FC2ブログ

コロナと人種差別は似ているかもしれない

2020.06.04.19:32

明日の午後、

ティーショック・レオが来週の月曜日から始まる第2段階(Phase 2)についてのアナウンスをします。

それに先駆けて、というわけでもないけれど、

暇がガキたちが公園に50人ほど大量に集まり、

素手の殴り合いをやってたらしい。

こういうことがちょこちょこあるらしいんですわ、最近。

男だけじゃなくて女もです。

学校がないし、

やることないからね。

誰も亡くなったり怪我してないだけついてるんだけど、

そんな風にガキたちは思ってないはず。

ガキの集まりをアイルランドで見たら近づかない方が無難です。

説教してやろうなんて考えない方がいいですよ。

って、誰も考えないか!

今日の感染者数は38名、亡くなった方が5名。

外出制限はもうちょっと早いスピードで緩やかになるでしょう。

でもガキの集まりは収まらないかな。。。


話変わって、

アメリカで大問題となっているGeorge Floyd(ジョージ・フロイド)さんが警官に殺害された件。

アメリカでの人種差別は今に始まったことではないですよね。

え?まだそんなことしてんの?

2020年やで!!!


と正直思うわ。

黒人を奴隷としていた時代から比べたら、

かなりまともにはなったとはいえ、

やっぱり黒人をさげすむ白人が現在でも多いのは周知の事実。

黒人だけでなく白人以外は基本差別されてる感が否めない。

これはアメリカに限ったことじゃないけど。


プロテストが暴動になってるアメリカですけど、

暴動は絶対いかんですよ。

いつもおるんですよね。

プロテストに参加しながら、

暴動の機会を狙ってるやつが!

暴動やりたいから加わってるやつは絶対おる。


ダブリンでも月曜日にBlack Lives Matterのプロテストがあったんです。

GPOからアメリカ大使館まで歩いたとか。

PROTEST 1
(/www.dublinlive.ie)

プロテストをする場合、

こちらの警察に必ず連絡を入れて許可をもらわないといけないんです。

でも連絡入れてなかったらしい。

そんなのわざとでしょう。

今アイルランドはまだ外出制限が出てる国。

現在ヨーロッパの中で厳しい制限の国の一つらしいので、

大勢集まると予想される大規模なプロテストには許可が下りにくいだろうから。

実際上の写真見たらわかるけど、

思い切り2密になってるから。

ソーシャルディスタンシングしてないもんね。

せっかく感染者数が減ってるのに、

これじゃ今までの努力が無駄になるって感じ。

これにがっかりしてたミニスター・オフ・ヘルスのサイモン・ハリス氏。

(彼自身コロナの症状があるのでテストするらしい)

プロテストが悪いと言ってるわけじゃないけど、

ネットでも十分にできるじゃない?というのが私の個人的意見です。

実際インスタでは火曜日の日に真っ黒の画面を上げてる人がたくさんいたもんね。

Aちゃんを初め友達が何人かやってたのですよ。

とても強いメッセージになったと私は思う。


今週末もまたプロテストが午後にあるって聞いたけど、

キャンセルになったのかな?

私自身、プロテストには賛同していたとしても参加しないのです。

なぜかと言うと、

ネガティブだから。

怒りがすごいもの。

怒りは怒りしか生まないと思っているから。(あくまで個人的意見です)

アメリカのように暴動になる可能性はアイルランドでは低いかもだけど、

100%そうならないとも言えないしね。(個人的意見です)

マザーテレサもプロテストには参加しなかったそうですよ。

ネガティブだから。


今日ティーショック・レオがこんなことを言ったらしい。(ネットニュースより抜粋)

“Racism too is a virus… [that is] never easy to cure”.


コロナは人が一生付き合わないといけないウィルスかもしれないと言われている現在。

残念だが、人種差別もまさにそうだと思う。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.