FC2ブログ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その74

2020.06.24.12:10

またコロナに戻ります。。。

感染者は少なくなってはいるものの、

規制が緩やかになってから、(先週の日曜日までの2週間)

新しく感染した202人のうち、

35歳以下の感染者が増えているんだそうな。

0歳から4歳=9人
5歳から14歳=7人
15歳から24歳=25人
25歳から34歳=34人

子供だからとか若いから大丈夫と思って油断したんと違うかなと思うけど。

私くらいの年齢以上の方の方がたぶん手ももっと洗うし、

マスクもするし、

ソーシャルディスタンシングもしてると思うもんな。

スーパーはショップにいればそれは一目瞭然だから。

感染者は少ないとはいえ、

コロナと一緒に生きないといけないということだなあ、残念だけど。


アイルランドでは来週の月曜日からほとんどのところがオープンする。

経済を回さないとやばいからオープンせざるを得ないものね。

もちろんパブもオープンする。

待ち焦がれているアイルランド住民がどれだけいることだろう。

でも月曜からオープンした後のパブに行くことについて心地よいかどうかの調査で

60%の人が心地よいと思っていないらしい。(不安ってことやね)

わかる、それ。

ショップだと人が一か所にいる時間が短いけど、

パブは長居する人が多いし、

トイレを使うのもちょっと気が引ける。

とは言え、きっとトイレはむっちゃ清潔になってると思うけどね。

それでも行きたい人は一杯いるはず。

でも今までのように気軽にちょっと一杯やろか、と言うわけにはいかない。

ということで、一昨日のRTEの時事番組、Claire Byrne Liveで、

月曜からオープンするパブはどんな感じかってのがやっていました。

CORONA 25

実際にパブを経営している女性が出演。

従業員にはみんなマスクを着用をさせるそうだ。

使い捨ては高くつくので、

何度も洗えるものを与えるようです。

しかもこの話の前に、

NHKで放送された番組で、

ウィルスがどれだけすぐに広まるかと言う実験番組をちらりと放送。

あっという間に広まるウィルスを見て、

従業員をちゃんと教育するって言ってたっけ。

CORONA 26
光ってるのがウィルス!


パブは事前にメールでブッキングする方式を取るようです。

できるだけお客と接するのを避けるため、

メールを使ってどこに座ってもらうとか言うみたい。

(日本のように店でノートに名前を書いて呼ばれるまで待つということはしないそうだ。ノートトペンをみんなが触るのが良くないから)

テーブル5番はそこです~とか言われるんよ。

CORONA 27

もちろん今までのようにちょっとカウンターで一杯!ってのはできない。

カウンターに一切座れないので。

カウンターが一番ソーシャらイズできる場所なんやけどなあ~。

それに滞在できる時間も決まっている。

滞在できる時間は90分まで。

これはレストランも同じだとか。

今まで女子会だので集まって、

ワイワイガヤガヤ長居するってのをやってた人は、

もうそれは今の現状ではできないということである。

CORONA 28

気軽にパブのはしごってのはもう無理よね、基本。

そうしたいなら全部予約しないと無理だもの。

気に入らないパブならすぐ出ればいいけど、

次にすぐ行けないから。

当分面倒くさいですな。

とは言え、

一度行ってパブの中を見てみたいとは思う。

ただ、

7月中はどうかな。。。

と言うところだ。

でも第2波が来る前に(来るとは言われている)行っておいた方が良い気もするな。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.