FC2ブログ

Only in Ireland - シャトルバス・ハイジャック事件と当たり屋

2020.01.10.14:02

こんな記事を書くと、

愛・アイルランドの方々に怒られかもしれませんが、書きます。


一昨日、Aちゃんと自宅のキッチンで喋っていると、

テレビでこちらのニュースが流れたんです。

"ホテルのシャトルバスがダブリン空港で盗まれる"

あら、えらいこっちゃ!

と思ったけど、

なんでシャトルバスを盗む???

という疑問が私達二人に沸き起こった。

しかもシャトルバスが盗まれたのは、

シャトルバスの運転手が3人の旅行者を乗せ、

もう数人迎えに行くためにちょっとバスを離れたときに盗まれたと聞きました。

旅行者たちはアメリカ行きの飛行機が遅れ、

ダブリンにステイしなくてはいけなくなったためホテル(クレイトンホテル)のシャトルバスに乗っていたらしい。

盗んだのはアイルランド人男二人組。

もう捕まってこれから裁判になるんですけど、

かなりのスピードで運転してたらしい。

ダブリン空港から北へ逃げていったんです。

途中車をボコボコにし、

違う車に乗り変え暴走し、

結局警察に追われ(ヘリコプター出動)捕まったらしいですわ。

しかし、載っていた3人の観光客は、

自分たちの載ったシャトルバスがハイジャックされたなんて気が付かんかったらしいんですよ。

気がついたのは、

車から降ろされてホテルに行ったら、

予約が入ってなかったので気がついたらしい。

旅行者の皆さんには申し訳ないけど、

気がついたのは、ホテルに行って予約がなかったからと聞いて、

思わずワロてしもたAちゃんと私。

こんなことってあるん???

と思いますけど、

ありましたね、アイルランドで。

かえって旅行者のみなさんが気が付かなかったから、

何もされずに済んだと思う。

彼らは不幸中の幸いやったわけですわ。

でも、こんな事件、聞いたことない。


アイランドではいろんなことが起こりますな。


うちの近くの道路では、

走っている車にいきなり歩道を歩いていた男が飛び出してきて、

車にわざとはねられ、

運転手に金を要求する事件が多々起こっているらしい。


当たり屋は日本でもあるけど、

車で当たってくるわけですよね、普通。

自分自身の体で当たってくるやつはなかなかおらんと思うよ、日本では。

自分の体を犠牲にしてまでもあぶく銭がほしいのか???

金欲しさとは言え、

なんか変な意味で勇気ある。

褒めてはいませんよ、言っておきますが。

しかしだ。

自分の体で当たり屋になって車に突っ込んだ様子を、

たまたま車にカメラを搭載していた人に撮られ、

現在FBにアップされてるんですよ。

ちなみに男はカメラが車に搭載されているのにすぐ気がついて、

運転手相手に怒鳴らず、さっさと歩いて去ったんです。

このビデオのおかげで近所の人たちが、

「こいつ知っとる!」

「この道路の前のマンションに住んどる男。」

「私が行っているジムに来てる男。」

「名前知っとる。」

などと言い、身元が完全にバレバレ。

あほよね~。

自分の家の近くでやってたら絶対すぐバレるっていうの!

でもこういう男のおかげで、

この国の自動車保険は値上がる一方なんですよ。

この男が車を持っていたら。。。自分で自分の首絞めてるだけやと思うけど?

この男だけでなく、

おんなじようなことをやってるやつが結構家の近所にいるらしいので、

Aちゃんにカメラを車に搭載するように言ったら、

車を買うのが先!

と言われてしまいました。

Aちゃんの車、もうすぐにもギブアップしそうなのですよ。。。。明日車を買いに行くらしい。

とにかくだ。

結構いろんなことが起こるアイルランド。

Only in Irelandなちょっとおかしな事件があれば、

またアップします。

それでは今週はこの辺りで。来週月曜日お会いしましょう。

皆さん、良い週末を!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.