FC2ブログ

お世話になっています-クォーン(Quorn)ミート

2019.07.30.12:46

ヴィーガンがトレンディーな近頃のアイルランド。

「嘘やん!そんな人周りにおらんわよ!」

と意義を申し立てるアイルランド在住の日本人の方がいるかもしれません。

実際本当にトレンディーなんですよ。

ヴィーガンは無理だけど、ベジタリアンならなんていう人も多いのです。

ヴィーガンだとかベジタリアンだとか言うと、ちょっとかっこいいという理由もあるでしょうね。

もちろん動物を殺してまで食べたくないというのが、もっともな理由でしょうけど。


私も一時ペスカトリアン(肉なし、乳製品、野菜と魚は食べる)になろうと決心したことも過去にありました。(ブログに書いたしね)

しかし、結局バーガーのあの匂いに負けて、肉を食することもちょくちょくあり、結局ペスカトリアンなんて夢のまた夢。

しかし、ここ2年くらい、自分で生肉を買い、自宅で調理することが少なくなりました。

外食では肉を食べても、家ではできるだけ食べないようにしてるんです。

それが動物の命を救うことになっているのかどうかはわかりませんけど。

気持ちの持ちようかな?

生肉を買うとしたらチキンのもも肉のみ。

それも毎週でなく、一ヶ月に1回程度。

冬は肉まんを何度も家で作ったし、餃子もしょっちゅう作ってた。

ミンチ様様でした。

最近外食では絶対肉を食べるということもなくなった。

できれば肉が入ってないものを選ぼうとするようになったし、ベジタリアンオプションを一応は考慮に入れる。

と言って、結局肉ものを選ぶってことは多いけど!

でもたまにボロネーゼソースのスパゲッティーが食べたくなるとかあるんですよ。

ラザニア食べたいとか。

自宅で作ろうか!でもミンチ買うのもな~。となるわけ。

こんな時はどうするか?

肉の代用品を使用するのです。

IMG_5285.jpg

このミンチで作ったなんちゃってボロネーゼソースがこちら。

IMG_5281.jpg

美味しそうじゃないって?ほっといて!


クォーンは肉の代用品業界では超有名だと思う。

現在世界18カ国で手に入るらしい。

日本では馴染みゼロだと思いますけど。

IMG_5284.jpg

写真は冷凍ものですが、冷凍じゃないソーセージ、ハム、ベーコンの他に、ラザニヤもコテージパイもあったりするのだ。

もちろん肉抜き。

カクテルソーセージやハムはたまに買います。

カクテルソーセージは意外といけますよ。

ハムはポテトサラダに入れてます。

結構いろんな商品が出てるのですよ。https://www.quorn.co.uk/products/all

最近ではこんなコラボ商品も出てるんです!

IMG_5891.jpg

中身は。。。

IMG_5892.jpg

まあ、普通に冷凍ピザ。焼いてみた。

IMG_6135_20190730060035630.jpg

普通に冷凍ピザが焼けた。

味も普通に冷凍ピザ。

私はやっぱり自分でピザを作るか、肉抜きのピザを食べに行ったほうが好きやわ。


健康的にどうなんや、一体何が入ってるのか?と気になるところですよね。

マッシュルームとなってるけど、普通のと違ってたりするんですよ。

それに塩分が高い商品も多いので、ちょっと気をつけないと塩分の取り過ぎになる。

ネットでもいろんな記事が出てるので、グーグルってみて、ご自分でご判断ください。

私も裏の表示見て、本当にこれがいいのかどうか正直わからないのですよ。

普通に肉食べてたほうが健康にいいんちゃうかな?と思うことも正直ある。

でもミンチ、意外といけるし、牛の命を少し救ったかな?と思うと嬉しいし、(ついでに鶏の命も救え!と言われそうだけど)まあたまに食べるのならいいよね、ということで自分で納得して購入している。

ちなみに冷凍ミンチはいつでも自宅の冷凍庫に保管されてます。


いろんなヴィーガンやベジタリアンの商品が増えた最近のアイルランド。

アイルランドといえば肉って感じしてたけど、最近は本当に変わってきたと思う。

食の選択が増えました。

機会をみてまた様子をアップしたいと思います。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.