FC2ブログ

パリ・ノートルダム大聖堂、火事!世界文化遺産が。。。

2019.04.15.21:00

キッチンのテレビが映らないのでテレビをつける時と言えば、Netflixを見るときくらいになってしまった最近。

おかげでニュースに疎くなった。

なので、現在パリ・ノートルダム大聖堂で火事になっている話も、Aちゃんがヨガから帰ってきた午後8時過ぎまで全く知らず。

Aちゃんから聞いて、びっくりした。

なぜあんな大聖堂が燃えるの???

テロなのか?と思ったけれども、ひょっとしたら、リノベーション工事が関係しているかもしれないという話。

工事会社が本当に原因だったら。。。会社倒産だけでは済まされないですよね、きっと。

ランドマークが燃えてしまってるところを見るのは辛い。

いくらノートルダム大聖堂が日本やアイルランドの建物でなくても。



後ろの部分の屋根が燃え落ちて。。。尖塔も崩れ落ちた。

この映像がどうしても911と重なる。。。そんなことを思ったのは私だけだろうか?

貴重な絵画などは避難したため、大丈夫だったし、死者も出てないようですので、不幸中の幸いだったといえるかもしれない。

でもやはり燃え尽きるんじゃないかという勢いで燃えているところを見るのは辛い。


歴史的建造物に限らず、歴史ってある日突然崩れ落ちて、目の前から去ってしまったり、価値が無くなったりすることがありますよね。

ダブリンでも2月に事件がありました。(それはまたの機会に)

それが故意の場合も、自然がそうしてしまう場合もある。

歴史っていったい何なんだろう?

儚すぎるわ。

私の人生もそうだけど、あって当たり前と思ったらいかんですね。

あってありがたいと思わないと。


最近のパリって、ボロボロなイメージがある。素敵な、ロマンチックな街のイメージからだんだん遠のいてしまっている気がする。

Aちゃんの従妹曰く、

"燃えるのなら、大聖堂ではなく、ビール一本15ユーロも取ったパリのバーが燃えてほしい"

とにかく一分でも早い鎮火を願っています。



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.