FC2ブログ

一人・Dublin Bowie Festival 2020 (ダブリン・ボウイ・フェスティバル)の夜

2020.01.20.14:03

皆さん、週末はいかがでしたか?

今日は先々週に行ったDublin Bowie Festival 2020 (ダブリン・ボウイ・フェスティバル)の話です。

Bowie = David Bowie

でございますよ。

彼が亡くなってから早くも3年が経ちます。

亡くなってからも彼の人気は衰えておりません。

私もしょっちゅう彼の曲を聴きますし。

そんな人気のあるデビッド・ボウイ。

ダブリンでも人気があるんですよ。

彼のフェスティバルがダブリンで毎年開かれております。

今年は今月8日から12日まで開かれていました。

IMG_7351.jpg
今年のリーフレット。

いいデザインと違います?

ボウイファンならすぐわかりますよね?

どのアルバムのジャケットからこのデザインが来てるか。。。

The Man Who Sold The Worldのジャケット。

このアルバムがリリースられてから今年で50年!!!

いやん、私と同い年やん~~~。


BOWIE 1
(Googleより抜粋)

リーフレットの中は。。。

IMG_7352.jpg

IMG_7350.jpg

IMG_7353.jpg

いろいろやっていたのですよ、いろんなところで。

IMG_7355.jpg
去年の様子の写真もありました。

展示やったり、トークやったり、ミュージックやったり。

力入ってますよね、イベントに。

彼はアイルランド人ではないんですけどね。


ということで。。。今年、私はこちらへ行ってきました。

IMG_7354.jpg

Rebel Rebelというアイルランドのデビッド・ボウイのトリビュートバンドです。

http://www.rebelrebeltribute.com/

こちらのバンドは前回私が見に行ったAbsolute Bowieの記事の時にもちらりとご紹介しました。



Rebel RebelはAbsolute Bowieと違って身なりまでなり切ってステージには上がりませんが、

歌は上手だし(デビッド・ボウイの歌は歌うのが難しいと思う)、演奏も上手。

ただドラマーはAbsolute Bowieの方が断然上手だったけど。

見に行こうかどうしようか、当日まで実は迷っていたのですよ。

Aちゃんはあまりボウイファンではないので、

誘っても来る確率は低い。

Bさんはファンなのですが、

膝が悪いので立ったまま2時間も見てられないので無理。

一人で行くしかないか~。。。

と思ったのですが、

私が入っているとあるグループがみんなで見に行くことにしていたので、

彼らと一緒に行くことにしました。


言い忘れていましたが場所はThe Academyという、アビーストリートにあるヴェニュー。
https://www.theacademydublin.com/

ネットでは一階は650人収容可能、

2階のバルコニーは200人収容可能だそうだ。

いいサイズのヴェニューですよ。

私は一階で見ました。

結構ステージの近くで見ました。

IMG_7311.jpg

IMG_7312.jpg

IMG_7315.jpg

2時間びっちり演奏してくれました。

演奏した曲は全部知っていました。

すべて有名な曲なので、みんな一緒に歌っていていい雰囲気!

年齢層はやはり私より上の人がメイン。

おっちゃんが多かったです。

20代半ばの子たちも結構おっちゃんたちに混ざっていました。

とにかくいいライブで、

私はむっちゃ楽しんだんですが、

結局一人で見ることになってしまったのですよね。

私が一緒に行こうとしたグループに問題アリだったのだ。

続きは明日に。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.