張り争いに負けたのか、それともうちの犬のプーカに恐れをなしてか、家出をしてしまいました。

1か月前に2か月ぶりに見たきりです。

餌箱に餌がいつも残っているので、夜中にこっそり来て食べていることもなさそう。

戦いでか、左目に怪我を負い、たぶん失明してるんです。

自然界では片目しか見えない猫はジャンプするときや餌をとるのにうまく取れなくて、生き残れないらしいです。

どこかで亡くなってる可能性も無きにしもあらず。

自分の影ですら恐れるような、超臆病な猫だったんですよ。ほとんど触らせてもくれなかった。超ワイルド・キャットだったんです。でも、Aちゃんも私も好きでした。

IMG_8342.jpg
どこに行った?Tupac。帰っておいで!

母猫べティーと娘猫ミッシー・エリオットはまだ家の庭の小屋に住んでいますが、

ゲロゲロ。

1か月半くらい前に、スーパーで見たこともない餌をペットショップで購入。ちょっと安かったんですよ。

猫ちゃんたち、がっついて食べてた。

しかし翌日、母娘共々、

ゲロゲロ。

私の部屋で寝ることもある母&娘猫。夜中にゲロっとやられたし、私がいない間にベッドの上でゲロッとやったし、(猫用毛布の上だったのでOK)廊下でもゲロッとやった。

IMG_0521.jpg
困ったわ~。人のベッドの上で寝るだけならええんやけど。。。


その後猫は家に入れないようにしたんです。

外は寒いから入りたい母&娘猫。

「入れて~!」

という顔で外からキッチンを覗き込む母&娘猫。

かわいそうだが仕方がない。私の家ではないので、掃除が難しいところにゲロっとされたらえらいこと。

リスクはあえて負いたくないからだ。

結局その後も週に1度くらいはゲロッとしていたんです。(外で)そして昨日も。

でもやっているところを見てないことがほとんどなので、どちらの猫がやっているのかわからない。だからどちらかだけを入れてあげるということもできないのだ。

リスクはあえて負いたくないからだ。

猫はよくゲロッとするらしいですけど、それまであまりなかったので、最近頻繁にやっているのでちょっと心配。近くに動物病院へ連れていく予定です。

とにかくほしよりこさんの描いた猫とうちの猫ちゃんたちはえらい違い。花は摘んでこないからね。ネズミと小鳥は持ってくるけど。娘猫は取ってきたネズミを食べるしね。

それはともかく、ほしよりこさんのイラスト、素晴らしい!

猫力ってあるよね。

家出したり、ゲロゲロのうちの猫ちゃんたちにも、猫力ってある。

おかげで私は退屈しない生活を送れているもの。


ちなみにこちらが前にリリースされたオリジナルビデオのようです。(ファンじゃないから知らんのよ。ごめんなさい)



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.