FC2ブログ

SUSHI GOURMET(寿司グルメ)アイルランドにオープン!!!-前編

2019.09.25.12:56

いや~びっくりしました。

そしてちょっとワクワクしてしまいました。

先週の土曜日。

昼飯でも買うか!と思い、

何気に寄ったセントスティーブンスグリーン・ショッピングセンターにある、

アイルランドの有名スーパー、ダンズ・ストアーズ。

エスカレーターを降り、食品売り場へ。。。

うそ!!!寿司売り場があるやんか!

IMG_6569.jpg

日本のスーパー同様、店内で作って売るスタイル!

アイルランドで、店内で作って売るスタイルを取っている食べ物は、

サンドイッチやサラダ、ピザが普通なのですよ。

私の知る限り、このスタイルを取っている寿司のお店は、

Avoca、Rathcool(ラスクール)店内に設置された、Miche Sushiの寿司バーくらい!https://www.avoca.com/en/stores-and-cafes/rathcoole

ダンズ・ストアーズ、なかなかやるやん!

店員さんは何人かいて、作っているように見えたけど、

寿司は全く並んでおらず、メニューの小冊子だけが置かれていただけであった。

おば様のお客さんがストアーマネージャーらしき人に話を聞いていたんですが、

この日はまだオープンではなったよう。

準備してただけみたい。

とりあえずメニューの小冊子を持ち帰り、要らないものを買い、ダンズを後に。。。

自宅で、ニタニタしながら、メニューを見る。

もう食べるものは決めた。

私の大好物、

マグロの握りが入っているやつだ!

餃子も食べてみたい。

IMG_6572.jpg

IMG_6573.jpg

IMG_6574.jpg

IMG_6575.jpg

上の写真では見えないのですが、値段はまあまあかしら。(日本の値段と比べてはいけませんよ)

例えば、マグロとサーモンの握り6個セットは6ユーロ95セント。

寿司のパックといえば。。

こちらでは有名なSushi King。https://sushiking.ie/

彼らの寿司パックは値段的にはSushi Gourmetとほぼ同じですが、

量が少ない。

しかも最近はダンズにはもう置いてないのですよ。

Bさん宅近くのコンビニ、Centra(セントラ)には置いてますけどね。


そしてもう一つ。


ダンズやLidl(リドル・ドイツのスーパー)、Super Value(アイルランドのスーパー)でも買えるOishii Sushi。

Sushi Kingより少しお値打ちなんですが、

ご飯が美味しくないのですよ。

私が2か月ほど前に買ったパックは、

ご飯に芯が残ったまま。

巻きずしには人参が入っているので買えないし。(あくまで個人的意見)


スーパーで売られている寿司パックには限界がある。

新鮮さという点に欠ける。


その日に作った新鮮なものも売られているようですけど、

その日の何時かは不明。夜中なのかしら?と思ったり。

前日に作られたものも置いてるんです。(製造年月日見たらわかるしね)

だから、ご飯がどうしても固くなってるのだ。

中には巻き寿司に入っているアボカドの色が変色してたりして、

値段が高いのにこれかよ?

と思うことが多々ありだった。

なので、アイルランドのスーパーで、

その場で作った寿司を買えると言うのは、

超画期的なのだ!(言い過ぎか?)

日本じゃ普通だから、当たり前すぎて気が付かないんだけど。


Aちゃんに寿司売り場の話をしたら、

「それはいいわね!きっとオープンは明日、日曜日よ!」と一言。

と言った彼女。

実は寿司には興味がないのですよ。

というか、日本食には基本興味なし。

私が作ったサラダ巻は食べるけど。

2007年に日本に連れて行ったときも、

「私、食べるものがないから痩せる。」

と言ってましたわ!

実際あんまり美味しそうに食べてなかったし。


そして日曜日の夕方。

街で買い物していたAちゃんが帰宅。

SUSHI GOURMETがオープンしたと言うではないか!

でも場所はセントスティーブンスグリーンのダンズではないと言う。

どこ?

続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.