FC2ブログ

英語圏海外生活と英語力の付け方-その6 アイルランド人の友人を作る

2019.09.05.13:06

だんだん話が本題からずれていっている気がしないでもないですが、先日ちょっと触れた、

心に一つ留めてほしいこと。

それは、

自分から飛び込んでいく。

覚悟を決めて、ダイブするんです!!!

いや、飛び込んで、誰も泳げと言っているわけではないですよ。

つまり、相手から話しかけてもらうのを待っているより、自分から話しかける。

相手が心を閉ざしていても、諦めず何度もガンガン叩いてやると、

そのうちに諦めて、仲間に入れてくれるのである。

まあ、これはアイルランド人の場合ですけど。

でも、他の国の人にも当てはまるんじゃないかな?と思います。


日本人はシャイな人も多いし、

なんせ、英語を話す時、間違えてはいかん!と思っているので、(と、私は解釈している)

積極的に人と話すということができない人が多いと思う。

私もそうでした。

間違えたら笑われるし、笑われたくない!

という思いがあるもんね。

そう、日本人はプライドが高い人が多いのですよ。(と、私は思っている)

だから笑われると、えらい勢いで逆上する人も多いもんね。

たとえそれが他愛もない冗談でも。。。

日本人って意外と冗談が通じない人が多いのよ

根が真面目なんです。


日本にいるのであればそれはそれでいいのですけど、

アイルランドに来たら、まあ、それはあまり通用しないと思っておいたほうがいいでしょう。

アイルランドで、シャイで引っ込み思案風にしたり、自分のことを聞いてくれるのを待っているばかりだと、

おもろないやつ

というはんこを押されてしまう。

そして相手にしてもらえなくなるのだ。

一度はんこが押されたら、なかなか消せないのですよ。


人の第一印象って、数秒で決まるでしょ?

その数秒で自分をセールスしないといけないのです。

そのためには、笑顔で、間違ってもいいから英語で答えましょう。

笑顔のない人も結構いるのよ、実は。

そして、どんなに小さなことでも、あほくさくてもいいから相手に質問をし、会話をつなげるのも重要。

相手に聞かれるのを待っているだけではいかんのです。

待っているばかりだと、相手方が自分には興味がないんだ、と判断し、

聞くのがバカバカしくなり、そのうち相手にしてくれなくなるのである。

彼氏がほしければ、シャイなふりして、なにもできません~的な感じでもいいかもしれませんが、

アイルランド人の友達がほしければ、それは通用しないと思っておいたほうがいいです。


英語があまり話せない、わからないというのを理由に、

〇〇して~といい、彼らを顎で使う日本人もいますが、これもあかんですよ。

アイルランド人は優しい人が多いから、結構やってくれるんだけど、

裏じゃ文句言ってますから。

そしてそのうち彼らは離れていきますのでね。


アイルランドは小さな国。

だから小さいときからの友達グループができていて、結束力が異常に硬かったりするのだ。

その中に私達外国人が友達として入るのは、

実は至難の業と言えるかもしれない。

だから、外国人滞在者がよく、

「アイルランド人の友達ができない」


と言います。

アイルランド人の彼氏や彼女、旦那や奥さんはいても、友達となるといないという人が多い。

旦那友、嫁友、親戚友、ママ友やパパ友はいても、

普段遊びに行くような、つるみ友達がいない人も多い。

私はアイルランド人の強固なグループ結束力に問題があるんだと思っているんです。

しかし、そこを突破し、

友達として認めてもらえれば、こっちのもの!

アイルランド人は本当に親切で、

心がある、温かい人達なのだ。

しかし突破するには、

やはり自分から飛び込んで行かないとだめだと思うのです。

たとえ拒否されても諦めない。。。何度も挑戦するんです。

そうすれば扉を開けてくれる日が来ると思いますよ。


「ティファニーは自分から何度も入ってきたから、入れてあげた。」

と、今つるんでいるアイルランド人グループの一人に言われたことがあります。

アイルランド人の友達を作るのに、英語がうまい、下手なんて関係ありません。

要は彼らの友だちになるんだ!という覚悟が必要だと思います。

彼らの話す・書く英語はこれまた生きた英語。

面白いし、勉強になりますよ。


明日は仕事についてでも書きましょうかね。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

ティファニーカイリー様へ

2019.09.06.00:24

おはようございます、ティファニー様。日本はこれからまた台風シーズンとなりそうです。低気圧で頭痛がくる体質なので、恐怖です!そしてまだ残暑続いてます……。
アイルランド、たしかに狭い世界なイメージ。そこに大人になってから入っていって、友達を作って、人生生きていくって、言語問題だけじゃなく、色々あるんですね……。そこまで考えがおよびませんでした。なるほど。
これから、お仕事のことなども教えてくださるとのこと、ますます楽しみです。
あ、でも普段のアイルランドの生活ブログもとても楽しいです!まるで自分がそちらで生活しているような感じがします。
本当に色々と詳しく教えてくださって、ありがとうございます!

Moeさんへ

2019.09.06.07:37

日本の9月=台風ですよね。9月はまだまだ暑いし。

バハマがハリケーンで壊滅状態で。。。い日にも早く回復するといいのですが。。。

外国人の友だちは簡単にできますけど、地元民となると話は別なんです。
アイルランド人はフレンドリーで有名ですが、友だちになるのが簡単というわけではないのですよ。砦があるんです!
でもいったん崩れると、すごく良くしてくれますよ。本当に助けてくれるし。病気のときに特に思いました。

普段の生活ブログにもそろそろ戻さないといけませんね!とりあえず、会社生活と英語について、書きますね。

いつも読んでくださって、ありがとうございます!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.