FC2ブログ

ソムリエ、ジュリー・デュポイさんのワインテイスティングイベント-後編

2019.06.14.09:29

白ワインも飲んだし、赤ワインも飲んだ。

次はロゼ?

と思いきや。。。予想外のものが出てきました。

IMG_5490_20190612051929c78.jpg

イタリアもの。

IMG_5491_2019061205195136a.jpg

また白が出てきたん?

と思った方。違います。

これ、白ではあるけど、デザートワインなんですよ。

だからちょっと甘いんです。

しかし、嫌な甘さがない。

ちょうどいい甘さがお口に広がるのである。

これは美味い!

一緒のテーブルにいたアイリッシュの女性は、デザートワイン=ブルーナン(Bluenun)を思い出して、飲む気がしないと言っていました。甘すぎるからだと言う。

懐かしい。。。ブルーナンは私が生まれて初めて買ったワインですわ。大学生の時でした。。。甘くて好きやなかったことを思いだした。

しかし、このイタリアのワインを飲んで、彼女は美味しいと一言!

イタリアでもこんなワインを生産してるんだ~と感心。

イタリア=赤ワイン

なんで。(私の中では)

実際このワインはジュリーさんのお気に入りでもあるそうです。

なるほどねえ。

値段は一本17ユーロ前後だそうだ。

あまりにも美味しかったんで、会社の帰りにワイン専門店、O'Briensに行き探したけど、売ってませんでした。

こちらと共に食べたデザートがこちら。

IMG_5493.jpg

缶詰のピーチの凍らせたものが入っているんです。

甘くはないカスタードクリームの中に入っていました。

ちょうどピーチが溶けてきてたんで、シャリシャリして美味しかったです。

こういう出し方もあるなあ~と感心!超簡単デザートの出来上がりやん!


と、ここでテイスティング終了!


質問コーナーへと移りました。

ジュリーさんがテーブルへ来てくれて、質問を受け付けてくれたんです。

私にはこの日、二つの質問がありました。

その1-コルク使用のワインの方が、スクリューの蓋使用のワインよりもいいワインなのか?


皆さんはどう思います?

なぜこんなことを質問したかったのかというと、友達のイタリア人ANちゃんがいつもこう言うから。

コルク使用のワインが良いワイン。

そのため、彼女はコルク使用以外のワインは買わないし、コルク使用でないワインは飲もうともしないしね。

果たしてこれは本当なのか?という疑問がいつもあったんです。

答えは???

そんなことはないらしいです。

いいワインでも、最近ではコルクを使用しないワインはたくさんあるそうです。

コルクは高いので、使用しないという理由もあるらしい。

ワインが長く持つかどうかの差はあるらしいですがね。

でもプラスチックのコルクは全然ダメだそうです。

プラスチックのは開けにくいんですよね。だから嫌いです。

ということで、今度ANちゃんに会ったら言おうと思います。

彼女、どんなリアクションするかなあ。。。頑固なのよ、彼女。笑!


そしてもう一つの質問。


その2-なぜアイルランドでソムリエ?フランス人よね???

フランスはワインの国でもありますよね。

だったらフランスでソムリエの方が競争率は高いだろうけど、仕事はもっとたくさんあると思うんですよ。

アイルランドなんてむっちゃ国が小さいし、ミシュランスターのレストランだって少ない。


ジュリーさんいわく、彼女は英語取得のためにアイルランドに来たそうです。

その後こちらでアイルランド人の男性と出会い結婚。

そのままこちらに住んでいるそうな。

となれば、こちらでソムリエって言うのは普通だけど。。。ここじゃあ需要ないよな、あんまり。。。と思ったのです。

しかし、彼女はこう言ったんです。

ここにいる方が他国のワインがたくさんあるからいいと。つまり、

"フランス人はフランス産のワインしか飲まない"

だからあんまり他の国のワインがなくて味わえないらしいのである。

なるほど!!!

イタリア人と一緒やね、とAちゃん。

ワインの生産が盛んな国は、やっぱり自国のワインを飲みますよね。

値段も安くて美味しいじゃない。

輸入物の高いのなんて飲んでられないわけよ。

自国のワインの方が美味しいと言う自負もあるだろうしねえ。

アイルランドはワイン生産が盛んではない。

おかげで各国のワインがたくさん入ってきている。

ワイン・オープンマーケットなのだそうだ!

だから、アイルランドの方がいいそうですよ。

なるほどね~。

そんな風に考えたことなかったわ。ちょっと目から鱗。

でも、おかげでワインは高いけどね。酒税が高いわけよ。おかげでえらいことよ。


最後にミーレからグディーバッグがもらえました。

IMG_5533.jpg

中身は。。。

IMG_5534_20190613060352692.jpg

食器洗浄機の洗剤タブレットはありがたい!電気コンロの洗浄剤まで!こんなんも作ってるのね、ミーレって。

そしてこんな宣伝広告が。。。今回のワインはここからのようです。

IMG_5535_20190613060403f9f.jpg

彼らのサイトからあのイタリアンのデザートワインが買えるわ!17.50ユーロ。そんな値段のワインなんて普段買わないけど、自分用にやっぱり一本欲しいなあ~。https://www.thecorkscrew.ie/white-wine.html?p=2


今回のワインテイスティングイベント、なかなか良かった。

まさかのすごいソムリエ・ジュリーりーさんにも会えたし、彼女にワインを注いでもらったし、話もできたしね。

ちなみに彼女は最近日本に行って、お酒のテイスティングの勉強をしたそうです。

ワインも美味しかったし、食べ物も良かった。

軽くだけど、ワインを教えてもらったし、合う料理も教えてもらった。ええヒントになった。

これで一人25ユーロはいいんじゃないでしょうか?(二人だと40ユーロ)


ちなみに、ワインテイスティングだと、ワインの種類を多くテイスティングするんで、全部飲まず吐き捨てないといけませんよね?

そうしないと酔っぱらうから。

かなり昔ですがフランスにフランス人の友達カップルに会いに行ったとき、彼らにビンヤードに連れてってもらったのです。

そこでワインのテイスティングをさせてもらったんですが、吐かないといけないのを知らず、全部飲み干していたので、えらい酔っぱらって大笑いされたことがあります。

そう、備え付けのスピトーンに吐くのが普通。

もったいないとか言っていてはいかんのです!

この日も酔っぱらないようにちゃんとスピトーンがテーテーブルに置いてありましたけど、誰も吐き捨てる人は誰もいませんでした。

そう、みんな出されたものは全部飲んでました。

まあ、3種類のワインだけだったしね。

普通のアイルランド人が酔っぱらう量じゃなかったしね!!!

ジュリーさんのサイトはこちらから。興味のある人はどうぞ。私の50歳誕生会にプライベートワインテイスティングなんていいよね!ちょっと考えよっと。。。http://down2wine.ie/home/4586240801

デリー旅行記がおろそかになっておりますが、明日時間があればアップします。もしできなければ日曜日か月曜日にはアップする予定ですので、宜しくお願い致します。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.