FC2ブログ

"Old"は"Old"でも"Old"の意味が違うーの巻

2019.05.09.19:35

実は昨日、デートに行ってたんですよ。

唐突でした???笑!

行った場所がEddie Rocket's

アイリッシュの友達に言ったら、大笑いされたんですよ。

なぜって、エディーロケッツでデートなんて、ティーンエージャーがすることだから。

しかも一緒に行った相手が50代後半のアイリッシュのおっちゃんですしね。

おっちゃんとおばはんが二人でバーガーを頬張ったわけです。ああ、私だけやったわ、バーガー食べてたの。おっちゃんは違うの食べてたわ。

端らから見たらおかしな光景だったかも。でも私はかえって新鮮で面白いと思ってたんですよ。

そういえば、隣の家のJちゃんは、ティーンエージャー時、ここで当時付き合っていた男とご飯をして、食い逃げしようとしてバウンサーに捕まってどえらい怒られたらしいですわ。


まあそんな話はどうでもよかったですね。すみません。


デートなんて生まれてこのかた行ったことがない人だと思っていたのではありませんか?

あるんですよ。ただこのブログに書いてないだけです。

芸能人じゃあるまいし、そんなこと書いても誰も知りたくないでしょ?でも結婚が決まったらちゃんと書きますね。いつのことになるかわからんですけど。


じゃあなぜ今回書いているのか???


おっちゃんの年齢を聞いたら、もちろん私の年齢を言わないといけないわけで。。。

いつもアイルランドでは若く見られるので、むっちゃ胸を張って、

49歳よ

と言ったんです。

「いや~もっと若いと思った。40代前半くらい。」

という答えを超期待していたのですが、

50歳だと思った

と一言!げっ!初めて実際の年齢よりも上に見られた!

もう、心が沈んだわ。そんなに老けているのか、私は???

確かに、顔にいっぱい皺が出てきたし、白髪も多いしね。膝小僧に皺が寄ってきたもんな~。しゃあないと言えばしゃあない。首なんて特におばはんくさくなったもん。

大好きなOASIS(オアシス)の服ばかり買って着ている最近の私ですが、(しょっちゅう店に行き買うので、店員さんに顔を覚えられている)もっとおばはんデザインの地味な、歳相応の服を着ないといけないのかもしれない。https://www.oasis-stores.com/ie/homepage

この話をAちゃんにしたら、こんなことを話してくれたのである。

一昨日、Bさん家キッチンにて。。。

みんなで英語の話をしていたらしい。一か月くらい前からステイしている、超男前のトルコ人の男の子C君の英語が最近やっと上達してきたからだ。

そこでBさんが、日本人は文法が得意だ、と話したらしい。(私は文法はダメだけど)

すると、C君が、Bさんにこう言ったらしい。

「That old Japanese Student.」

OLD???

と思ったBさん。old Japanese Studentと言えば、思いつくのはこのティファニーただ一人!

そしてBさんが彼にこう言ったらしい。

「ティファニーはOLDじゃないわよ!Young よ!!何を言っているの!」

Bさんがえらい剣幕でC君に攻寄ったため、C君慌てて。。。

「僕は彼女の年齢のことを言っているのではありません。彼女はこの家に長く住んでいた生徒さんだからOLDと言っただけです。」

その後もBさんはC君に、

「それは本当なの?本当に年齢がOLDだとは言っていないのね?」

と何度もしつこく聞いたらしいです。


それ、脅迫やん、Bさん。


そう。OLDというけど、年齢なのか、住んでいる年月なのかで意味が違うわけですよ。言い方には気を付けないといかんですね。

ひょんな一言から責められたC君、かわいそっ!

でも、Bさん、そんなに気張って私がまだ若いと強調しなくてもいいんですけどね。50一歩手前なんておばはんやもん、実際。でもBさん、ええ人やわ~。


ということで、私のデートの結果ですが、すんごいいい人だったんですけど、2度目のデートはないです。

40代前半に見えるって言われてたら、2度目度目はありやったかも。。。


それでは皆さん良い週末を!来週月曜日にお会いできると思います。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.