FC2ブログ

英語圏海外生活と英語力の付け方-その8 日本人が日本人の英語を下手だと判定する件

2019.09.11.13:09

2年以上前かなあ。

日本人のお友達(女性。旦那さんはアイリッシュ)が、初対面のとある日本人男性(とある大学で勉強)に、

長く住んでいる割には英語がうまくない。

と言われたことがあるんです。

その男はこちらに来たばかりで、

こちらにある、とある大学で勉強しているとのこと。

彼いわく、彼女の英語の発音が日本語発音だったとのことだ。

彼女がなんと彼に言い返したのかは覚えてませんが、

私から言わせていただけば、

大きなお世話。


日本に生まれ、海外に移住した日本人だもの、

日本語発音がそのまま残っているなんて

当たり前。

例えば、小林克也さんやゴダイゴのタケカワユキヒデさんのような人は珍しいのですよ。(と、私は思う)

ゴダイゴ、ええねえ~。清々しいわ。ベストアルバム持ってるよ。


何十年もいるのに、日本語発音で英語を話す人なんて、すごく多い。

自分もそうだもの。

そのままがいい人もいるし、そうでない人もいる。

どっちでもええやん。

相手が分かればええんよ、要は。(と、私はいつも思っている)

ただ、日本語発音がきついと、

ネーティブがわかりにくいという問題はある。


私の場合、

タクシーにぼったくられたり、

ネーティブ+外国人に舐められるのが嫌なので、

できるだけこちらで使われているスラングを使ったり、

こちらの発音をなんとか取り入れて、

長く住んでいることを強調するために、

日本語発音をできるだけ捨てるようにしている。

ちゃんと捨てきれてないけどね。

その気持が大事だと思っているので。


友達の英語を判定したこの日本人男の英語がどれだけのものだったかは聞いてません。

友達の英語を判定したくせに、自分では英語を喋らんかったらしいですから。

人の試験の点数聞いて、自分のは教えやんやつと同じ。

ずるいよなあ。

けなすだけけなすんやもん。

だったら心のなかでこっそり判定して、黙っておけばええんですよ。


私も語学学校時代、日本人に日本語英語だと笑われたことがあります。

今だにあまり日本人からは英語が上手だと言われたことはないですよ。

語学学校時代、外国人から日本語発音の英語だと指摘されたことがありましたが、

「日本人だからね。」

と言い返してやりました。

要は、だったらなんなんや!と心のなかで思っていたわけです。

だって。。。怖いやろ、日本人やのに、フランス語訛りがあったら!!!


ここ20年のうちで、

ありがたいことに、アイリッシュや、英語を母国語としているネーティブからは何度か褒められてます。

はっきり言って、日本人やら外国人からけなされようが、なんでもええんです。

ネーティブから褒められてなんぼだと思っているので!


日本人はプライドが高いんで、判定事件(事件と違うか!)起こるんでしょう。

英語圏(海外)に住んでいれば尚更。

自分のほうが上だと言うことを位置づけたいわけです。

勝ち誇りたいんやろう。

でも日本人どうしてやってもしゃあないと思うんやけどなあ。


こんなこともある。

とある日本人が喋った英語がわからなかったネーティブが、他の日本人に、

「この人が今言ったこと、英語で訳してくれる?」

と頼む状況。

たしかにこれ、辛いんだけど、

ここでいじけたり、ムカつかず、

「そうか!僕&私の発音がいまいちだからわからなんだんだな。発音頑張らなあかん!」

となると、話すときに英語の発音に気をつけるようになって、

将来、いい感じで英語が発音できるようになると思うんだけどなあ。

いじけて、訳を頼まれた日本人を恨むやつがおるんよ。

恨む相手がちゃうって。。。


私が思うに、

英語圏(海外)に住む日本人は、

日本人の英語の判定をする前に、

自分の話す英語に集中したほうがいい。

判定するなら、本人がいないところでやりましょうよ。

それに、

日本人って相手を褒めないのですよ。

特に英語となると話が別になる。

褒めて欲しい人は多いけど、

相手を褒める人は極端に少ない気がするんです。

そして、褒める前にけなしてしまうっていう。。。

褒めましょうよ。

褒めるのにお金かからへんのやし。

褒めると、自分にもそのうち返ってきますよ!

私は相手がクソ野郎以外は、褒めるように心がけています。

今回の件、賛否両論あると思いますが、私個人の意見でありますので、ご了承ください。


明日は、日本人がアイルランド人の英語を判定する件です。

長いね、このシリーズ。

そろそろ終わりにしますわ。。。


ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

2019.09.12.10:30

コメントご無沙汰しています。自惚れでしたらすみません。今回のブログに書かれている日本人はもしや私のことでしょうか?だとしたらその日本人男性に「語彙が少なすぎる」とのご指摘を受けたのもお忘れなく(笑)。get を使っていたら「そこはobtain もしくはacquire を使うべき」と言われましたからねえ… 通じれば日本語発音で良い、と開き直っています。

Junksさんへ

2019.09.12.12:12

お久しぶりです!そうです、Junksさん、あなたのことですよ。

この話、頭から離れませんよ。。。笑!なので書かせていただきました。承諾なしでごめんなさいです。
語彙が少なすぎるの指摘、すっかり忘れておりました!

同感ですよ、要は通じればいいんで、言葉なんて!

ダブリンにいらっしゃるときにはぜひお知らせくださいね!

ブログ読んでくれてありがとうです。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.