FC2ブログ

どうしたんや?うちの会社-ランチ無料にざわついた午後

2020.01.08.23:53

一昨年まで、

有給休暇は法律で決められた最低日数の20日しかなかったうちの会社。

それがたとえ1年しか働いていなくても、

10年以上働いていても同じだったのだ。

んなあほな!!!

な状態で、

私を含め長年会社に貢献している(と思ってます)人たちは、

毎年有給休暇の日数に文句を言い、

毎年同僚が前社長に直談判しても増やしてもらえることがなかったのです。


先日のブログで、本社から偉いさんが来ると書きましたが、

その際、彼らがオフィスの様子を見て、

Warehouse!!!

と言ったらしい!

なんの飾りもないし、

壁には会社のロゴが飾ってあるけど色褪せてる。

初めてうちの会社に来たら、

何をしている会社なのかさっぱりわからんくらい。

だからWarehouseと言われても仕方がないっちゃ~仕方ないのよ。

しかし!

彼らの訪問の後、

ちょっとすごいことになったのである。

1)10年以上働いている人はすべて、25日の有給休暇がもらえる

2)月に2回、社内で無料ランチ開催!

3)全員にラップトップが与えられる

4)月に1度だけ自宅勤務ができる(ラップトップがあるから)



これは今月から徐々に実施されるんです。

1)の有給休暇はもう始まっていますが、

2)のランチは昨日から始まりました。

IMG_7306.jpg

会社に持ってきてくれるんですよ、一式。

フォークもナイフもお皿も借りれるし、

洗わなくてもOK。

しかもお皿に盛ってもくれるのだ。

今回はビーフラザニアかヴィーガンラザニア。

事前にどちらが食べたいか聞かれますので、

お店側は大体の人数分で持ってくるわけ。

私は現在食事制限中なので肉やチーズはだめ。

ということでヴィーガンラザニアに。

FOOD 2

ナスとズッキーニのラザニアでした。ラザニアって感じは正直しないが。。。


同僚から、ベジタリアンのラザニアって聞いてたんですよ。

でも実際はヴィーガンのラザニア。

最近はベジタリアンよりヴィーガンのが流行ってるからかしらね。

すっかりベジタリアンがすっ飛ばされてますわ!

ヴィーガンだったので、チーズはなし。

ヴィーガンチーズは使えるんですけど、きっと高いから使わないんだと思う。

とにかく、チーズが食べれないので、私にはちょうどよかった。

とにかく大量にお皿に盛るんですよ。

ヴィーガン・ラザニアはそんなことないんですけど、

ビーフラザニアなんてすんごくて、

「これ、多い!!!」

とみんな嬉しい悲鳴を上げていました。

食べきれない人用にボックスもくれるんで、

お持ち帰りOK。

IMG_7308.jpg

食べきれなかったら、

会社の冷蔵庫に入れて翌日食べれるし、

みんなランチに何食べようか考えなくてもいいし、

前日に作らなくてもいいし、

買いに行かなくてもいいからすんごい嬉しいのである!

しかも美味しくて、

みんなえらい喜んでいたのですよ。

みんなのバイブレーションがむっちゃ高かったのにはワロタわ。

もちろん自分もですけど!


ちなみにケータリングの会社はダブリンでカフェをいくつかオープンしています。

行ったことあるけど、結構美味しいですよ。

https://www.gourmetfoodparlour.com/restaurants

2週間後にもまたランチがあるんですよ。

今度はパスタベイク(チキン)らしい。

ヴィーガンのは野菜が乗っかってるでしょう。

とにかく、うちの会社、ちょっといい感じになってきた!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.