FC2ブログ

朝からえらいこっちゃ!!!アイルランドで衝突事故に遭う

2020.02.11.23:19

本題に入る前に。。。選挙結果はこうなりました。

ELECTION 2
(msnニュースより抜粋)

これからどういう政府になるのか。。。

誰がティーショックになるのかしら。。。

今後アップデートしていきます。


では本題に入りましょう。


ダブリンバス使用20年以上。

一度飛び出した子供をはねたところに遭遇したことはありましたが、

(バスが超ゆっくり走っていたので、子供は道に倒れたけどすぐ立って立ち去りました)

自動車や自転車との事故には全く遭ったことがなかったのですよ。

事故現場を見ることも殆どない。

バスが故障して立ち往生してるところはよく見るしよく遭うけどね。

ダブリンバスの運転手さんたちって本当に運転技術が高い。

ダブリンの街は小さい上に、

大量の人、

大量の自転車に車。

自転車用の道がついてないところも多い中、

自転車の無謀運転をうまくかわしている。

車も無謀運転多いですよ。

いきなりバスレーンに出てくるやつとかしょっちゅやもん。


そして今朝。


今日はいつも乗るバスに珍しく間に合ったんです。

今日と明日はむっちゃ仕事が忙しいので、

会社に早くつけるからちょうどええなあと思いつつ、

最近知り合いになったご近所さん(女性、私より2つ下、アイルランド人)と二人でバスを待ちました。

バスは時刻通りに到着し、二人で乗り込む。

ご近所さんはいつも一階の席。

私はいつも2階席。

今日は2階席一番前の左側が空いていたので座る。

2階席一番前って本当に景色がよく見えて気持ちいいのよね~。

バスが走り出して約10分。

次のバスに乗り換えるバス停まで目と鼻の先。。。

と思いきや、

ガーン!!!!

えらい勢いでバスは音立てて揺れた。

「Ah!!!He did it!」


と2階席の誰かが言った。

みんな窓から外を見る。

バスレーンを走っていた私が乗ったバスの前に入ろうとしたのであろうか。

20代前半の若い男の車とぶつかったようだった。

その勢いで若い男の前を走っていた30代前半の女性の車の後ろに、

若い男の車がぶつかったようでもあった。

ご近所さんはバス一階の一番前の優先座席(入って左側)の窓際に座っており、

かなりの衝撃があったらしくて、

私が彼女を見た時、

彼女の顔が凍りついていた。

大丈夫?と言ったけど、上の空やったもん。

彼女の隣りに座っていた60代後半の男性は、

衝撃の勢いで前にふっとばされて床に尻もちを着いていたらしい。

そうなんですよ。

一番前の優先座席はお年寄りや妊娠してる人、

またはバギーを持って入ってくる人用。

IMG_7537.jpg

若い男の子が座っているところにご近所さんが座っていて、

その隣に年配の男性が座っていたらしい。

男性の方の席はアームレストはあるけど、

捕まる手すりがないのよ。

だからこの席は一番危ないと私は思ってるんです。

過去にもバスドライバーが急ブレーキを踏んだおかげで、

前にふっとばされた女性を見ましたのでね。

だから私はこの席には空いていてもまず座らないもんな。


とにかくだ。


みんな朝からびっくりやった。

怪我人がいなくてよかったんですよ。

ただ、ご近所さんは右の胸が痛いって言っていて、

明日も痛かったらダブリンバスに連絡すると言っていましたけど。

ご近所さんの話では、

ふっとばされた年配の男性はすくっと立って、

バスから出してくれ、と運転手に催促したらしいです。

マラソンして鍛えてそうな感じやったもんな~、あのおじちゃん。

バスドライバーはパニクったのであろう。

年配の男性がお願いしてもドアを開けず。

2階席の人はたぶん全員1階へ降りて、

バスのドアが開くのを待ってたんですけど、

なかなか開けてくれなかったんです。

やっと開けてくれたけど、みんな、ドライバーさんに声をかけることなく、

さっさと降りていた。

思わず自分もさっさと降りてしまい、

後で失礼やったかな?と思ったけど、

バスドライバーからは「大丈夫ですか?」という乗客に対するアナウンスもなかったから、

乗客がそういう態度になったのも仕方がないのかもと思った。

バスドライバーが下りる乗客に、

「誰か事故の様子を見た人いませんか?」

と聞いてたけど、

「見てない。」

と言ってさっさと下りていた乗客たち。

私は2階の一番前にいたから見えそうなもんやけど、

ぶつかった時の様子は全く見えなかったもんな。

それにしても。

みんな朝は会社に遅れないように行くのに必死で、

事故は自分に関係ないと言わんばかりだったのにはちょっと失笑だったな。

後で思ったけど、

バスに乗っていて衝突事故に遭うってなかなかないよ。

しかも皆無事やったし。

ヘンに確率がええやんか。

これからもっとええことあるかもしれん。

朝からえらいこっちゃやった一日でした。




ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.