FC2ブログ

「ちょっとデリー(Derry-Londonderry)に行ってみるか。」-その2

2019.06.17.21:09

ダブリンBusarasから4時間の長旅。

バスにトイレは設置されていない。

このまま4時間運転していくのだろうか?

それはないだろう。

どこかで休憩が入るはずでは???

はい、そうです。アイルランド、北の街、Monaghan(モナハン)という街のバスターミナルで10分ほどの休憩が入りました。



ここでトイレを済ませることに。2時間のバスの旅がまだ残ってますからね。

カフェもあるんで、(全くお洒落ではないですけど)コーヒーや紅茶、サンドイッチやチョコレートバーなんかは購入できます。アイリッシュブレックファストも食べれたはずです。

バスで北に向かって走っていると、ふとあることに気が付きます。

ここでデリー・ロンドンデリー豆知識!

その2デリー・ロンドンデリーの道路標示。

Derryとなっていたのが、いつの間にかLondonderryになっているのを見ると北に入った!とわかります。

そして。。。

イギリスの国旗ですかね。急に目に入ってくる。ここはもうアイルランド共和国(Republic of Ireland)ではないのである。

IMG_5300.jpg
Omagh(オーマ)にて。

オーマにつく前の街、Dungannon(ダンガノン)では。。。

IMG_5299.jp g

写真からは字が読めませんけど、For victims of terrorism - Tyrone, Omagh & Fermanagh Council Areaと書かれています。

こういうところは南では見ないので(私の知る限り)、北に来たな、とわかります。

いろいろトラブルがありましたから。。。

でもバスから見る景色はアイルランド共和国(Republic of Ireland)とさほど変わらないのですよ。

IMG_5302_2019060603213535d.jpg
綺麗なんですよ~。天気が良かったから余計!

そしてそうこうしているうちに、ちょっと大きな街が見えてきました。

ちょっと大きな街はデリー・ロンドンデリー!

Craigavon Bridge(クレイガヴォン橋)を渡ると、目の前に二人の人が手を繋いでいる像が見えます。

The Hands Across the Divide という像です。

IMG_5303_201906060322392ad.jpg

和解の精神と未来への希望を象徴したブロンズ像。

ブラディー・サンデー(Bloody Sunday)から20年後の1992年に建てられたものだそうだ。

マウリス・ハリソンというアーティストの作品だそうです。


実は橋を渡る前の地域はプロテスタントが多く住んでいる地域。

橋を渡った後、上の像の地域はカトリックが多く住んでいる地域。

橋のところにこの像がある意味が分かる気がしますね。

ちなみに像の後ろの白い建物の左側はB&B。

今回私が泊った、Bridge B & Bでございます!

続きは次回へ。。。まだまだ旅行記は続きます。嫌になるほど!!!覚悟願います。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.