FC2ブログ

英語圏海外生活と英語力の付け方-その2

2019.08.29.07:35

「英語の曲を聞く。」

ということはかなりやってました。

洋楽大好きだったんで。

それに、その事自体、結構いいことだと私は今でも思っているのですよ。

今でも仕事中に聞きまくって仕事してるしね。

日本じゃ怒られて首ですわ!

皆さんの中には、

英語の曲を聞いても意味はわからない。

何を言っているのかさえもわからない。

だからどうでもええと言う人もいるでしょう。

でも。。。

知りたくなりません?何を一体歌っているのか。

私はその気持があって、

学生時代、好きなアーティストのアルバムを買っては、

歌詞の英文と日本語訳を一生懸命見てました。

昔は洋楽雑誌に歌詞の英文と日本語訳が載ってたりしたんですよね~。

今はネットで探せるから楽よ。

文法が間違っていようが、そんなことはどうでも良かったんです。

何を歌っているのか、少しでも分かれば嬉しかったんですよね。

U2なんて、政治絡んでるから、余計わからへんかったですけど。


「英語で歌ってみる。」

というのもよくやってました。

できるだけ歌手のマネをしないといけないので、大変よ。

英語しゃべれないのに歌うわけだから。

自分の耳だけが頼り


しかし、これのおかげで、私のリスニング力が良くなったんだと思います。

ちなみに私の場合、これはイタリア語でも同じ。

文法は全然できないけど、リスニングはいいんです。


私はやっぱり単語を辞書のAから覚えるより、リスニングだと思うなあ。

それは英語に限らずどんな言語でも同じだと思います。

単語ももちろん知っておかないといけないのですが、

目くじら立てて、単語本を開いて覚えることはないと思うのですよ。

まあ、受験ならそうしないといけませんけど。

受験ではなく、旅行で話せたら、とか将来海外に住みたい、働きたいと思っっていらっしゃるのであれば、

状況を想像し、短い英文を覚えて、そのついでに単語を入れ変えて単語も覚えていくほうが、

楽しいし、頭に残ると思います。

実際、私は単語帳を開いて単語を覚えていたことは殆ど無いです。

そのやり方は学生の頃からほぼ放棄していました。

だから英語の成績悪かったんですよ。。。


この話題はまだ終わりませんよ、続きは明日に。。。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

ティファニーカイリー様へ

2019.08.28.13:33

こんばんわ、ティファニー様。本日も楽しく拝読いたしました。本当にありがとうございます。
リスニングがこれほど大切だったとは!洋楽はそこまで聴いたことなかったけど、映画の主題歌とかで流行った曲(セリーヌディオンやエアロスミス)とか、ダンスが好きな方(ビヨンセやブリトニー)の曲は、よく、かけっぱなしにしてます。確かに、「歌詞の意味」知りたくて歌詞を調べましたね。そこまではしてるのに、その次には進んでなかった!
1曲分をなんとなくわかるようになれば、結構いろんな文章使われてるから、比較的たくさん覚えられそう。しかも、そこまで長くないから、なんとかなりそう。
スピードラーニングとかと、似てるのかな??
明日も楽しみにしてます!
あと1つ質問なのですが、歌手の方って、やはり聞き取りやすいように歌ってらっしゃるのでしょうか?普通の会話だと、歌よりも聞き取りずらいのでしょうか?

Moeさんへ

2019.08.29.07:47

今日も読んでくださってありがとうございます!

今はYOUTUBEもあるし、ネットでたくさん英語ものが配信されていますし、雑誌も90年代に比べたら多いですよね。
たくさん勉強媒体があるんで、今の人は本当に恵まれてる、ラッキーだと思います。
どれでもいいんで、手を付けてみて、おもろないと思ったらやめて次のやり方に移ることもいいと思いますよ。

私はリスニングはとても大事だと思ってるんです。

相手の言ってることがわからなければ、単語や文法を知ってようが、答えようがないですからね。

スピードラーニング、試したことはないですけど、どうでしょう?

歌手の方は聞き取りやすいように気を使って歌ってるのかどうかですが、各地域の英語の発音の違いがあるんで、歌にあまり訛りが出ないように歌っているとは思いますけど。その点は日本人歌手と同じだと思いますが、どうでしょうか?

歌の発音はきれいでも、喋ってるところを聞いたら何行っているのかわからない人もいますからねえ。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.