FC2ブログ

鬼滅の刃-英語版単行本を買ってみた

2020.07.24.17:15

むっちゃ日本で流行っている鬼滅の刃。

連載終了したそうで。

って、もう熱は収まってるのかな?

10月には映画もやるしまだまだこれからかもですね。


アイルランドでは?


流行ってないです、私の知る限り。

でも日本好きアイルランド人にはうけているのかもと思いますがどうでしょうか。

日本ではNetflixで見れるようですけど、

Netflix UK(アイルランドはこれ)ではやってないのですよ。

基本、アニメが少ないんです。

権利の問題らしいですけどね。

アップされても長くアップされず消されてしまうことも多々。

なのでYoutubeで全話見ました。

むっちゃ小さい画面で、

しかも途中数秒ぶつ切れれていることもありましたが、

アップしていただいてあるだけで感謝!


とにかく。

流行っていると聞いて、

ちょっと日本の流行りの波に乗ってみたいと思った私。

一度読んでみよう!

ということになった。

(この時点でYoutubeの映像は見てませんでした)

ネットで買おう!と思ったけど、

郵送料が高い!

それにいつ到着するのか。。。と言う気もした。

コロナのお蔭で時間かかるもんね。

アイルランドの本屋さんにもある可能性があるんですが、
(進撃の巨人は売ってる)

ちょっとお値段するはず。

送料無料で本自体の値段も良くて、

比較的早く来るところから頼むとなると、

UKから発送してるところが便利。

となると日本語の単行本は買えないのが普通。

しゃあないので英語版で購入するしかない。

そこでBook Depositoryと言うサイトから購入することに。

送料無料で値段もいいし、2週間くらいで来るのでちょくちょく利用してます。
https://www.bookdepository.com/

そして毀滅の刀、英語版到着!

IMG_8041.jpg

Damon Slayerと言う英語のタイトルがついてますが、

Kimetsu no yaiba知ちゃんと日本語読みがローマ字で入っております。

IMG_8042.jpg

本の裏。


アメリカ、カナダ、UKの定価は書いてあるけど、

ユーロ表示はないですねえ~。

ちなみにこれは5ユーロ98セントで購入。

少年ジャンプか。。。懐かしいわ~。

小学生のころ、

兄貴に頼まれて毎週近所の本屋に買いに行かされてたのよ。

おつりをくれるんで嫌でも行ってたんですけど、

ある日下校中の超学生の団体にばったり会って、

「こいつ、女やのに男の雑誌持っとる!」

って言って思い切り笑われていや~な思いしたのを思い出すわ。

「もう買いに行かへん!」

兄貴に言ったんですけど、

「お前、おつり欲しいやろ?これからも買いに行け。」

って言われて行ってたのよ。

小銭につられて。。。昔から卑しかったんよね。

さて、そんなことはそれ置き、

表紙をめくる。

IMG_8044.jpg

裏からめくると。。。

あっ、そっか!!!

IMG_8043.jpg

こっちの本って、

左側めくりだよ。

IMG_8045.jpg
(数日前に買いました)

IMG_8046.jpg

しかもマンガのコマって独特で、

読み進め方も独特なんだよ、そういえば!

会話だってそう。

英語の本は左から右へ文章を書くわけよ。(日本語もそうやけど)

だから左から右へコマの中の会話も読んじゃうよね、彼らなら。

右から左とは読まないんちゃう?

日本語の本は右からページをめくって、

文章は縦。

右から左へ読んでいくもんね。

そりゃ~日本語を勉強したことがないとか、

マンガを読み慣れてない人には特に説明がいるわなあ。

何気なく読んでいたマンガやけど、

なんかすごいもんを普通に読んでるんやねえ。


英語版を読んで思った。


やっぱり日本のマンガは日本語で読みたい。


でも英語版マンガ本を買いそろえようかなとは思っています。

50のおばはんが読んでも、アニメ見ても面白かったしさ。

でも私は「ハイキュー!!」の方が好きかな。
(二つを比べる自体おかしいかな?)

マンガ本もアニメも見たくないけどあらすじが知りたい方は、あっちゃんのYoutube大学の映像をどうぞ。

あっちゃんのYoutube大学、むっちゃいいですよ。ほぼ毎日みながら仕事してます。(だから仕事間違える)




それでは今週はここまでです。

来週月曜日にお会いしましょう。皆さん楽しい週末を!


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.