FC2ブログ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その37

2020.04.18.22:14

今朝、

午前9時から近所のテスコで買い物。

スーパーによっても違いますが、

毎日テスコでは、

午前8時から9時は65歳以上とヘルスケア―で働く人が買い物する時間帯なんです。

その前に行っても入店できないので、

並んで待たないといけないのですよ。

先週はイースターだったので、

スーパーや精肉屋がどこも行列してましたけど、

今日はさすがに行列の人数は少なく落ち着いてました。

買い物が早く済んで助かった!


その後G君の車でティファニ・いきつけの薬局へ。

走っていた道路の反対側には、

Garda(ガーダ・警察)のチェックポイント!!!

反対側だったので、

ほっ。


別にやましいことはしていないので焦る必要はないのですけどね。

本当に用事があるから車を走らせているのですから。

チェックポイント周辺の歩道には警官が何人かいて見回っていました。

でも歩いている人を止めて聞くことはしてなかったです。


その後Bさん宅へ。

Aちゃんに届け物があったのと、

Bさんの様子を見に行くためでした。

Bさんはエプロンをして、

いつもの姿に戻っていました。

ただ、

まだ肺がだめらしいので、

家事は一切せずAちゃんがしているらしい。

庭の雑草抜きを少しして、

テレビを見て読書をする毎日らしいです。

髪の毛が長くなってきたし

白髪が出てきて嫌だと言っていましたけど、

髪を気にするほど元気になってきたということです!


その後、G君の車でオコンネルストリートへ。

G君がオコンネルストリートにあるバンク・オブ・アイルランドに行って、

小切手を入金しないといけなかったのですよ。

もちろん銀行自体は閉まってますよ、

土曜日ですから。

ATMで入金するために行ったんです。

ATMはどこにでもあるんですけど、

小切手も入金できるATMが設置されているところが少ないんです。

それが設置されている場所の一つが、

オコンネルストリートなんですよ。

しかし、そこへ行くまでに、


またGarda(ガーダ・警察)のチェックポイント!!!

車を止まらされた。

「どこへ行くんですか?」

と警察の人に聞かれ、

「オコンネルストリートです。」

と答える。

「何をしに行くんですか?」

ともちろん聞いてきた。

「小切手の入金です。」

と答えたG君。

「え???」

半信半疑です、

と言わんばかりの顔で言う男性警察官!!!

でも、

「行っていいよ。」

と言ってくれて行かせてくれたのである。

ほっ。


オコンネルストリートはダブリンの目抜き通りである。

歴史もたいへん深い。

私にとっては出勤時に通る道でもある。

週末にも訪れることも多いので、

私の中では超お世話になっている馴染みの道だ。

しかし、

3月14日を最後に全く足を踏み入れていなかったのです。

久々歩いてみたら、

なんだか旅行者のような新鮮な気分になった。

それにしても、

オコンネルストリート、

ガラガラやねえ。

外出制限中だから当たり前やけど。

撮影時間は午前11時です。

いつもの土曜日のこの時間なら、

オコンネルストリートは人で溢れている時間帯です。

なんか朝5時半?みたいな状態。

こんなことは珍しいので、

思わず写真を撮ってしまいました。

IMG_7845.jpg

IMG_7844.jpg

IMG_7846.jpg

IMG_7847.jpg

最後の写真の右上の黄色い物体はGarda(ガーダ・警察)の車でございます。

またまたチェックポイント!!!

オコンネルストリートの中間地点には警官(Gardai・ガーディ・警察官たち)がかなりいる。

オコンネルストリートのバス停では、

警官も乗って来て、

乗客の一人一人にどこへ行くために乗っているのか聞くこともあるらしいです。

でも私たちは道の真ん中へはいかなかったので何も聞かれなかった。

ほっ。


そして帰宅途中、

またまたまたGarda(ガーダ・警察)のチェックポイント!!!

どこへ行くのか、

どこで何をしていたのか聞かれました。

「薬をもらいに行っていました。」

と答えたら(本当です)どうぞと言ってすぐ通してくれた。

ほっ。


自宅とオコンネルストリートの間だけで、

4か所もチェックポイントがあった。

先週はそんなことなかったのに。

えらい力の入れようだ。

しかも警察の車をあちこちで見かけた。

ダブリンの街j中をかなりの台数で走って見張っているようだ。


5月5日まであと2週間ちょっと。

もう少し頑張ったら制限が少し緩和されるはず。

たぶんもう少しショップが開くことになるであろう。

パブやカフェ、レストランはたぶん最後にされるだろうけど。

チェックポイントが多いのも、

本当にこれ以上蔓延してほしくないからである。

チェックポイント、

大歓迎である。

それにしても警察官(Gardai,ガーディ)の皆さん、

マスクしてない!!!

G君が警官全員はマスクをすべきだ、

したうえで人と話すべきと言っていた。

確かに。

だけど品薄で、

マスクのほとんどは医療現場に行っているはず。

ないからしてないんじゃないのかな。

皆さん命張って仕事してるのよ。

素晴らしいじゃないですか!

でもマスクがないのなら、

ハンカチで作れば?

と日本人のあなたなら思うことでしょう。

こちらの人はハンカチを持つ習慣はありません。

トイレに行っても、

ハンドドライヤーで乾かす(乾きが悪いことが多いが)ので要らないのだ。

ハンドドライヤーが動かなかったら、

トイレットペーパーで拭くのでこれまた要らないのだ。

ハンカチを持っている人の方が珍しいであろう。

そういう私もハンカチは持っていない。

「僕、マスクあるから、2枚くらいなら彼らにあげらるけどねえ。

と言うG君。

マスク2枚か。。。

どこかで聞いたことがるなあ、

マスク2枚って。。。


アイルランドで車でお出かけの際は、

チェックポイントがたくさんあることをお忘れなく!

どうしてもの用事がないのであれば、

Stay at homeいたしましょう。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト



comment

Secret

No title

2020.04.20.07:39

ティファニーさん。なんだかいろいろお疲れ様です。
こんなガラガラなオコンネルストリート!!ひぇ~~~。です。
どうぞご自愛くださいね。

シャムロックさんへ

2020.04.20.12:39

いえいえ。ありがとうございます。

日本も感染者が増えているから、これからもっと大変になるかもしれませんよね。

こんなにガラガラのオコンネルストリート、確かにひえ~~~!!!です!

シャムロックさんもStay safe!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.